前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1302件中 1 - 10件表示
  • オセロ (遊戯)

    オセロ (遊戯)から見た将棋将棋

    オセロにおいても囲碁と同じ感覚で下手が黒を持とうとするが、囲碁や将棋と異なり、先手が確実に有利というわけではないことが経験的に分かっている。黒が打つ初手は一見すると4ヶ所あるので4通りあるように見えるが、どこを打ってもトポロジー的な見方では一通りの打ち方に収束される。つまり、既に決まっているところに石を打っているのと同じで、実質的に黒が後手になっている。公式ルールにおける先手後手の決定はコイントスに近い方式で行われる。引き分けを認めない場合は、上段者(同段級位の場合は年長者)が石を1個握り、上面又は下面の色を下段者(同段級位の場合は年少者)が当てる。的中であれば的中させた者が、不的中の場合は石を握った者が白番・黒番を選ぶ権利、あるいは石の数が同数の場合に勝者となる権利のどちらかを選択する。引き分けを認める場合は、同様に上段者が石を握り、下段者が上面又は下面を選択して選択した面の色の手番を持つことになる。オセロ (遊戯) フレッシュアイペディアより)

  • 二人零和有限確定完全情報ゲーム

    二人零和有限確定完全情報ゲームから見た将棋将棋

    二人零和有限確定完全情報ゲーム(ふたり ぜろわ ゆうげん かくてい かんぜんじょうほう ゲーム)は、ゲーム理論で扱われるゲームの分類のひとつである。チェス・将棋・オセロ・石取りゲーム(ニム)・囲碁・囲連星・連珠・五目並べ・三目並べ(○×ゲーム)などが該当し、偶然に左右されない読みの深さを競う。二人零和有限確定完全情報ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 平安将棋

    平安将棋から見た将棋将棋

    平安将棋(へいあんしょうぎ)は、将棋の一種であり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。平安将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 実隆公記

    実隆公記から見た将棋将棋

    実隆公記の書かれた時期は室町時代の後期あるいは戦国時代の前期にあたる時代であるが、戦乱の動向よりも歌会や古典の書写に関する記述が多くを割かれている。また、当時の朝廷や幕府は政治の実態から離れた有閑無為の生活を余儀なくされており、和歌や連歌の会に参加したり、囲碁・将棋・雙六などの賭け事に没頭したりする記述が多く見られる。実隆公記 フレッシュアイペディアより)

  • 365歩のユウキ

    365歩のユウキから見た将棋将棋

    『365歩のユウキ』(さんびゃくろくじゅうごほのゆうき)は、西条真二による将棋をテーマとした漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)において、2002年6号より2002年43号まで連載された。全36話、全4巻。棋譜等将棋監修は田中寅彦。365歩のユウキ フレッシュアイペディアより)

  • 両津勘吉

    両津勘吉から見た将棋将棋

    趣味は、ギャンブル(特に競馬、他にも競輪・競艇・パチンコ・麻雀・totoくじ等)や飲酒(ポリバケツ一杯分を一気飲み出来るほどである)、プラモデルにゲーム全般(テレビゲームやコンピューターゲーム、サバイバルゲームやトランプゲームなど)やスポーツ全般(特に野球・剣道。しかし初期の頃には「わしは野球を全く知らない」とのセリフもあった)、将棋、アダルトビデオ鑑賞などと非常に多趣味である(新し物好きな性格がその原因と考えられる)。また俗に言う女遊びも好むようで、キャバレーなどに通っているシーンもかなり見られる。両津勘吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大大将棋

    大大将棋から見た将棋将棋

    大大将棋(だいだいしょうぎ)は、将棋の一種であり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。大大将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 天下一将棋会

    天下一将棋会から見た将棋将棋

    『天下一将棋会』(てんかいちしょうぎかい)はコナミデジタルエンタテインメントが2010年1月20日に稼働開始したアーケード将棋(本将棋)ゲームである。e-AMUSEMENT対応で全国のプレイヤーと対戦できる。麻雀格闘倶楽部と同じ「格闘倶楽部シリーズ」(ファイトクラブシリーズ)と位置付けられており、麻雀格闘倶楽部と同じ筐体を流用している(スタンダードキャンビネット・ニューキャビネット。センターモニターは使用せず、ランキングはクライアントで閲覧可能)。コンピュータの思考エンジンはBonanzaを使用している。天下一将棋会 フレッシュアイペディアより)

  • シャンチー

    シャンチーから見た将棋将棋

    自分の駒を動かすとき、動く先に相手の駒があるとき、その駒を取ることが出来る。取られた駒は盤面から除去する。将棋と異なり、取った駒は再利用出来ない。シャンチー フレッシュアイペディアより)

  • 擬宝珠家

    擬宝珠家から見た将棋将棋

    ベーゴマ・メンコ・将棋が上手く、両津を負かすほど。少女時代は野球、学生時代はソフトボールをやっていて、ストレートは時速150キロを超える速球を投げる(両津は140キロなので両津よりも速い)。なぎなたも夏春都から教わっただけの自己流だが、早矢と2時間以上戦っても決着が付かない程の腕前を持っている。車の運転も得意で、パトカー・ミニパトの安全運転競技会で早矢と組んで警視庁代表となり、全国大会でも優勝している(しかし、両津の提案で葛飾署のミニパトがフェラーリ・エンツォになったときに、右側のドアで両津の制服のズボンの裾をはさんで、そのまま20分間運転し続けた)。幼少期に民謡を習っていたため歌が非常に上手であるが、大人びた歌い方が恥ずかしいという理由でカラオケでは歌いたがらない。また幼少から母親に日本舞踊を習っていたという一面も持つ。逆に絵を描くのが苦手で、コーヒーカップを描かせた際は、正面と上部を同じアングルで描くという酷いもので、両津に「子供の描き方」と馬鹿にされている。『Kamedas2』には纏の描いた漫画が収録されているが、両津に「レモンより下手」と評された。両津の誕生日に不器用ながら手編みのマフラーを贈ったことがある。携帯電話は、夏春都が前に使っていた1995年頃の物を2010年まで使っていたが、今は両津のiphoneを永久に借りている。酒には弱く、日本酒1合で泥酔してしまう。擬宝珠家 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1302件中 1 - 10件表示

「将棋」のニューストピックワード