前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
561件中 1 - 10件表示
  • H&K XM8

    H&K XM8から見た射撃射撃

    XM8は、H&K G36を基本設計に、強化プラスチックなどの新素材を多く使用し、未来を先取りしたような先進的なデザインをしているのが特徴である。プラスチック素材は自由な形に成型できるので、銃の形を人間工学的にデザインし、使用者の体に丁度良くフィットして自然な姿勢で射撃できるように工夫されている。そのうえ、銃の問題点である反動を軽減して命中精度を向上させることが可能である。H&K XM8 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵の戦術

    歩兵の戦術から見た射撃射撃

    元来戦術という概念は一個の戦闘を指導し、部隊を運用する技術を指すのであり、個々の歩兵の機動や射撃についての行動を指導するものではない。ゆえに英語では個人運動技術(Individual Movement Techniques, IMTs)と呼ばれる場合がより多い。ただし、ここでは一般的な戦術における下位概念の戦術という意味として、歩兵戦術という言葉を用いる。歩兵の戦術 フレッシュアイペディアより)

  • AN-94

    AN-94から見た射撃射撃

    高い発射速度の2点バーストが可能。この2点バーストモードに限れば発射速度は1,800発/分と高速であり、1発目の反動で銃口が跳ね上がる前に2発目も銃口を飛び出すため、通常のフルオート射撃よりも2発目の命中率が高くなり、殺傷能力向上、ストッピングパワーやボディアーマー貫通能力の向上も期待できる。フルオート時には最初の2発のみが1,800発/分の発射速度で発射され、3発目以降は600発/分の発射速度となる。AN-94 フレッシュアイペディアより)

  • イングラムM10

    イングラムM10から見た射撃射撃

    1964年、イングラムはアーキアーガ・アームズ社(Erquiaga Arms Company)在籍中にM10と名付けた新型短機関銃の設計を行った。M9までのモデルとは一線を画す単純さを重視した設計で、いわゆる第三世界での販売を想定したモデルだった。最初期の試作モデルはフルオート射撃のみ可能な9x19mmパラベラム弾仕様で、イギリス製ステン短機関銃と弾倉の互換性があった。しかし、この時点では注文もなく追加生産も行われなかった。1969年、イングラムはアメリカ政府向けの官給用サプレッサーの設計・製造を手掛ける社に移る。同社のオーナーだったは元OSSエージェントで、彼は小型軽量なM10にサプレッサーを取り付ければ理想的な特殊作戦用短機関銃になりうると考えた。こうしてM10の設計には改良が加えられ、サプレッサーを取り付けた.45ACP弾仕様のモデルが特殊作戦用短機関銃としてベトナムの前線で試験運用された。後に.380ACP弾を亜音速化した消音効果の高い銃弾が開発され、これを用いる小型モデルとしてM11が設計された。1970年にはイングラムとウェーベルが共同創業者となり社(MAC)が設立されている。MAC-10の名はこの時の社名に由来する。イングラムM10 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊急襲部隊

    特殊急襲部隊から見た射撃射撃

    SATの関連する射撃訓練場、及びSATが所在する都道府県で、射撃場を有する機動隊の訓練施設は以下のとおりである。特殊急襲部隊 フレッシュアイペディアより)

  • M231 FPW

    M231 FPWから見た射撃射撃

    M231 FPW(M231 Firing Port Weapon)は、歩兵戦闘車のガンポート(銃眼)から射撃が可能な、M16自動小銃の派生型である。M231 FPW フレッシュアイペディアより)

  • H&K P7

    H&K P7から見た射撃射撃

    P7の最も特徴的な機能としてスクイズコッカーという機能が挙げられる。これは、グリップを握ると撃針(ストライカー)が撃発位置まで後退し射撃が可能となり、グリップを緩めスクイズコッカーを放せば安全状態になる機構で、射撃の開始と安全性を両立させた機能である。H&K P7 フレッシュアイペディアより)

  • 射的

    射的から見た射撃射撃

    銃でおこなう射的について詳しくは「射撃」を参照。射的 フレッシュアイペディアより)

  • 白兵戦

    白兵戦から見た射撃射撃

    白兵戦(はくへいせん、)は、刀剣などの近接戦闘用の武器を用いた戦闘のこと。現代では、近距離での銃撃戦と格闘戦も一体のものとして捉えており、距離によってCQBやCQCとも分類される。白兵戦 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・キャリア

    ユニバーサル・キャリアから見た射撃射撃

    初期のモデルでは、操縦手と車長が真横に並んで座る配置であった。操縦席が右で、垂直レバー式のステアリング・ハンドルが備わっている。車長席の前には覆いがあり、ブレンガンや、その他の固定武器を配置し、射撃できるような細いスリットが設けられていた。エンジンは車両の中央に配置され、動輪は後部に配置された。エンジンの両側には空間が設けられており、人員または物資を搭載・運搬できるようになっている。ユニバーサル・キャリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
561件中 1 - 10件表示

「射撃」のニューストピックワード

  • これまでにいかなる政府や機関からも当社の技術へのアクセスを要求されたことはない

  • 明日あたりにでも高安と

  • どのコミュニティにも愚かな人間はいる