1302件中 11 - 20件表示
  • ゲーム雑誌

    ゲーム雑誌から見た将棋将棋

    囲碁や将棋などの専門誌では、タイトル戦の指し手を詳細に検討したり、プロ棋士と著名な愛好家の対談、入門者向けの連載講座や詰め将棋の懸賞問題などが中心である。また広告に関しては碁石や将棋盤など、対局用具の広告が多い。ゲーム雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • トーナメント方式

    トーナメント方式から見た将棋将棋

    思考型のゲームで使われることが多く、海外のチェスやチェッカーの競技会の多くはこの形式を利用している。日本でも将棋や囲碁のアマチュア大会では積極的に採用されている。マジック:ザ・ギャザリングをはじめとするトレーディングカードゲームでも使用例は多い。トーナメント方式 フレッシュアイペディアより)

  • 諸象戯図式

    諸象戯図式から見た将棋将棋

    諸象戯図式(しょしょうぎずしき、「諸象戯圖式」とも)は、江戸時代の元禄7年(1694年)に発行された将棋の解説書である。諸象戯図式 フレッシュアイペディアより)

  • 象戯図式

    象戯図式から見た将棋将棋

    象戯図式(しょうぎずしき)は、江戸時代に発行された古将棋の解説書である。象戯図式 フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た将棋将棋

    囲碁や将棋では相手の次の手を見て、それが自分が困る手の場合にもう一度前回の自分の手まで戻って指し直しをすることを求める場合に「待った」という。これは正式にはルール違反である。待った フレッシュアイペディアより)

  • 近代将棋

    近代将棋から見た将棋将棋

    近代将棋(きんだいしょうぎ)は、将棋専門の月刊誌。ナイタイ出版発行。2008年6月号で休刊。近代将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 手待ち

    手待ちから見た将棋将棋

    手待ち(てまち)とは、将棋用語。局面に大きく影響しない無難な手を指して、攻撃の開始など大きな活動の開始を自らは行わず相手に手を渡すこと。事実上パスの代わりとなる着手。他のボードゲームでも同様の意味で用いられる。また、転じて工場・工事現場などで、部品の不足などにより作業予定通り進められないため、作業員を一時的に遊ばせて待つ状態のことも指す。手待ち フレッシュアイペディアより)

  • 終盤

    終盤から見た将棋将棋

    終盤(しゅうばん)は、囲碁、将棋、チェスなどのゲーム、スポーツや事象において、3分割したうちの1つ。終盤戦とも言われる。ボードゲームについて、詳しくはそれぞれ囲碁、将棋、チェスを参照。終盤 フレッシュアイペディアより)

  • 長考

    長考から見た将棋将棋

    長考(ちょうこう)とは、特に囲碁や将棋のような思考型の対戦ゲームにおいて、次の一手を長く考えること。長考の中でも長い長考を大長考と呼ぶ。長考 フレッシュアイペディアより)

  • 早指し

    早指しから見た将棋将棋

    早指し(はやざし)は将棋や囲碁などのボードゲームで、1手の時間が通常の対局よりも短く制限された対戦形式。早指し フレッシュアイペディアより)

1302件中 11 - 20件表示

「将棋」のニューストピックワード