1632件中 41 - 50件表示
  • 称号

    称号から見た将棋将棋

    マインドスポーツ(囲碁・将棋)などで大会の優勝者に授与されるタイトルなど。将棋では名人、王将、王位、王座、棋王、棋聖、竜王、倉敷藤花などがある。またチェスのグランドマスターなど総合的な成績で得られる称号もある。称号 フレッシュアイペディアより)

  • 裏切りは僕の名前を知っている

    裏切りは僕の名前を知っているから見た将棋将棋

    お人好しで天然気味な性格だが、意志が強く仲間想い。学業成績も優秀。院長の手ほどきで将棋や武道を嗜み、アニメ版では武道系の大会で3位入賞しているなど、その腕前はかなりの模様。悪意を持って迫ってくる者に対して「手荒なことはしたくない」と言いながらも、反射的に武道の技をかけてしまう癖がある。裏切りは僕の名前を知っている フレッシュアイペディアより)

  • 角田喜久雄

    角田喜久雄から見た将棋将棋

    他に、『ぷろふいる』誌上で、海野十三との共有ペンネームである青鷺幽鬼の筆名で作品を発表したこともある。1959年頃から日影丈吉、山田風太郎、山村正夫ら推理作家の親睦グループを持ち、「例の会」と呼ばれていた。趣味の将棋は高柳敏夫八段に師事して四段の腕前で、しばしば作家を集めての将棋会も開いた。1966年には還暦を記念して『角田喜久雄氏華甲記念文集』が出版される。1975年頃に創作からは手を引いた。1985年に胃癌の手術。1994年に東村山市の病院で急性肺炎で死去。角田喜久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 真剣師

    真剣師から見た将棋将棋

    真剣師(しんけんし)とは、賭け将棋、賭け麻雀といったテーブルゲームの賭博によって生計を立てている者のことである。この手の賭け事を「真剣」と呼ぶことに由来し、大会やタイトル戦に出場して賞金を得るプロ棋士などとは異なり、主に個人的な賭博を行う者を指す。麻雀の真剣師は裏プロともいう。真剣師 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田麻衣子 (女流棋士)

    藤田麻衣子 (女流棋士)から見た将棋将棋

    藤田 麻衣子(ふじた まいこ、旧姓:比江嶋(ひえじま)、1973年8月3日 - )は、将棋の元女流棋士、将棋観戦記者。愛知県豊田市生まれ、名古屋市出身。南山中学校・高等学校女子部、東京工業大学卒。藤田麻衣子 (女流棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 竜星戦

    竜星戦から見た将棋将棋

    ※なおいずれも対局が早く終わり局後の検討などを含めても時間が余った場合は、「詰碁TV」「次の一手TV」などの再放送で穴埋めする。また、第22期からは将棋の銀河戦と同じく両対局者、記録係と合わせて棋譜読み上げ係が登場しており、NHK杯と同じように着手後に棋譜の読み上げを行うようになった。翌第23期からは、これも銀河戦同様に手番表示を行うようになっている。いずれも同チャンネルで放送される女流棋聖戦でも同様の措置を取る。竜星戦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田利男

    宮田利男から見た将棋将棋

    宮田 利男(みやた としお、1952年10月29日 - )は、将棋棋士。棋士番号110。秋田県大曲市(現在の大仙市の一部)出身。高柳敏夫名誉九段門下。宮田利男 フレッシュアイペディアより)

  • 刀語

    刀語から見た将棋将棋

    本作の主人公。虚刀流七代目当主。島育ちのため世間知らずで、考えることが苦手な面倒くさがりだが、常識に囚われない発想が敵を倒す糸口を発見することもある。かなりの長身で、鋼のように鍛えられた肉体を持つ。動きやすいということで上半身裸でいることが多いが、豪寒的な寒さには弱い。虚刀流の血統のせいで刀剣を扱う才能が全く無く、刀を振りかぶれば後ろに落とし、振り下ろせば前に零す。物語の後半で心王一鞘流の初めての門下生として汽口慚愧から刀剣を学び基礎的な知識を身に付けるが、刀の扱いが苦手なのは変わっておらず刀を多少振れる程度にしか至っていない。言われて一番傷つく言葉は「花が無い」。面倒がりな性格で、口癖はとがめに禁止される前まで「面倒だ」だった。その後とがめに強引に勧められ済し崩し的に決定した「ただしその頃には、あんたは八つ裂きになっているだろうけどな」が決め台詞。とがめに付けられたあだ名は「しちりん」。ちなみに酒は飲めない(苦い水と認識した)。将棋も分からない。刀語 フレッシュアイペディアより)

  • 山口瞳

    山口瞳から見た将棋将棋

    代表作は、「週刊新潮」に1963年から31年間、延べ1614回、死去まで一度も穴を開けることなく連載を続けたコラム・日記の『男性自身』シリーズ、自らの両親の生い立ちを題材とした『血族』(第27回菊池寛賞受賞)、『家族』など。競馬や将棋、野球に造詣が深く、全国の地方競馬場を踏破した『草競馬流浪記』、プロ棋士と駒落ちで対戦した記録『山口瞳血涙十番勝負』、プロ野球から草野球まで、野球に関するエッセイをまとめた『草野球必勝法』などの著書もある。山口瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た将棋将棋

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

1632件中 41 - 50件表示

「将棋」のニューストピックワード