105件中 61 - 70件表示
  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た投手

    寺原 隼人(てらはら はやと、1983年10月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た福岡ドーム

    2002年から2004年まで福岡ドームなどでチキン南蛮をメインにしたノリ弁タイプの「寺原弁当」と丼タイプの「寺原どん」が販売されていたが、好きな食べ物は地元・宮崎県名物のチキン南蛮。プロレスファンでもある。好きなプロレスラーは武藤敬司。嫌いな動物はカエル。ホークス入団直後に出演した福岡のテレビ番組で「5勝できなかったらカエルを食べる」という罰ゲームを課せられた(結局5勝はクリアしたため事無きを得る)。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た横浜DeNAベイスターズ

    2001年のドラフト会議で、4球団(ダイエー・中日・巨人・横浜)から1位指名を受けるが抽選の末、3番目に引いた王貞治が率いるダイエーが交渉権を獲得。それまで意中の選手の交渉権を引き当てられずに嘆いていた王は、利き手である左手ではなく、IBAFワールドカップ開会式後に寺原と初対面した際に握手を交わした右手で初めてクジを引いた。王は引いたクジを握り締めたまま、左右を確認しながらゆっくりと手元にあるクジを確認すると、すぐさま満面の笑みと安堵の表情を見せながら右手を掲げた。一方、会議の様子を見ていた寺原は「交渉権はダイエー」の一報に表情を強張らせ、ドラフト後の取材でも「ダイエーに行くかどうか分からない」と進学・社会人行きの含みを持たせた心情を洩らした。地元・九州出身で、甲子園で全国的に注目を浴びた寺原の獲得のため、球団社長の高塚猛の要望で、指名の挨拶には王と中内正オーナーが訪れた。オーナーが自ら挨拶に赴くことは球団史上初で、寺原は「九州の星になりたいです」とダイエー入団を決めた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た2011年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    春先は好投とKOを繰り返していたが、5月23日の巨人戦からは7連勝。この試合では、8回まで1失点に抑えると、9回表2死無走者の自身の打席で、粘りを見せて越智大祐から執念で四球を選んで出塁。その後山崎浩司の3ランが飛び出し、その裏を無失点に抑えて1失点完投勝利を収め、自身にとって初の巨人戦勝利となった。また、巨人同様に横浜時代全く勝てなかった阪神戦も、6月6日の対戦で完投勝利を挙げて対阪神初白星を収めた。これにより近鉄を含む12球団勝利を達成し、東北楽天ゴールデンイーグルスから勝利すれば工藤公康以来、史上2人目となる13球団勝利も見えたがこの年の楽天戦に2戦登板するも勝ち星はつかず、記録は来シーズンに持ち越しとなった。オールスターゲームの初戦(7月22日・ナゴヤドーム)にて初先発し、3回を被安打1、自責点0で敢闘選手賞に選ばれた。7月29日の埼玉西武ライオンズ戦で10勝目を挙げたが、右肘の違和感を訴え8月4日に登録抹消。8月14日に復帰したが、序盤に失点するケースが多く、復帰後は2勝5敗とやや苦闘した。しかし、最終的には12勝10敗、防御率3.06の成績を収め、チームの勝ち頭となり、4年ぶりの2桁勝利を挙げた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た野球

    宮崎県宮崎市出身。幼少時は亀山努のファンだったと新聞紙面に記述があった。野球を始めたのは小学3年。軟式の少年野球チームに入団し、小学5年の頃にはエースになっていた。赤江東中学に進学した時に、父親はリトルリーグへの入団も検討するも「硬式で無理をさせたくない」という判断を下し、同中学の軟式野球部への入部を決めた。中学1年の春休みに、学校の許可を得て「体を鍛えたいんです、新聞配達をさせてください。」と自宅近くの新聞販売店でアルバイトした。約60段の階段を登る5階建ての市営住宅6棟など約90軒を担当し、2年生の2月までの約1年間朝刊を配った。当時、2度の県大会優勝を経験している。赤江東中学時代の野球部仲間と文化祭でバンドを組みドラムを担当していた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たフォークボール

    高めのスリークォーターから平均球速146km/h、最速157km/hの速球と、最速132km/hでやや斜めに割れる高速カーブ、シュート、フォークボール、カットボール近い高速スライダーといった縦横の変化を加えた投球を主体とし、打たせて取るピッチングスタイルである。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た第93回全国高等学校野球選手権大会

    4人兄弟の二男で6歳上の兄と3歳上の姉、10歳下の弟がいる。弟も野球をしており、福岡ソフトバンクホークスの二軍の試合で始球式を行ったことがある。弟の野球用具は寺原が惜しみなく買い与えているとのこと。現在は兄と同じ日南学園高校に所属する左腕投手で第93回全国高等学校野球選手権大会に出場した。また同級生にはかつてのチームメイトだった井手正太郎の弟も所属している。姉は宮崎県の空手道の名門高校(宮崎第一高校)に進学し1年生からレギュラーを勝ち取った腕前。まさにスポーツ一家である。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たフィリピン

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た速球

    高めのスリークォーターから平均球速146km/h、最速157km/hの速球と、最速132km/hでやや斜めに割れる高速カーブ、シュート、フォークボール、カットボール近い高速スライダーといった縦横の変化を加えた投球を主体とし、打たせて取るピッチングスタイルである。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たパシフィック・リーグ

    からは再び先発に復帰したが、2度の怪我に泣いて13試合の登板で2勝に終わる。3月9日、登録名を「寺原 早人」に変更することが発表された。“早人”にした理由は「球が速くなるように」「一番早く80勝できるように」などの説がある。しかし5月4日の対広島戦で右肘に違和感を覚え降板。その後戦線離脱し復帰後は右肩を痛め戦線離脱した牛田成樹の代役セットアッパーを務めたが、打ち込まれたり、故障再発で戦線離脱の繰り返しで20試合の登板で4勝に終わった。2010年12月5日、高宮和也と共に山本省吾・喜田剛との交換トレードでオリックス・バファローズへ移籍。登録名を「寺原 隼人」、背番号をダイエー・ソフトバンク在籍時代の「20」に戻し、およそ5年ぶりにパシフィック・リーグのチームに復帰した。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード