1302件中 31 - 40件表示
  • 真剣師

    真剣師から見た将棋将棋

    真剣師(しんけんし)とは、賭け将棋、賭け碁、賭け麻雀によって生計を立てている者のことである。この手の賭け事を「真剣」というところからきている。大会やタイトル戦に出場して賞金を得るプロ棋士などとは異なり、真剣師はもっぱら違法な賭け事を行う者を指す。真剣師 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た将棋将棋

    1923年9月1日関東大震災の際には、電話回線に大きな被害が出た上、陸上交通もほとんど途絶となり、各新聞で記事の制作が困難となった。震災当時、大阪朝日新聞では東京から電話で原稿を読み上げてもらって記事製作中であったが、電話回線途絶によりそれが不可能となった。この為、新聞は真偽不明のデマも載せざるを得なくなり、一部の新聞が9月3日・4日に、内務省警保局の意図的に発した“朝鮮人により放火・爆破がされている模様、暴動に警戒すべし”の電報指令を報道記事にした為、朝鮮人などの虐殺事件を引き起こした。このことは我が国新聞紙上の汚点といえる。また、この震災で東京の新聞社は大打撃を受け、その後は大阪に強いバックを持つ『東京朝日新聞』と『東京日日新聞』が躍進した。また、東京発祥の『讀賣新聞』は、当時わずか5万部という弱小紙であったが、警視庁警務部長を難波事件で辞職した正力松太郎が経営権を取得し、当時の新風俗、ラジオ放送、将棋、ボクシング等を取り上げた紙面で好評を博し、『東京朝日新聞』『東京日日新聞』の大阪資本2紙に勝る勢いで部数を伸ばした。(『日本創業者列伝』宝島社文庫の正力の項による)日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 大局将棋

    大局将棋から見た本将棋将棋

    自軍・敵軍それぞれ402枚、合計804枚の駒を使用する世界的にも最大規模の盤上遊戯である。泰将棋(本将棋・中将棋・大将棋・大大将棋・摩訶大大将棋を含む)・天竺大将棋・和将棋からほとんどの駒を取り込んでいるため、これらよりは時代が下ると思われる。これらの将棋に含まれている駒以外にも多数の駒が追加されており、この内のいくつかは他の現在伝わっていない変種から取り込まれたものと思われる。駒の種類は多いが動きや配置は洗練されているとは言えない。成っても後ろに戻れない駒やほとんど同じ動きの駒がある。大局将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 大局将棋

    大局将棋から見た将棋将棋

    大局将棋(たいきょくしょうぎ)は最も多い駒数と盤面を持つ将棋であり、ボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。大局将棋 フレッシュアイペディアより)

  • しおんの王

    しおんの王から見た将棋将棋

    『しおんの王』(しおんのおう)は、原作:かとりまさる(元女流棋士林葉直子のペンネーム)、作画:安藤慈朗による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて2004年5月号から2008年6月号まで連載された。単行本は、2004年10月から2008年5月に全8巻が刊行。副題は「The Flowers of Hard Blood」。2007年10月からテレビアニメが放送された。将棋をテーマとしている。しおんの王 フレッシュアイペディアより)

  • チェス

    チェスから見た将棋将棋

    チェスの起源には諸説があるが、一般的には古代インドの戦争ゲーム、チャトランガが起源であると言われている。日本においては同じチャトランガ系統のゲームである将棋の方がチェスよりも遥かに競技人口が多く、両者は基本的なルールが似ていることから、チェスは西洋将棋と訳されることもある。一方でチェスと将棋はチャトランガが異なるルートで東西に伝播しそれぞれ異なる変遷を遂げたものであるとされ、盤の広さや駒の性能、取った駒の扱いに関するルールの違いなどから、両者は似て非なるゲームであるとも評される。チェス フレッシュアイペディアより)

  • 将棋の手合割

    将棋の手合割から見た将棋将棋

    将棋の手合割(しょうぎのてあいわり)とは、将棋におけるハンデキャップのことを言う。将棋の手合割 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た将棋将棋

    羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。血液型AB型。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 8

    8から見た将棋将棋

    将棋の変則ルールとして八方桂がある。8 フレッシュアイペディアより)

  • 浮世絵

    浮世絵から見た将棋将棋

    絵師が様々な着物の柄を意匠し、見せるための立美人絵、花魁絵、着物姿の力士絵、役者絵などが沢山作られた。江戸の大胆な市松模様、紗綾形、鱗文、麻の葉などだけでなく、独創的で粋な柄、瓜、茄子などの野菜柄、寛永通宝、碁石、将棋の駒をちりばめた柄、雪の結晶など、斬新な着物のデザインが楽しませたと思われる。浮世絵 フレッシュアイペディアより)

1302件中 31 - 40件表示

「将棋」のニューストピックワード