74件中 11 - 20件表示
  • 西村弥

    西村弥から見た小坂誠小坂誠

    『週刊ベースボール』2012年8月20日号内「道具の流儀season?」において、試合中に小坂誠モデルの軟式野球用グラブを使用していることを明かした。楽天の先輩であり、内野守備の名手だった小坂誠と酒井忠晴から影響を受けており、硬式野球用グラブとの違いについて「微妙な違いではない。僕にとっては大きな違いなんです。」と述べている。また、使用されている皮革の関係から、野球用具のメーカーをローリングスに統一している。西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の読売ジャイアンツ

    2006年の読売ジャイアンツから見た小坂誠小坂誠

    4月15日 - 小坂誠が対横浜戦でNPB史上239人目の通算1000安打2006年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見た小坂誠小坂誠

    脇谷亮太・小坂誠とともに二塁手のレギュラーを争い、二岡智宏の故障による小坂の遊撃手復帰、脇谷も三塁手へ移動したため、レギュラーは確定的と見られていた。ゴンザレスも期待通りにオープン戦で好調を維持し続けたため、3月30日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)に出場すると、三浦大輔から左中間へ決勝本塁打を放った。しかし、次の打席で手首に受けた死球によって患部に水が溜まり、4月6日に降格した。5月に再昇格したものの、古傷の手首痛が発症して降格するなど、一軍と二軍を行ったり来たりの日々が続く。9月12日に再昇格すると、9月19日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でライアン・ボーグルソンから先制満塁本塁打を放ち、勝利に貢献した。この年は打率.247・3本塁打の成績に終わったが、得点圏打率.375と勝負強さを発揮し、堅実な守備でも貢献。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • リベロ革命!!

    リベロ革命!!から見た小坂誠小坂誠

    青海高校女子バレー部2年生で背番号1。ポジションはセッター。身長168cm。バスト70のCカップ。誕生日は4月20日で、血液型はA型。女子バレー部の新キャプテン。部員達の将来を第一に考えて行動するキャプテンで、部員達からも全幅の信頼を寄せられている。当初、プレッシャーから男子部やキャプテンの沖田に辛辣な態度を取ったが、自分の悩みを感じ取り、思い遣りを持って誠実に接してくれた要に心を許すようになる。それが男子バレー部と女子バレー部の関係の改善の切っ掛けとなる。男子部と打ち解けた後は沖田の相談に乗ってアドバイスをしたりしている。名前の由来は、元千葉ロッテマリーンズの小坂誠リベロ革命!! フレッシュアイペディアより)

  • 柴田佳主也

    柴田佳主也から見た小坂誠小坂誠

    は近鉄の選手会副会長を務めて野球人生初の優勝に貢献したが、小坂誠にプロ入り初の満塁ホームランを献上するなどやや精彩を欠いた。同年の日本シリーズにも4試合登板したが、球団の若返り政策により戦力外通告を受ける。柴田佳主也 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本東北硬式野球部

    JR東日本東北硬式野球部から見た小坂誠小坂誠

    小坂誠:内野手(1996年千葉ロッテマリーンズドラフト5位→巨人→東北楽天ゴールデンイーグルス)JR東日本東北硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 守備番号

    守備番号から見た小坂誠小坂誠

    なお、プロ野球では一桁の番号は主力の野手が付けることが多く、投手は一桁の番号は稀であるが、野手では守備番号に由来した背番号を付ける選手も多くみられる。特に遊撃手(井端弘和、宮本慎也、小坂誠、梵英心など、元職含む)にその傾向がみられる。一方、二塁手は「4」だけでなく「2」、三塁手は「5」だけでなく「3」も多い。守備番号 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の千葉ロッテマリーンズ

    2005年の千葉ロッテマリーンズから見た小坂誠小坂誠

    小坂誠(遊撃手、4年ぶり4度目)2005年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の北海道日本ハムファイターズ

    2013年の北海道日本ハムファイターズから見た小坂誠小坂誠

    11月13日 - ブライアン・ウルフの退団を発表。また来季の一軍打撃コーチに柏原純一と林孝哉、ファーム内野守備コーチに小坂誠がそれぞれ就任することを発表2013年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の読売ジャイアンツ

    2007年の読売ジャイアンツから見た小坂誠小坂誠

    3月30日 - 読売ジャイアンツ対横浜ベイスターズの開幕戦(横浜スタジアム)で先頭打者の高橋由伸が初球を本塁打、シーズン開幕戦での先頭打者初球本塁打はNPB史上2人目、セ・リーグでは史上初。同試合で小坂誠がNPB史上10人目の通算250犠打2007年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示