150件中 41 - 50件表示
  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た茶々 天涯の貴妃

    茶々 天涯の貴妃 (2007年) - 小督 役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たあさが来た

    あさが来た(2015年) - 今井梨江 役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た純情きらり

    純情きらり(2006年) - 有森(杉)笛子 役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た東京国際映画祭

    2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た尚永王

    琉球の風(1993年) - 尚寧王妃 役※父の尾上菊五郎が尚永王役、また母の富司純子が尚永王妃役で共演し、配役のうえでも親子を演じた寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た文学座

    父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中だった1992年(平成4年)に文学座に入団した。1996年(平成8年)に退団したが、その際には同劇団の看板女優、杉村春子から「フリーになっても頑張って」とエールを送られたという。その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たBunkamura

    アルカディア(2016年4月6日 - 30日、Bunkamuraシアターコクーン) - ハンナ 役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た下町ロケット

    下町ロケット(2011年、WOWOW) - 神谷涼子 役寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た京都市

    寺島 しのぶ(てらじま しのぶ、Shinobu Terajima、1972年(昭和47年)12月28日 - )は、日本の女優である。本名、寺島 グナシア 忍(てらじま ぐなしあ しのぶ、Shinobu Ghnassia Terajima)。旧姓、寺島 忍(てらしま しのぶ)。東京都出身(出生は京都府京都市)。トップコート系列・アプティパ所属。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見た安祥院 (徳川家重側室)

    八代将軍吉宗(1995年) - お逸寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示