1302件中 21 - 30件表示
  • 将棋の殿様

    将棋の殿様から見た将棋将棋

    横暴な殿様の将棋を、家中の御意見番である三太夫が次第に追い詰めていく過程が最大の山となっている。将棋の殿様 フレッシュアイペディアより)

  • ターン

    ターンから見た将棋将棋

    コンピューターゲームにもターン制を採用しているものがあるが、その大部分は将棋や麻雀、あるいはシミュレーションゲームやロールプレイングゲームといった、テーブルゲームに起源を発するものである(ターン制ストラテジーゲーム)。ターン フレッシュアイペディアより)

  • 成金

    成金から見た将棋将棋

    将棋において、低階級の駒が金将と同じ階級に変化することになぞらえ、急激に富裕になった人(ニューリッチ)を表す語。成金 フレッシュアイペディアより)

  • 引き分け

    引き分けから見た将棋将棋

    勝負事の最大の目的は勝者と敗者を決めることである。したがって、勝者と敗者が決まらない引き分けは異常なケースである。このことから、勝負事では引き分けをなるべく避けようとするのが一般的であるが、チェスのステイルメイト、将棋の千日手狙いの戦術、サッカーのリーグ戦における引き分けの勝ち点のように「引き分けも試合結果のひとつ」ととらえる文化も少数ながら存在する。引き分け フレッシュアイペディアより)

  • 居玉

    居玉から見た将棋将棋

    居玉(いぎょく)とは、将棋で玉将が初期位置からまったく動いていない状態である。居玉 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎善生

    大崎善生から見た将棋将棋

    大学時代は文学青年で、フィリップ・K・ディックやロバート・A・ハインライン、カート・ヴォネガットなどを夢中で読んでいた。一方で、大都会での生活に馴染めず、部屋にこもって少女漫画ばかり読んでいた時期もあり、特に吉田秋生の『河よりも長くゆるやかに』や『夢みる頃をすぎても』などの青春ものに胸をときめかせていた。同じ頃、大学生活にも適応できず、やがて将棋に熱中するようになる。学校に行かず、アルバイトもせず、新宿将棋センターに入り浸る生活を送り、約1年でアマチュア最高位の四段まで昇段した。また、角落ちから将棋の手ほどきをしてくれた府川充男らと、雑誌『同時代音楽』の編集に携わる。大崎善生 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県立杜陵高等学校

    岩手県立杜陵高等学校から見た将棋将棋

    単位制 美術、写真、音楽、演劇、茶道、書道、文芸、囲碁将棋、ユネスコクラブ岩手県立杜陵高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • マスターオブモンスターズ

    マスターオブモンスターズから見た将棋将棋

    各陣営は大戦略における首都の代わりに、将棋の王将に相当する「マスター」というユニットを持つ。このユニットのHPが0になるとその陣営は滅亡する。移動は城・城郭・塔のみに限定され、移動速度は3である。HPは100で、回復することができない。第一装備の格闘は弱いが、第二装備の魔法は強力である。マスターオブモンスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 検校

    検校から見た将棋将棋

    石田検校 - 将棋の戦法のひとつである石田流三間飛車の創始者検校 フレッシュアイペディアより)

  • 持ち時間

    持ち時間から見た将棋将棋

    持ち時間(もちじかん)とは、将棋、囲碁などのボードゲームをする際にあらかじめ定められた対局に使用できる時間限度のこと。持ち時間を使い切った対局者は負けとなる。対局両当事者に同じ持ち時間を定めることで公平を保ち、ゲームの途中放棄や故意の遅滞による相手への嫌がらせを排除する目的で設定される。持ち時間 フレッシュアイペディアより)

1302件中 21 - 30件表示