105件中 71 - 80件表示
  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たノーヒットノーラン

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た明治神宮野球場

    初安打・初打点:2007年5月10日、対東京ヤクルトスワローズ6回戦(明治神宮野球場)、5回表に藤井秀悟から左前適時打寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たカーブ (球種)

    高めのスリークォーターから平均球速146km/h、最速157km/hの速球と、最速132km/hでやや斜めに割れる高速カーブ、シュート、フォークボール、カットボール近い高速スライダーといった縦横の変化を加えた投球を主体とし、打たせて取るピッチングスタイルである。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た第34回IBAFワールドカップ日本代表

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たオランダ

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たWHIP

    3月28日の対阪神タイガース戦で、初の開幕投手を務める。その後、抑えに予定していたトラビス・ヒューズが不調なために抑えに抜擢され、4月27日の対広島東洋カープ戦では自身初となるセントラル・リーグでのセーブを記録。以降も抑えを務めたが、100敗の可能性すら囁かれる低迷状態に陥った横浜では抑え投手が登板するような展開に持ち込むことすら難しく、登板間隔が大きく空いた調整不足から打ち込まれる場面も見られ、9敗を喫して防御率3.29と、抑えとしては平凡なものに終わった。それでも22セーブ、WHIP0.97と低迷するチームの中で気を吐き、監督推薦でオールスターゲームに初出場を果たす。それまでは数度のフレッシュオールスター推薦を負傷で辞退するなど、オールスターゲームは縁遠いものであった。シーズン途中に真田裕貴(巨人が寺原の交渉権を獲得できなかったことによる外れ1位)が入団したため、寺原、秦裕二と共に2001年のドラフト1位指名選手が同チームに3人いるという珍事が起きた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た台北市

    横浜移籍後にプロ初安打を放った時の相手・藤井秀悟とは、2001年の野球W杯の台北遠征でお揃いのTシャツを購入するほどの仲である。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た第83回全国高等学校野球選手権大会

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見たリリーフ

    3年夏の全国高等学校野球選手権宮崎大会の3回戦(7月18日・対日南振徳商戦)でノーヒットノーランを記録。予選決勝(7月25日・対宮崎日大戦)では完投で勝利投手となり、日南学園を3年ぶり3度目の甲子園出場に導く。第83回全国高等学校野球選手権大会の2回戦(8月16日・対玉野光南高戦)では当時最速となる154km/hを記録。この時、ボストン・レッドソックスのスカウトの速度計は98マイル(約157.7km/h)を示した。この一球について寺原は、球が外に大きく外れたこともあってか「あれはスピードガンの狂いでしょう。あの試合は体調も万全ではなかったし、あの球だけあんなに出たのはどう考えてもおかしい」と語っている。その後、準々決勝では横浜高校相手に好投するも、9回に決勝点を奪われて敗れたが、チームをベスト8に導き全国的な注目を浴びた。当時、「僕は9回でも150km/hの球を投げることができる」と発言したり、プロ入り直後には「松坂投手との剛球対決が楽しみです」などの強気の発言も多かった。また、当時としては珍しく眉毛を細く整えていたことでも注目されていた。その後、国際野球連盟主催の第34回IBAFワールドカップ日本代表に出場。予選リーグ第1戦のフィリピン戦、最終戦のオランダ戦で中継ぎで登板した。同大会には後に福岡ダイエーホークスでチームメートとなる井口資仁・篠原貴行が出場していた。プロ・アマ合同の同大会で高校生が日本代表として選出されたのは史上初であった。また、ドラフト時に巨人入団を希望していたと取れる言動があったが実はヤクルトファンで、理由は「ユニフォームがカッコいいから」というものだった。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た宮崎第一中学校・高等学校

    4人兄弟の二男で6歳上の兄と3歳上の姉、10歳下の弟がいる。弟も野球をしており、福岡ソフトバンクホークスの二軍の試合で始球式を行ったことがある。弟の野球用具は寺原が惜しみなく買い与えているとのこと。現在は兄と同じ日南学園高校に所属する左腕投手で第93回全国高等学校野球選手権大会に出場した。また同級生にはかつてのチームメイトだった井手正太郎の弟も所属している。姉は宮崎県の空手道の名門高校(宮崎第一高校)に進学し1年生からレギュラーを勝ち取った腕前。まさにスポーツ一家である。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「寺原隼人」のニューストピックワード