1302件中 71 - 80件表示
  • 東公平

    東公平から見た将棋将棋

    東 公平(ひがし こうへい、1933年 - )は、日本の将棋観戦記者でチェスプレーヤー。東公平 フレッシュアイペディアより)

  • 笠井友貴

    笠井友貴から見た将棋将棋

    笠井 友貴(かさい ゆき、1987年11月30日 - )は、将棋のアマチュア選手。女流プロ公式戦への出場歴もあり。テレビにて解説聞き手役、対局者などとして出演。笠井友貴 フレッシュアイペディアより)

  • 序盤

    序盤から見た将棋将棋

    序盤(じょばん)は囲碁、将棋、チェスなどのゲーム、スポーツや事象において、対局や試合を3分割にしたときの1番始め。詳しくはそれぞれ、囲碁、将棋、オープニング (チェス)を参照。序盤 フレッシュアイペディアより)

  • 獅子 (将棋)

    獅子 (将棋)から見た将棋将棋

    獅子(しし)は、将棋の駒の一つ。本将棋にはなく、中将棋・大将棋・天竺大将棋・大大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋・大局将棋に存在する。獅子 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 中村雅子 (アナウンサー)

    中村雅子 (アナウンサー)から見た将棋将棋

    中村 雅子(なかむら まさこ)は、日本の女性フリーアナウンサー、朗読家。夫は将棋棋士で王将のタイトル2回獲得の中村修九段。中村雅子 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 陣取り

    陣取りから見た将棋将棋

    将棋や囲碁は、戦闘あるいは一国と一国の命運をかけた戦いを、遊技盤の上でシミュレートするゲームであるが、これらのゲームにおいても、防衛のための駒の配列を「陣・陣地」と呼ぶことがある。陣を築くとは、将棋などにおいて、防衛しやすく攻めやすい駒の配置を築くことである。このように築かれた陣・陣地を、互いに攻めて陣崩しを行うことを、陣取りという。陣取り フレッシュアイペディアより)

  • 将棋マガジン

    将棋マガジンから見た将棋将棋

    将棋マガジン(しょうぎまがじん)は、日本将棋連盟が1978年から1996年まで発行していた将棋の専門誌(月刊)。将棋マガジン フレッシュアイペディアより)

  • バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ!

    バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ!から見た将棋将棋

    まずその面に出撃させるメンバーを選ぶ。2人1組で1ユニットとする。出撃できる人数は面ごとに決まっているが、戦死者がいない限りはその人数を必ず出撃させなければいけない。ユニットは、先に登録したキャラが「部隊長」として扱われ、そのキャラの移動力がユニットの移動力となる。行動は、プレイヤーと敵が1ユニットずつ交代で動かすという将棋の様な形式となっている。ターン数に制限は無く、カウントもされない。バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ! フレッシュアイペディアより)

  • MICRO (雑誌)

    MICRO (雑誌)から見た将棋将棋

    PCマガジンの別冊として創刊準備号が、そのほかに5号が発行された。「コンピュータとコミュニケーション時代の総合誌」と銘打ち、UNIX入門、人工知能プログラム入門、指将棋プログラムなどの連載を掲載していた。MICRO (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 名棋戦

    名棋戦から見た将棋将棋

    名棋戦(めいきせん)とは1974年(第1回)?1980年(第7回)まで開催されていた、共同通信社主催のプロ将棋の公式棋戦。棋王戦の予選としての役割も兼ね、1981年以降は棋王戦と統合された。前身は、1957年(第1回)から1973年(第17回)まで行われた古豪新鋭戦、さらにその前身は1955年(第1回)から1956年(第2回)まで行われた六、五、四段戦である。前身の2つの棋戦にはC級の棋士が参加し、同時期に同じ共同通信社主催で行われた九、八、七段戦、日本一杯争奪戦、最強者決定戦の下位ランクの棋戦としての扱いだった。1959年度からは三段の参加も認められた。名棋戦 フレッシュアイペディアより)

1302件中 71 - 80件表示

「将棋」のニューストピックワード