51件中 21 - 30件表示
  • 塀内久雄

    塀内久雄から見た小坂誠小坂誠

    2001年は顎骨・右足首の骨折により、1軍の試合には出られなかったが、2002年は小坂誠の故障により出場機会が増加。4月8日の対日本ハム戦では、クリス・シールバックから史上41人目のプロ初打席本塁打を放った。しかし同年4月26日、右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、手術を受けた。塀内久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤剛 (野球)

    伊藤剛 (野球)から見た小坂誠小坂誠

    10月9日、現役引退を表明。翌10月10日には「引退登板」としてシーズン初登板し、小坂誠から三振を奪って現役生活にピリオドを打った。伊藤剛 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た小坂誠小坂誠

    今江敏晃は「福浦さんがいなかったらチームの失策数は倍に増えている」と話し、小坂誠は「自分の守備がうまいと言われているのは福浦がいたおかげ」と話している。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見た小坂誠小坂誠

    アイスモナカ『モナ王』(ロッテ) - 小坂誠、篠原ともえと共演。初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た小坂誠小坂誠

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た小坂誠小坂誠

    『週刊ベースボール』2012年8月20日号内「道具の流儀season?」において、試合中に小坂誠モデルの軟式野球用グラブを使用していることを明かした。楽天の先輩である小坂誠と酒井忠晴の影響を受けており、硬式野球用グラブとの違いについて「微妙な違いではない。僕にとっては大きな違いなんです。」と述べており、使用されている皮革の関係から、メーカーもローリングスに統一している。西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た小坂誠小坂誠

    は新規参入球団東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦こそスタメンを外されたものの、中盤以降堀幸一や小坂誠との併用ながら二塁手もしくは遊撃手としてのスタメン出場が増える。41盗塁で盗塁王を獲得(パリーグ最年少記録、1954年セリーグでの吉田義男と並ぶ日本プロ野球最年少タイ記録)。さらにベストナインを遊撃手部門、ゴールデングラブ賞を二塁手部門でそれぞれ受賞しリーグ優勝と日本一に貢献。この年のベストナイン二塁手部門は堀、ゴールデングラブ賞遊撃手部門は小坂であり、西岡とローテーションで二遊間を組んでいた二人であった。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た小坂誠小坂誠

    も1番打者としてスタートしたものの、4月の不振から交流戦直前に9番仁志、1番清水に配置転換を迫られる。その交流戦こそ12球団選手中打率4位の成績を残すものの、セ・リーグ投手陣相手には苦しみ、後半戦には若手の台頭で6・7番を担当。シーズンオフにロッテから球界有数の守備で知られる小坂誠が加入し、更に原が監督復帰、も2002年の清水・仁志の「ダブル1番構想」にこだわりをみせる。しかし仁志は不調のため、小坂に開幕スタメンを奪われる。仁志と小坂は同様に1割台後半の不調に陥り、小坂が2番打者として優先的に使われ、仁志起用時は7番・8番打者として使われることが多くなる。シーズン中盤に離脱した後は一軍に上がれず、手首も骨折した。64試合出場・打率.185・1本塁打・7打点・1盗塁と過去最低のシーズンとなった。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺翔大

    伊志嶺翔大から見た小坂誠小坂誠

    、開幕一軍入りし、4月14日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて初出場。8回には初打席に立ち、プロ初安打となる三塁打を放つ鮮烈なデビューを果たす。5月頃には左翼手ないし右翼手としてスタメンに定着するようになり、6月・7月には月間打率が3割を超えるなど好調な打撃を披露した。8月半ばに扁桃炎によって一時離脱して以降調子を落としたが、最終的にはその年の新人としては唯一、規定打席に到達した。また、新人としてはの赤星憲広(阪神タイガース)以来10年ぶり、パ・リーグ及び球団の新人としてはの小坂誠以来14年ぶりとなる30盗塁も達成した。伊志嶺翔大 フレッシュアイペディアより)

  • バット (野球)

    バット (野球)から見た小坂誠小坂誠

    短打を確実に狙う選手が、グリップエンドの部分を極端に大きくしたバットを使用することがある。かつてメジャーでタイ・カッブ(タイ・カップ)が使用したことからタイカップ式バットとして短距離打者を中心に愛用者が多い。その他、非常に重いことからツチノコバット、通常のタイカップ式よりも更にグリップエンドが大きなバットはこけしバットなどと呼ばれる。日本での先駆者は藤原満であり、その後若松勉、福本豊、大石大二郎、山崎賢一、土橋勝征、小坂誠、森谷昭仁などに広まっている。バット (野球) フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示