561件中 21 - 30件表示
  • デグチャレフPTRD1941

    デグチャレフPTRD1941から見た射撃射撃

    本格的な部隊配備は1942年より開始され、ドイツ戦車に対する有効な対戦車兵器として重用されたが、ドイツ戦車は開口部を減らして覗き窓を溶接で埋めたうえ、シュルツェンという補助装甲スカートを装着することで対抗した。さらにはティーガー・パンターなど、より重装甲の新型戦車が登場すると、本銃による射撃で撃破するのは極めて困難になった。デグチャレフPTRD1941 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘技術

    戦闘技術から見た射撃射撃

    射撃術は射撃、特に個人が拳銃・自動小銃・軽機関銃などの小火器を用いて行う射撃を効率的に統制する技術である。武器や戦場ごとに異なる気象・地形・距離・弾丸の初速・旋動などを考慮して照準を統制する技術が含まれる。戦闘技術 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川貴久

    吉川貴久から見た射撃射撃

    吉川 貴久(よしかわ よしひさ、1936年9月4日 - )は、福岡県出身の射撃選手。1960年ローマオリンピック、1964年東京オリンピック射撃男子フリーピストル銅メダリスト。吉川貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 間接射撃

    間接射撃から見た射撃射撃

    間接射撃(かんせつしゃげき)は、目標が直接見えない状態で攻撃する射撃法である。火砲を扱う現代の砲兵には必須であり、歩兵でも迫撃砲の操作要員にとっては必要な技能である。間接射撃 フレッシュアイペディアより)

  • 火力支援

    火力支援から見た射撃射撃

    火力支援は、射撃・砲撃・戦術爆撃などの形態をとって行われる。火力支援 フレッシュアイペディアより)

  • 20mm機関砲 F2

    20mm機関砲 F2から見た射撃射撃

    射撃モードは、単発・バースト・連射の3モード。左右から2種類の弾薬を供給可能であり、薬莢は、給弾されたのと同一サイドから上方に排出される。20mm機関砲 F2 フレッシュアイペディアより)

  • ブローニングM1917重機関銃

    ブローニングM1917重機関銃から見た射撃射撃

    その後、アメリカ陸軍で早速この試作銃の射撃テストが行われたが、アメリカ陸軍兵器局では当初、軍では既にマキシム製の水冷機関銃が配備されていたことから、この試作機関銃に対し、あまり興味を持たれる事は無かったとされる。しかし、数回の射撃テストやマキシムやヴィッカース重機関銃との比較性能試験も行った結果、両機関銃よりも優秀である事を認め、1917年にブローニングM1917重機関銃として米陸軍で正式採用を決めた。ブローニングM1917重機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • ASCOD歩兵戦闘車

    ASCOD歩兵戦闘車から見た射撃射撃

    1両の試作車によって機動性と射撃性の試験がドイツではじめられている。ASCOD歩兵戦闘車 フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵第5連隊

    歩兵第5連隊から見た射撃射撃

    この戦いで歩兵第5連隊を含む第2師団は左縦隊として栄城?橋頭集?文登県街道を進むことになり、前面の敵を撃退しつつ、1月29日には両縦隊共に威海衛東南方向15〜20キロの線に進出。翌30日を期して威海衛軍港の南岸砲台及び堡塁線を攻略することになった。このため第2師団は更に部隊を二つに分けて右を第3旅団、左を第4旅団の2縦隊として、鳳林集東南高地の虎山を攻撃することとし、第5連隊は左縦隊にあって第4旅団の先頭を進むことになった。30日午前5時を期して行なわれた総攻撃に際しては、連隊長渡部中佐が自ら先頭部隊を指揮して山間の小道を一列に進攻、午前6時、虎山北方の高地から猛烈な砲撃を受けるも、第5連隊の将兵は敵砲兵陣地に突入・奪取した。敵は第2陣地に拠って抵抗しようとするも断念、砲4門を捨てて敗走した。虎山北方の第2陣地は威海衛軍港を望める要害であったが、港内の軍艦と戦う能力を持たない部隊はそのまま威海衛へと進出を企図。これに対し湾上では砲艦3隻が岸辺近くへ接近して第2陣地へ砲撃を加えてきたため連隊は山陰に隠れて時期を待ったが、そのうち馮家窩(ひょうかか)に転進するよう下命があり、同日夜、連隊本部は馮家窩に宿営した。31日、第2師団は再度威海衛に進撃しようとしたが、海浜の近道は港内にある敵艦の射撃を受けて進むことができず、敵艦に隠れて進撃するためには遠く羊亭集を回り、威海衛?芝罘街道上に出なければならなかった。また、その他の道は山間の細道で行軍には不便であった。2月1日午前10時頃、前方警戒のため派遣した騎兵斥候が、敵歩兵の射撃を受け退却。第5連隊第2大隊長渡辺少佐は直ちに敵を撃退しようとしたが、第1中隊長矢野大尉は、「わが中隊が先着しており、敵情を詳しく知っている。私を先行させてください。」と申し出ると共に、同地に来ていた佐久間師団長にも敵情を報告して「敵の撃退を是非我が部隊に下命してほしい。」と願い出た。そこで第1、第4両中隊に羊亭集の敵を撃滅することと、芝罘街道の電線を切断するよう下命がなされた。これを受け、第1中隊が先頭に立って羊亭集の西端に進出。この時、同地西方高地から敵の射撃を受け、第1小隊長小友勝次郎中尉は部隊を散開させ応戦した。さらに原田清治少尉の指揮する第2小隊も加わって猛烈な射撃を行ったことで敵も退却を開始した。その間、矢野第1中隊は小友中尉に命じて、威海衛?芝罘間の電信線を切断、後方連絡を遮断させている。いっぽう第4中隊も大熊淳一大尉の指揮のもと、第1中隊のあとを続いて羊亭集の西端に到達した際、左高地から敵の銃砲火を受け、付近の地形や遮蔽を利用して散開、応戦して一村落を確保した。羊亭集西端での激しい銃声を進撃の途中で聞いた佐久間師団長は、前線から「前面の敵、非常に多く、他隊の援助を必要とする」旨の報告があったので、直ちに第5連隊長渡部中佐に部下全隊をあげて救援するよう下令。同連隊の第2大隊は直ちに出発して銃声の方向へ進み、第1線に到着すると早くも銃弾が飛んできたため戦闘隊形をとって展開したまま、羊亭集西南高地に向け進撃した。この戦闘には第17連隊第3大隊(仙台)も山砲中隊と共に来援したため日本軍は勢いを得、激戦ののちにこれを占領した。この羊亭集の戦いは午前11時半から始まり午後3時頃終わったが、零下14度という寒さを鑑みて、渡部連隊長は部隊を1キロ程後退させ付近の村落に分宿した。第5連隊の戦死者は兵卒の信太弁吉、佐藤石蔵、浜田助松、下田末吉の4名、この他負傷者が15人であった。威海衛付近の敵の陸兵はこの戦闘を最後に芝罘街道を西に退却したが、敵艦隊は港内にあってなお戦闘力を保っていた。翌2月2日には第5連隊は前線を他の部隊に任せ、威海衛西方の守備に当たった。歩兵第5連隊 フレッシュアイペディアより)

  • U.S. AS12

    U.S. AS12から見た射撃射撃

    ギルバート・エクイップメント社は本銃を生産するだけの設備を有していなかったことから、製造を韓国の大宇精密工業社に委ねた。フルオートでの射撃が可能な非常に珍しいショットガンである。U.S. AS12 フレッシュアイペディアより)

561件中 21 - 30件表示

「射撃」のニューストピックワード