561件中 51 - 60件表示
  • ワルサーP38

    ワルサーP38から見た射撃射撃

    セーフティーレバーを上に押し上げてセーフティーOFFの状態にすると引き金が前進し、ダブルアクションによる射撃が可能になる。オートマチックファイアリングピンブロック(AFB)により、この状態で持ち歩いても危険は無いが、大戦中に作られた粗悪なP38の中には、この一連の安全装置の精度が悪いものも存在した。ワルサーP38 フレッシュアイペディアより)

  • 2 cm Flak 38

    2 cm Flak 38から見た射撃射撃

    また、対空任務だけでなく、地上目標に対する制圧・支援射撃用としても威力を発揮した。しかし、Flak 30より発射速度が上がったとはいえ、相変わらず20発入りの箱型弾倉を使い、実用発射速度も180-220発/分でしかなく、本砲を4門並べた2cm Flakvierling38に発展することとなった。また、本砲を戦車・装甲車の主砲用に改造した2cm KwK 38も生産され、後期のII号戦車や38(t)偵察戦車・装輪装甲車・装甲ハーフトラックに搭載された。2 cm Flak 38 フレッシュアイペディアより)

  • 静かなるドン

    静かなるドンから見た射撃射撃

    平凡なサラリーマン人生を歩んでいたが、父近藤勇足が反目の組に殺され、拮抗した勢力を持つ生倉と肘方が新鮮組の跡目を巡り権力抗争を引き起こす恐れがあったため、それを防ぐ形でやむを得ず、新鮮組総長の跡を継いだ。ただし近藤妙は静也の極道の才能を見抜いており、適任は静也しかいないと考えていた。普段争いごとを好まず、そのため子分からは「静かなるドン」とも揶揄される。しかし、子供の頃から武芸、射撃を叩き込まれたこともあり、いざという時はとんでもない強さを発揮する。静かなるドン フレッシュアイペディアより)

  • 金正日政治軍事大学

    金正日政治軍事大学から見た射撃射撃

    北朝鮮の朝鮮労働党作戦部に属する工作員養成機関として、学生に対して射撃、格闘、水泳、無線、語学、主体思想などを徹底的に教育する。金正日政治軍事大学 フレッシュアイペディアより)

  • H&K USP

    H&K USPから見た射撃射撃

    グリップは、人間工学を生かした形状になっている。最初期のチェッカリングは細い縦の溝のみだったが、後に、手袋を装着していても滑らないよう、小さな四角錐を無数に配置したものに変更された。同様に、トリガーガードも手袋を着けての射撃がしやすいように大きめに設計されている。H&K USP フレッシュアイペディアより)

  • 冴羽りょう

    冴羽りょうから見た射撃射撃

    好きなスポーツ:射撃。ゲームセンターのシューティングゲームで30万点のスコアを叩き出したことがある。冴羽りょう フレッシュアイペディアより)

  • トカレフM1940半自動小銃

    トカレフM1940半自動小銃から見た射撃射撃

    トカレフM1938半自動小銃の開発に成功したが、以前から使用されていた弾薬は、フョードル・トカレフが採用した装弾方法に合わなかった。そのため、給弾不良をよく引き起こし、また、軽量化を目指したため構造強度が低く耐久性も劣っていた。そこで、トカレフは、これらの欠点を若干克服したトカレフM1940半自動小銃(別名:SVT-40)を開発した。試作と改良を重ねたトカレフM1940半自動小銃だが、M1938からの欠点を完全に克服したわけではなかった。また、新たに寒冷地では発射薬の燃焼力低下による不発や、給弾不良も引き起こした。さらに、スコープの固定金具に不具合が多発し、正確な射撃ができないという苦情も相次いだ。トカレフM1940半自動小銃 フレッシュアイペディアより)

  • M2ブラッドレー歩兵戦闘車

    M2ブラッドレー歩兵戦闘車から見た射撃射撃

    そして、1967年にソ連が開発したBMP-1が公開されて、アメリカ陸軍に大きなショックを与えた。BMP-1は、2A28 73mm低圧砲と9M14対戦車ミサイルを搭載して重武装であり、また、歩兵を兵員室に収容して放射能などから守りつつ(NBC防護)、ガンポートから小銃を射撃して戦えるように設計されていた。アメリカがMICV-65計画で乗車戦闘能力を重視する一方で、ドイツとフランスの同種車両にはまだその種の能力が備わっていなかったことから、これは、アメリカ陸軍がとくに感銘を受けた点であった。ソ連が既に乗車戦闘能力と重武装を備えた歩兵戦闘車を実用化しているのに対して、アメリカ陸軍のMICV-65は依然として計画段階に留まっており、実用化の目途は立たずにいた。M2ブラッドレー歩兵戦闘車 フレッシュアイペディアより)

  • 空気銃

    空気銃から見た射撃射撃

    空気銃(くうきじゅう)とは、空気又は不燃性ガスを用いて弾丸を発射する形式の銃の総称。子供向けの玩具から、射撃、狩猟に用いるものまで、そのバリエーションは幅広い。日本では一般に「空気銃」と呼ぶ場合、公安委員会の所持許可が必要な、いわゆる「実銃」をさすことが多い。この項ではこの実銃としての空気銃を扱う。空気銃 フレッシュアイペディアより)

  • ブレダM30軽機関銃

    ブレダM30軽機関銃から見た射撃射撃

    イタリア軍の機関銃やその他の兵器の開発で有名になったブレダ社は、兵士が携帯できる軽機関銃の開発を進め、ブレダ9Cという試作銃で競作に勝利した。そして、9Cの改良型として本銃を1930年に完成させた。本銃の主な特徴としては、アンバランスな外見・小さな銃身交換用ハンドル・クローズドボルト状態から射撃が行われる・初動で銃身ごと後退させるという特異なディレードブローバック作動方式・機関部右側に固定弾倉を有するなど。ブレダM30軽機関銃 フレッシュアイペディアより)

561件中 51 - 60件表示

「射撃」のニューストピックワード