291件中 81 - 90件表示
  • FN FAL

    FN FALから見た射撃射撃

    また、着剣装置を除き弾倉内を5発までにしたFALスポーツ・モデルがスポーツ射撃用、もしくは狩猟用として販売されたほか、無可動実銃は現在でも日本国内で入手可能。FN FAL フレッシュアイペディアより)

  • マーメイドの季節

    マーメイドの季節から見た射撃射撃

    射撃の選手だが、高校には射撃部がなかったため、自ら学校側に直訴し、特例として彼女一人だけの射撃部を主宰している。マーメイドの季節 フレッシュアイペディアより)

  • フィールドスコープ

    フィールドスコープから見た射撃射撃

    フィールドスコープとは、望遠鏡の一種で遠方にある地上物を主に観察するための光学器械である。地上望遠鏡、スポッティングスコープなどとも呼ばれる。野鳥などの自然観察、各種の監視、射撃での標的確認などに用い、主に簡便な三脚に載せて運用されている。フィールドスコープ フレッシュアイペディアより)

  • シンガポールの軍事

    シンガポールの軍事から見た射撃射撃

    新兵は、3ヶ月の基礎訓練を受けることとなっている。そこにおいては、射撃訓練のほか、野外工作、ジャングルでのサバイバル、カモフラージュの教育が行われる。一部の兵は、その後、士官教育またはスペシャリスト教育を受ける。士官候補生コースは9ヶ月、スペシャリスト教育コースは21週間ある。残りの大部分の兵は、様々な部隊に配属される。シンガポールの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • スタームルガー・ブラックホーク

    スタームルガー・ブラックホークから見た射撃射撃

    基本的にはコルトSAAを原型としたシングルアクションリボルバーであるため外観はSAAによく似ているが、強力なマグナム弾(.41マグナムなど)を装填・発射するために、各部の耐久力を向上させた設計がなされている。加えて、精密な照準器を採用し、シングルアクションリボルバーとしては珍しい安全機構を取り入れるなど、実践射撃に適するようにするための配慮が随所に見られる。アメリカにおいては、鑑賞用としても人気の高く高価なコルトSAAと比べ、このブラックホークは価格の安さとともに使いやすさや耐久力の高さから、クイックドロウ(早撃ち)などの速射競技用として人気が高く、現在でも生産が継続されている。スタームルガー・ブラックホーク フレッシュアイペディアより)

  • 銃剣術

    銃剣術から見た射撃射撃

    銃剣は一見、万能に見えるが、銃剣を付けた状態での射撃は安定せず命中率が低下するだけでなく、銃撃時に銃口からゴミなどが銃剣に付着し切れ味が落ちる。銃剣術 フレッシュアイペディアより)

  • ライト・パターソン空軍基地

    ライト・パターソン空軍基地から見た射撃射撃

    1917年に第一次世界大戦のさなか、パイロットと射撃手を養成するために今日オハイオ州フェアボーンであるところ、ハフマンプレーリーの隣接地に、ライト兄弟の兄の名に由来するウィルバー・ライト・フィールドが開かれた。そして間もなく隣接地にフェア・フィールド航空機整備施設の建設が続いた。同年デイトン中心部より北に1.6km(1マイル)のところに米軍通信部隊の離着陸施設マクック・フィールドも開かれた。ライト・パターソン空軍基地 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゴム銃射撃協会

    日本ゴム銃射撃協会から見た射撃射撃

    日本ゴム銃射撃協会(にほんごむじゅうしゃげききょうかい)は、ゴム銃射撃の健全なる普及と愛好者の親睦、情報交換に資することを旨とする非営利の任意団体である。日本ゴム銃射撃協会 フレッシュアイペディアより)

  • ルー・マーシュ賞

    ルー・マーシュ賞から見た射撃射撃

    1952年 - ジョルジュ・ジュヌルー(射撃ルー・マーシュ賞 フレッシュアイペディアより)

  • Angel's Feather

    Angel's Featherから見た射撃射撃

    櫂のクラスの担任で、学園では生物を教えており、学園寮の寮監でもある。「大切な人からの預かりものだ」という「ピピ」という名前の青い小鳥(翔と櫂の母:真理の形見で、真理がロベール殿下と婚約した際の贈り物)を、いつも肩に乗せている。射撃の名手で、射撃部の顧問を務めている。大学を卒業後、製薬会社の研究所に勤めていたが、遊星学園に紫苑と来栖がいることを知り、学園へやって来た経緯を持つ。いつも冷静で、性格は優しく、生真面目で、不器用なタイプ。両親(父:セシル、母:ユリナ)は、共に近衛兵で、セナが8歳の時に、黒い翼との戦いで戦死している。士官学校での成績は、首席であった。養父のダナイと共に、王弟であるロベール殿下付きの近衛兵をしていたため人間界に居たが、ダナイだけがウィンフィールドに帰ってしまった時に黒い翼の襲撃にあい、ロベールと真理を力及ばず守れなかった。死ぬ間際の真理に生まれて間もない翔と櫂を守って欲しいという遺言を聞き、二人を黒い翼から守る決意を固める。自分で育てるよりは安全だと判断した瀬那は、黒い翼の目から二人を隠すため孤児院に預け(セナは12歳)、誕生日やクリスマスには毎年プレゼントを贈るなど二人を陰ながら見守り続けている。翔と櫂へのプレゼントはアルバイトや内職による自費の稼ぎでまかなっている。また、12歳から一人で人間界で暮らさなければならなかったため、否応なく処世術が身に付き、そんな自分を嫌悪している。回復魔法で、怪我を治し、疲労を軽減する。Angel's Feather フレッシュアイペディアより)

291件中 81 - 90件表示

「射撃」のニューストピックワード