1632件中 31 - 40件表示
  • 大崎善生

    大崎善生から見た将棋将棋

    大学時代は文学青年で、フィリップ・K・ディックやロバート・A・ハインライン、カート・ヴォネガットなどを夢中で読んでいた。一方で、大都会での生活に馴染めず、部屋にこもって少女漫画ばかり読んでいた時期もあり、特に吉田秋生の『河よりも長くゆるやかに』や『夢みる頃をすぎても』などの青春ものに胸をときめかせていた。同じ頃、大学生活にも適応できず、やがて将棋に熱中するようになる。学校に行かず、アルバイトもせず、新宿将棋センターに入り浸る生活を送り、約1年でアマチュア最高位の四段まで昇段した。また、角落ちから将棋の手ほどきをしてくれた府川充男らと、雑誌『同時代音楽』の編集に携わる。大崎善生 フレッシュアイペディアより)

  • ターン (ゲーム)

    ターン (ゲーム)から見た将棋将棋

    コンピューターゲームにもターン制を採用しているものがあるが、その大部分は将棋や麻雀、あるいはシミュレーションゲームやロールプレイングゲームといった、テーブルゲームに起源を発するものである(ターン制ストラテジーゲーム)。ターン (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 先手

    先手から見た将棋将棋

    いっぽう、将棋では先後で駒の区別はない。駒の向きでどちらの対局者の駒かは区別はされるが、盤面を見て対局者の先後は判断できない。2枚の玉将(王将)のデザインが異なる(「王将」と「玉将」)ことがあるが、これは先後とは関係ない。先手 フレッシュアイペディアより)

  • 諸象戯図式

    諸象戯図式から見た将棋将棋

    諸象戯図式(しょしょうぎずしき、「諸象戯圖式」とも)は、江戸時代の元禄7年(1694年)に発行された将棋の解説書である。諸象戯図式 フレッシュアイペディアより)

  • ジャドケンス将棋

    ジャドケンス将棋から見た将棋将棋

    ジャドケンス将棋(ジャドケンスしょうぎ、Judkins Shogi、六々将棋)とは、将棋の一種であり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。ジャドケンス将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子金五郎

    金子金五郎から見た将棋将棋

    金子 金五郎(かねこ きんごろう、1902年(明治35年)1月6日 - 1990年(平成2年)1月6日)は、大正・昭和時代に活動した将棋棋士。九段。土居市太郎名誉名人門下。東京都出身。棋士番号は3。金子金五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 植山悦行

    植山悦行から見た将棋将棋

    入門当初は関西奨励会に所属し、地元の高校に進んだ。初段の時に関東奨励会に移籍し、以降、22歳で三段に上がるまでの間、師匠の家で内弟子生活を送る。関西所属時は、奨励会の対局以外で将棋をほとんど指さなかったにもかかわらず、順調に昇級を重ねた。植山悦行 フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た将棋将棋

    囲碁や将棋では相手の次の手を見て、それが自分が困る手の場合にもう一度前回の自分の手まで戻って指し直しをすることを求める場合に「待った」という。これは正式にはルール違反である。待った フレッシュアイペディアより)

  • チェッカー

    チェッカーから見た将棋将棋

    ルール上偶然の要素はなく、ゲーム理論では将棋や囲碁と同じく二人零和有限確定完全情報ゲームに分類される。2007年にアルバータ大学のシェッファーを中心とした研究グループによって、プレイヤー双方が最善を尽くした場合、必ず引き分けに至ることが証明された。チェッカー フレッシュアイペディアより)

  • ゾウ

    ゾウから見た将棋将棋

    チェスや将棋などの起源と考えられる古代インドのボードゲーム、チャトランガにはゾウを意味する駒があった。シャンチー(後手のみ)やチャンギにも「象」が登場する。日本でも中将棋を含む古将棋の多くに「酔象」があるが、現在の将棋に「酔象」はない。ゾウ フレッシュアイペディアより)

1632件中 31 - 40件表示

「将棋」のニューストピックワード