前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • 将棋

    将棋から見た羽生善治

    将棋人口が減少した上記の期間に、将棋が一般メディアに取り上げられたことは何度かある。代表的なものでは、羽生善治の七冠達成(1996年)、将棋を題材としたNHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の放送(1996年)、中原誠と林葉直子の不倫報道(1998年)、瀬川晶司のプロ編入試験(2005年)、名人戦の移管問題(2006年)、羽生善治の最年少で1000勝(2007年)、将棋電王戦(2012年)、今泉健司のプロ編入試験(2014年)などである。しかしいずれも「将棋ブーム」を生むには至らず、取り上げ方によってはファン離れを加速するものとなっているものもある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たさかもと未明

    自分で自分の駒を取った(国際将棋トーナメントBクラス日本代表のさかもと未明)。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た佐藤康光

    この判断基準として、谷川浩司、佐藤康光、ponanzaによる駒の価値の評価(点数付け)が参考になる。なお、ここでいう点数計算は持将棋となった場合の判定のための点数計算とは異なる。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た中原誠

    将棋人口が減少した上記の期間に、将棋が一般メディアに取り上げられたことは何度かある。代表的なものでは、羽生善治の七冠達成(1996年)、将棋を題材としたNHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の放送(1996年)、中原誠と林葉直子の不倫報道(1998年)、瀬川晶司のプロ編入試験(2005年)、名人戦の移管問題(2006年)、羽生善治の最年少で1000勝(2007年)、将棋電王戦(2012年)、今泉健司のプロ編入試験(2014年)などである。しかしいずれも「将棋ブーム」を生むには至らず、取り上げ方によってはファン離れを加速するものとなっているものもある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た林葉直子

    将棋人口が減少した上記の期間に、将棋が一般メディアに取り上げられたことは何度かある。代表的なものでは、羽生善治の七冠達成(1996年)、将棋を題材としたNHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の放送(1996年)、中原誠と林葉直子の不倫報道(1998年)、瀬川晶司のプロ編入試験(2005年)、名人戦の移管問題(2006年)、羽生善治の最年少で1000勝(2007年)、将棋電王戦(2012年)、今泉健司のプロ編入試験(2014年)などである。しかしいずれも「将棋ブーム」を生むには至らず、取り上げ方によってはファン離れを加速するものとなっているものもある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た瀬川晶司

    将棋人口が減少した上記の期間に、将棋が一般メディアに取り上げられたことは何度かある。代表的なものでは、羽生善治の七冠達成(1996年)、将棋を題材としたNHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の放送(1996年)、中原誠と林葉直子の不倫報道(1998年)、瀬川晶司のプロ編入試験(2005年)、名人戦の移管問題(2006年)、羽生善治の最年少で1000勝(2007年)、将棋電王戦(2012年)、今泉健司のプロ編入試験(2014年)などである。しかしいずれも「将棋ブーム」を生むには至らず、取り上げ方によってはファン離れを加速するものとなっているものもある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た関根紀代子

    盤上から駒台に移ってしまった香車を持ち駒として使用した(服の袖が当たったことが原因である。参考)。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た日本将棋連盟

    ゲーム理論の分類では二人零和有限確定完全情報ゲームである。ただし後述する千日手のルール上の不備のために、厳密には「有限」でない点がある(2007年時点の日本将棋連盟公式ルールを前提とする)。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た島朗

    持ち駒を成駒の状態で打った(成銀を金と見間違えて打ったという事例がある。参考)。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た天野宗歩

    名人を世襲しなかった将棋指しの中にも、天才が現れるようになった。伊藤看寿は江戸時代中期に伊藤家に生まれ、名人候補として期待されたが、早逝したため名人を襲位することはなかった(没後に名人を贈られている)。看寿は詰将棋の創作に優れ、作品集『将棋図巧』は現在でも最高峰の作品として知られている。江戸末期には天野宗歩が現れ、在野の棋客であったため名人位には縁がなかったが、「実力十三段」と恐れられ、のちに「棋聖」と呼ばれるようになった。宗歩を史上最強の将棋指しの一人に数える者は少なくない。なお、江戸時代の棋譜は「日本将棋大系」にまとめられている。将棋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「将棋」のニューストピックワード