150件中 21 - 30件表示
  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たテレビ東京

    十年〜妻が夫を裏切った日(2003年、テレビ東京寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たベルリン国際映画祭

    2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た世界三大映画祭

    2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た太地喜和子

    父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)に文学座に入団した。1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、杉村春子から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た山崎一

    『ワイナリーにて』篇、『動き出す東北へ』篇 ※山崎一と共演寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た杉村春子

    父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)に文学座に入団した。1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、杉村春子から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た崇源院

    茶々 天涯の貴妃 (2007年) - 小督寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た松下禅尼

    北条時宗(2001年) - 禎子 役※母の富司純子が松下禅尼役で出演している寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た柳美里

    柳美里対談集 沈黙より軽い言葉を発するなかれ』創出版、2012年8月 ISBN 978-4904795194寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た尾上梅幸 (7代目)

    父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している。2010年(平成22年)、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

150件中 21 - 30件表示