201件中 51 - 60件表示
  • 将棋

    将棋から見た角田喜久雄

    風雲将棋谷、 妖棋伝(角田喜久雄将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た佐久間智代

    少年☆周波数?王様の棋譜(佐久間智代将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た内田康夫

    王将たちの謝肉祭(内田康夫将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た武村勇治

    風の棋士ショウ(作画・武村勇治、監修・森内俊之)将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た安藤慈朗

    しおんの王(かとりまさる原作、安藤慈朗作画)将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た大橋宗桂 (初代)

    将棋(本将棋)は、囲碁とともに、江戸時代に幕府の公認となった。1612年(慶長17年)に、幕府は将棋指しの加納算砂(本因坊算砂)・大橋宗桂(大橋姓は没後)らに俸禄を支給することを決定し、やがて彼ら家元は、碁所・将棋所を自称するようになった。初代大橋宗桂は50石5人扶持を賜わっている。寛永年間(1630年頃)には将軍御前で指す「御城将棋」が行われるようになった。八代将軍徳川吉宗のころには、年に1度、11月17日に御城将棋を行うことを制度化し、現在ではこの日付(11月17日)が「将棋の日」となっている。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た木村義徳

    これらの将棋に使われていた駒は、平安将棋にある玉将・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵と平安大将棋のみにある銅将・鉄将・横行・猛虎・飛龍・奔車・注人である。平安将棋の駒はチャトランガの駒(将・象・馬・車・兵)をよく保存しており、上に仏教の五宝と示しているといわれる玉・金・銀・桂・香の文字を重ねたものとする説がある。さらに、チャトランガはその成立から戦争を模したゲームで駒の取り捨てであるが、平安将棋は持ち駒使用になっていたとする木村義徳の説もある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た青木光恵

    急戦法まことスペシャル(小杉あや原作、青木光恵作画)将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見た中国

    日本への伝来時期はいくつかの説があるが、早いもので6世紀ごろと考えられている。最初伝来した将棋は、現在のような平型の駒形ではないという説もある。古代インドから直接日本へ伝来したとする説では、古代インドのチャトランガの流れを汲む立像型の駒であったとされている。東南アジアのマークルックにちかいものが伝播改良されて生み出されたと考えられている。一方、6世紀ごろインドから直接ではなく、中国を経由して伝来したという説では、駒の形状は中国のシャンチー(中国象棋)と同様な平型の駒として伝来したという説もある。チェスでは古い駒ほど写実的であるとされる。アラビア等古い地域において平面の駒がみられる。また今までに立体の日本将棋駒は発見されていない。他説としては、平安時代に入ってからの伝来であったとする説がある。インド→アラビアの将棋からを経て中国のシャンチーそして朝鮮のチャンギ(朝鮮のものは中国由来)が日本に伝わったというものである。しかし平安時代には既に日本に将棋があったという説が有力である。また、駒の形の違い(アラビア、中国などは丸型、チャトランガは市立体像、日本は五角で方向が決まっている)やこれらの駒を線の交点に置くことなど将棋とどれも大きくことなる。これに対し、東南アジアのマークルックは銀と同じ動きの駒があるが、歩にあたるビアの動きがあまりに将棋とは違うことが指摘されている。また、将棋は相手側三列で駒が変化するがマークルックではクン、ルア、コーン、マー、メットとも「成る」ことはない。この点も大きく将棋とは異なる。近年はこの系統の盤戯が中国経由または直接ルートで日本に伝来したとする説がある。また、中国を舞台とした日本と東南アジアの中継貿易は行われていたことから中国経由の伝来は十分に考えられるが、中国での現代のシャンチーの成立時期は平安時代より遅くまた現代のシャンチーはルールも異なる。このため現代中国シャンチーが伝播したものではないと考えられている。いずれにしても日本での、古代の日本将棋に関する文献物証は皆無で、各説は想像の域を出ない。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋

    将棋から見たハチワンダイバー

    ハチワンダイバー(同名の漫画の実写版、2008年、フジテレビ)将棋 フレッシュアイペディアより)

201件中 51 - 60件表示

「将棋」のニューストピックワード