前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 酒井忠晴

    酒井忠晴から見た小坂誠小坂誠

    には三塁手のレギュラー。には二塁手のレギュラーとなり、同じく名手と呼ばれる遊撃手の小坂誠と二遊間、三遊間を形成。チームを支えた。その後、オフに波留敏夫との交換トレードで中日に復帰した。酒井忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た小坂誠小坂誠

    【NPB】楽天が中村紀洋、小坂誠の2内野手、憲史外野手、石川賢投手の4名に戦力外通告。中村紀は現役続行を希望。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た小坂誠小坂誠

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た小坂誠小坂誠

    6月26日からの福岡ダイエーホークス三連戦で連続猛打賞を達成するなど、1試合3安打以上は21回記録。また、6月28日のダイエー戦ではプロ野球史上4人目、パ・リーグ史上初の初回先頭打者ランニング本塁打を記録した。2年連続となる盗塁王に輝き、打率もチームで唯一3割台に乗せ(.311、リーグ5位)、シーズンMVPも受賞した。小坂誠との盗塁王争いに関連して、故意のボーク疑惑が発生した。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 小阪誠

    小阪誠から見た小坂誠小坂誠

    小阪誠 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアジアシリーズ

    2005年のアジアシリーズから見た小坂誠小坂誠

    初芝が日本シリーズをもって引退し、小坂、堀、福浦といった主力を故障で欠いた千葉ロッテマリーンズ、主砲のシム・ジョンスを欠く三星ライオンズという両チームともに攻撃に万全さを欠いている状態で初代アジアチャンピオンは争われた。2005年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田佳主也

    柴田佳主也から見た小坂誠小坂誠

    2001年は近鉄の選手会副会長を務めたが、小坂誠にプロ入り初の満塁ホームランを献上するなどやや精彩を欠いた。日本シリーズにも4試合登板したが、球団の若返り政策により戦力外通告を受ける。柴田佳主也 フレッシュアイペディアより)

  • 渡真利克則

    渡真利克則から見た小坂誠小坂誠

    2006年4月21日の巨人対阪神戦で、阪神先発の井川慶が巨人小坂誠に5球目を投げようとしたとき、捕手の矢野輝弘に向かって覆いかぶさるように倒れ途中交代した。試合は、控え審判員の有隅昭二が3塁へ、3塁塁審の井野修が球審にそれぞれ廻り、続行された。渡真利克則 フレッシュアイペディアより)

  • 早川健一郎

    早川健一郎から見た小坂誠小坂誠

    初本塁打:2000年6月1日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に小坂誠の代打として出場、杉山賢人から左越2ラン早川健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た小坂誠小坂誠

    ロッテは1回、先頭の小坂誠の3塁打の後、堀が前日に続き犠飛を放ち先制。さらに6回裏、2死2塁からベニー・アグバヤニの適時打で2点目、さらに1、2塁とチャンスが続き今江の適時打で3-0とする。7回まで西武打線を2安打に抑えていたロッテ先発の小林宏之は、8回に中村にソロ本塁打を打たれるが、後続を藤田宗一が抑え、9回は小林雅が3人で抑え、ロッテがストレートで第2ステージ進出を決めた。アレックス・カブレラを怪我で欠いた西武は、先発の西口文也を打線が援護できず、リーグ2連覇を逃した。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示