201件中 41 - 50件表示
  • 将棋

    将棋から見た夢枕獏

    風果つる街(夢枕獏将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た藤原明衡

    将棋の存在を知る文献資料として最古のものに、藤原行成(ふじわらのゆきなり(こうぜい))が著した『麒麟抄』があり、この第7巻には駒の字の書き方が記されているが、この記述は後世に付け足されたものであるという考え方が主流である。藤原明衡(ふじわらのあきひら)の著とされる『新猿楽記』(1058年 - 1064年)にも将棋に関する記述があり、こちらが最古の文献資料と見なされている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たつのだじろう

    5五の龍、虹色四間(つのだじろう将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た本岡類

    奥羽路 七冠王の殺人(本岡類将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た日野晴光

    13世紀ごろには平安大将棋に駒数を増やした大将棋が遊ばれるようになり、大将棋の飛車・角行・醉象を平安将棋に取り入れた小将棋も考案された。15世紀ごろには複雑になりすぎた大将棋のルールを簡略化した中将棋が考案され、現在に至っている。16世紀ごろには小将棋から醉象が除かれて現在の本将棋になったと考えられる。元禄年間の1696年に出版された『諸象戯図式』によると、天文年中(1532年-1555年)に後奈良天皇が日野晴光と伊勢貞孝に命じて、小将棋から醉象の駒を除かせたとあるが、真偽のほどは定かではない。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た三善為康

    三善為康によって作られたとされる『掌中歴』『懐中歴』をもとに、1210年 - 1221年に編纂されたと推定される習俗事典『二中歴』に、大小2種類の将棋がとりあげられている。後世の将棋類と混同しないよう、これらは現在では平安将棋(または平安小将棋)および平安大将棋と呼ばれている。平安将棋は現在の将棋の原型となるものであるが、相手を玉将1枚にしても勝ちになると記述されており、この当時の将棋には持ち駒の概念がなかったことがうかがえる。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た徳川吉宗

    将棋(本将棋)は、囲碁とともに、江戸時代に幕府の公認となった。1612年(慶長17年)に、幕府は将棋指しの加納算砂(本因坊算砂)・大橋宗桂(大橋姓は没後)らに俸禄を支給することを決定し、やがて彼ら家元は、碁所・将棋所を自称するようになった。初代大橋宗桂は50石5人扶持を賜わっている。寛永年間(1630年頃)には将軍御前で指す「御城将棋」が行われるようになった。八代将軍徳川吉宗のころには、年に1度、11月17日に御城将棋を行うことを制度化し、現在ではこの日付(11月17日)が「将棋の日」となっている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た大崎善生

    将棋の子(大崎善生原作、菊池昭夫作画)将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た森信雄

    聖?天才・羽生が恐れた男(作画・山本おさむ、監修・森信雄将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た湯川博士

    大江戸将棋所 伊藤宗印伝(湯川博士将棋 フレッシュアイペディアより)

201件中 41 - 50件表示

「将棋」のニューストピックワード