前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た富司純子

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している。2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た江守徹江守 徹

    父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)に文学座に入団した。1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、杉村春子から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た田中絹代

    2010年には、若松孝二監督の映画『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た和泉元彌和泉 元彌

    母富司純子も出演している。富司の役は鎌倉幕府第8代執権北条時宗(和泉元彌)の祖母松下禅尼役。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た尾上菊五郎 (7代目)

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している。2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た北村一輝

    北条時宗(2001年、NHK) - 鎌倉幕府内管領平頼綱(北村一輝)の妻貞子役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た若松孝二

    2010年には、若松孝二監督の映画『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た太宰治

    前年の「太宰治物語」に続き、太宰治夫人である津島美知子に相当する役を演じている。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たジャガー横田

    男社会である歌舞伎の家系に生まれたことで、自分の存在に対して複雑な気持ちを抱きながら子供時代を過ごしたという。事実、『情熱大陸』では、男に生まれていたら、歌舞伎役者になりたかったと語っている。女優になってからも、母と比較されて悩み続けた。また、幼少期はジャガー横田やクラッシュギャルズに憧れ、プロレスラーになりたかった。弟を相手にジャイアントスイングで脚を抱えては振り回し、技の研究に余念がなかったという。その後、父親にもプロレス技をかけていたが、手加減せずに父親は向かいあった。何度やっても勝てないため、悔し泣きしたこともあった。そして、その日をきっかけに父娘の関係がギクシャクしだしたという。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た蜷川幸雄

    父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)に文学座に入団した。1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、杉村春子から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「寺島しのぶ」のニューストピックワード