51件中 31 - 40件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た小坂誠小坂誠

    、前年の手術の影響か開幕スタメンは新加入の小坂誠に譲ったが、3割を超える好調な打撃ですぐにレギュラーの座を取り返した。相変わらずの得点圏打率の高さを記録するなど打線を牽引していたが、5月6日の西武戦で片岡易之が放ったセンター前への飛球を捕球する際にセンターの鉄平と交錯、左足首を捻挫して登録選手を抹消された(後に靱帯損傷と発表)。3か月に及ぶリハビリの末、8月5日に一軍復帰。10月16日の福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦では杉内俊哉から初回先頭打者本塁打を放った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た小坂誠小坂誠

    入会を拒否するロッテの小坂誠(現・楽天2軍コーチ)を入れようとするが、ことごとく失敗する。しかし、小坂は何故か会合には参加している(作者は本来は入れるつもりだったものの万永が脱税事件にかかわってしまい出演を自粛せざるを得なくなり、そのまま入会するかどうかはグレーになってしまった)。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 7月2日

    7月2日から見た小坂誠小坂誠

    1973年 - 小坂誠、プロ野球選手7月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た小坂誠小坂誠

    楽天が巨人・小坂誠内野手を金銭トレードで獲得。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た小坂誠小坂誠

    第1次では同じ時期に巨人で現役として活躍した選手が中心であったコーチ陣容を組んだ原監督だが、第2次では彼らに加えて他球団での豊富な経験のある人材を求めた。ヘッドコーチに近藤昭仁、守備走塁コーチに篠塚和典が復帰。投手コーチに尾花高夫を招聘、また1994年から2002年まで打撃コーチを務め、2003年より広島に戻っていた打撃コーチ・内田順三が復帰した。選手補強も積極的に行った。投手陣ではオリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル、FA宣言した豊田清(西武)、野口茂樹(中日)を獲得した。野手ではロッテの李承燁を獲得。金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠(ロッテ)を獲得した。一方で前年シーズン途中に既に構想から外れていた清原、ローズを自由契約で、豊田の人的補償で江藤を放出した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た小坂誠小坂誠

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎球場

    川崎球場から見た小坂誠小坂誠

    そして3月26日には「川崎球場ファイナルシーン」と銘打って、かつて川崎を本拠とした横浜ベイスターズと千葉ロッテマリーンズによるオープン戦が開催され(当初の横浜スタジアムでの開催予定を変更、「プロ野球サントリーカップ」として開催)、これが川崎球場で最後のプロ野球の試合となった。当日は別れを惜しむファンが詰めかけ、場外には長蛇の列が出来、スタンドでは21,000人の観客が最後の試合を見届けた。試合は打撃戦の末、ロッテが22?6で勝利したが、本塁打がロッテ側のみに10本(プロ野球公式戦での1チーム最多本塁打記録は9本)、しかも本来は長距離打者ではない小坂誠が1イニング2本塁打の快記録を作ったことは、川崎球場の狭いフィールドがボールなどの性能が向上した2000年当時のプロ野球の開催に耐えられないことを示していた。なお、当時の横浜には近鉄時代に10.19で2試合連続リリーフ登板した阿波野秀幸や川崎時代のロッテのエースだった小宮山悟が在籍しており、登板はなかったものの多くの観衆から声援を受けた。試合終了後には閉場セレモニーが行われ、市民がフィールド上で「ありがとう」の人文字を造った。この日、満塁を含む2本塁打を打ったロッテの堀幸一は「僕がプロ入り初めての一軍の試合で本塁打を打ったのはここ。最後の試合で打てて、いい思い出になる」、10.19の第2試合で同点本塁打を放ったロッテ打撃コーチの高沢秀昭は「自分のいい時も悪い時も知っている球場。10.19でのホームランが今でも話題に上るのは嬉しい」、その本塁打を打たれた阿波野は横浜市の出身とあって、川崎では高校時代からプレーしており「高校野球でも負けたし、今でも高沢さんが申し訳なさそうにダイヤモンドを回る姿が忘れられない。この球場でいい思い出はつくれなかったけど、一球の重みを教えてくれた、僕の野球人生になくてはならない球場」と、それぞれに思い出を語っていた。川崎球場 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテ

    ロッテから見た小坂誠小坂誠

    小坂誠(当時:千葉ロッテマリーンズ内野手)「モナ王」ロッテ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見た小坂誠小坂誠

    1997年からはロッテの指揮を執る。当時のロッテは前年の低迷に加え、小宮山悟に並ぶエースであった伊良部秀輝とエリック・ヒルマンが退団しており、戦力的にはかなり厳しい状態であったが、その中で小坂誠、福浦和也といった新戦力が近藤に見出されて台頭した。しかし1年目はチームの防御率3点台に対して打線が振るわず最下位、2年目も現在もプロ野球記録である公式戦18連敗を記録し、横浜監督時代に続き再び「チーム総得点が総失点を上回ったにも関わらず最下位」を経験する。これにより契約期間を1年残しての引責辞任となったが、その辞任会見の席で「もっと強いチームで監督をやりたかった」という発言をし、ロッテファンの批判を浴びた。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た小坂誠小坂誠

    2000投球回数:2007年3月30日、対読売ジャイアンツ1回戦(横浜スタジアム)、6回表1死目に小坂誠を投ゴロで達成 ※史上36人目三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示