1632件中 71 - 80件表示
  • 元禄文化

    元禄文化から見た将棋将棋

    同書では、芝居(歌舞伎、浄瑠璃)については遊郭、職人・商人とならび「職之部」に含めており、「能芸部」には歌や俳諧などの文芸、儒・算・医・按摩などの学芸、馬・槍・太刀などの武芸、茶道や庭、立花、将棋などの遊芸のほか、歌舞音曲があった。歌舞音曲には、舞楽、笙、琴、能、地謡、鼓、太鼓、狂言、舞、尺八、一節切などがあり、「能芸部」に属する諸芸の演者は技能者であると同時に、芸能を一般の人に教える師匠の資格を有した。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 居玉

    居玉から見た将棋将棋

    居玉(いぎょく)とは、将棋で玉将が初期位置からまったく動いていない状態である。居玉 フレッシュアイペディアより)

  • チェス

    チェスから見た将棋将棋

    チェスの起源には諸説があるが、一般的には古代インドの戦争ゲーム、チャトランガが起源であると言われている。日本においては同じチャトランガ系統のゲームである将棋の方がチェスよりも遥かに競技人口が多く、両者は基本的なルールが似ていることから、チェスは西洋将棋と訳されることもある。一方でチェスと将棋はチャトランガが異なるルートで東西に伝播しそれぞれ異なる変遷を遂げたものであるとされ、盤の広さや駒の性能、取った駒の扱いに関するルールの違いなどから、両者は似て非なるゲームであるとも評される。チェス フレッシュアイペディアより)

  • 成駒

    成駒から見た将棋将棋

    成駒(なりごま)とは、将棋やチェスなどのボードゲームにおいて、ある特定の行動をした駒が、別の動きが出来るように変化したものである。英語では成ることをpromotion(プロモーション、昇進)と呼び、例えばと金ならば昇格した歩(promoted pawn)という表現である。成駒 フレッシュアイペディアより)

  • トーナメント方式

    トーナメント方式から見た将棋将棋

    将棋では、名人戦の挑戦者決定(A級順位戦で3人以上の同率首位者が出た場合)ならびに銀河戦のブロック戦で用いられている。また、竜王戦本戦の1組優勝側の山もステップラダー方式となっている。トーナメント方式 フレッシュアイペディアより)

  • マインドスポーツ

    マインドスポーツから見た将棋将棋

    日本で行われた「国際頭脳スポーツフェスティバル」では、競技は将棋、チェス、ドラフツ、囲碁、シャンチーそのほかにカタン、ブロックス、中将棋、バックギャモン、ラミィキューブだった。開催にあたりイギリスのMind Sports Olympiad Worldwide(マインドスポーツオリンピアードの主催組織)が共催となり全世界から選手が来場、代表のデイビットレディ氏も来日した。マインドスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 笠井友貴

    笠井友貴から見た将棋将棋

    笠井 友貴(かさい ゆき、1987年11月30日 - )は、将棋のアマチュア選手。女流プロ公式戦への出場歴もあり。テレビにて解説聞き手役、対局者などとして出演。笠井友貴 フレッシュアイペディアより)

  • ステイルメイト

    ステイルメイトから見た将棋将棋

    将棋でも理論上は、ステイルメイトは存在する。だが 本将棋の実戦では、ステイルメイトが発生するケースは皆無に近い。そのため本将棋では、ステイルメイトについてルール上は規定されていない。ステイルメイト フレッシュアイペディアより)

  • どうぶつしょうぎ

    どうぶつしょうぎから見た将棋将棋

    どうぶつしょうぎは、3×4の盤面を用い、駒の動きを簡略化した将棋類である。主に将棋が普及していない世代への将棋普及のために、女流棋士の北尾まどかがルールを考案し、同じく女流棋士の藤田麻衣子がデザインした。2008年、その2人が所属していた日本女子プロ将棋協会(LPSA)が発表して人気となった。どうぶつしょうぎ フレッシュアイペディアより)

  • 王手

    王手から見た将棋将棋

    王手(おうて)とは、チャトランガ系統のボードゲームでのある種の指し手(駒の動き)である。将棋の王将・チェスのキングなど、ルール上取られてはならないと定められている相手の駒に対して、自分の(王将・キングなどを除く)駒を利かせる指し手のことをいう。チェスの場合はチェック () と呼ばれている。王手 フレッシュアイペディアより)

1632件中 71 - 80件表示

「将棋」のニューストピックワード