174件中 51 - 60件表示
  • 将棋

    将棋から見た持ち駒

    チェスやシャンチーなどと区別するため日本将棋(にほんしょうぎ)ともいい、特に日本の「本将棋」には「持ち駒」の観念があることが特徴とされ、これは諸外国の将棋類似のゲームにも例のない独特のルールである(持ち駒を利用したチェス派生のゲームも考案されている)。『レジャー白書』によると将棋人口は推定530万人である。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た金将

    将棋の駒は玉将(玉)及び王将(王)、飛車(飛)、角行(角)、金将(金)、銀将(銀)、桂馬(桂)、香車(香)、歩兵(歩)の8種類であり、玉将と王将以外はそれぞれ動ける範囲が決まっている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たチャトランガ

    チェスなどと同じく、古代インドのチャトランガが起源と考えられている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たチャンギ

    将棋の起源は、古代インドのチャトランガ(シャトランガ)であるという説が最も有力とされている。ユーラシア大陸の各地に広がってさまざまな類似の遊戯に発達したと考えられている。西洋にはチェス、中国にはシャンチー、朝鮮半島にはチャンギ(將棋 : )、タイにはマークルックがある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た詰将棋

    これが打ち歩詰めに該当するのかが不明である。連続王手の千日手でしか王手を解除できない状態は詰みとみなすのかどうかに依存し、現行ルールではどちらの解釈も可能である。「最後の審判」という詰将棋の問題の形で指摘されている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た投了

    伝統的に「実際に王を取る」ことは忌避されたため、どちらか一方が逆転不可能と判断した時点で投降することにより対局を終了する習慣になっている(投了)。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たチェス

    チェスなどと同じく、古代インドのチャトランガが起源と考えられている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た囲碁

    将棋がいつ頃日本に伝わったのかは、明らかになっていない。囲碁の碁盤が正倉院の宝物殿に納められており、囲碁の伝来が奈良時代前後とほぼ確定づけられるのとは対照的である。伝説としては、将棋は周の武帝が作った、吉備真備が唐に渡来したときに将棋を伝えたなどといわれているが、江戸時代初めに将棋の権威付けのために創作された説であると考えられている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た中将棋

    歴史的には「大将棋」(225マスの将棋盤と130枚の将棋駒を使用)、「中将棋」(144マスの将棋盤と92枚の将棋駒を使用)、「小将棋」(81マスの将棋盤と42枚の将棋駒を使用)などが指されていたこともあり、これらの将棋は現代の将棋に対して「古将棋」と総称される。現代でも中将棋などわずかではあるが愛好家が存在する。他に小将棋から派生したと推定される朝倉将棋が福井県を中心として残されており、主に福井県内のイベントなどで朝倉将棋の大会が開かれている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た中華人民共和国

    将棋の起源は、古代インドのチャトランガ(シャトランガ)であるという説が最も有力とされている。ユーラシア大陸の各地に広がってさまざまな類似の遊戯に発達したと考えられている。西洋にはチェス、中国にはシャンチー、朝鮮半島にはチャンギ(將棋 : )、タイにはマークルックがある。将棋 フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「将棋」のニューストピックワード