74件中 31 - 40件表示
  • 伊藤剛 (野球)

    伊藤剛 (野球)から見た小坂誠小坂誠

    10月9日、現役引退を表明。翌10月10日には「引退登板」としてシーズン初登板し、小坂誠から三振を奪って現役生活にピリオドを打った。伊藤剛 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ボーク

    ボークから見た小坂誠小坂誠

    1998年のパ・リーグペナントレースにおいて、西武ライオンズの松井稼頭央と千葉ロッテマリーンズの小坂誠が盗塁王争いをしていた。10月12日、ペナント最終戦に西武とロッテの直接対決があった。この試合までに西武とロッテの順位は確定しており、タイトル争いが注目されるだけの消化試合になっていた。最終戦前、小坂は松井よりも盗塁数で1個上回っていた。ボーク フレッシュアイペディアより)

  • 1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た小坂誠小坂誠

    72選手の交渉権が確定した。アトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 塀内久雄

    塀内久雄から見た小坂誠小坂誠

    2001年、顎骨・右足首の骨折により、1軍の試合には出られなかったが、2002年は小坂誠の故障により出場機会が増加。4月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、クリス・シールバックから史上41人目のプロ初打席初本塁打を放った。しかし同年4月26日、右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、手術を受けた。塀内久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正人

    渡辺正人から見た小坂誠小坂誠

    小坂誠の故障でチャンスをつかみ、9番・遊撃手に定着する。6月に小坂が復帰して以降はスタメン機会は減ったが、その後も一軍に定着し続け、セカンドやサードの守備固めとして起用されて初の100試合出場を達成した。渡辺正人 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本プロ野球

    2002年の日本プロ野球から見た小坂誠小坂誠

    8月26日 - 西武の西口文也が対ロッテ戦(西武ドーム)で9回2死まで1与四球の無安打無得点に抑えていたが、小坂誠に安打を打たれ、ノーヒットノーランを逃す。9回2死で逃したのはパ・リーグ史上8人目2002年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た小坂誠小坂誠

    入会を拒否するロッテの小坂誠(現:ロッテ2軍ロッテコーチ)を入れようとするが、ことごとく失敗する。しかし、小坂は何故か会合には参加している(作者は本来は入れるつもりだったものの万永が脱税事件にかかわってしまい出演を自粛せざるを得なくなり、そのまま入会するかどうかはグレーになってしまった)。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 岡本晃

    岡本晃から見た小坂誠小坂誠

    即戦力として期待されたが1年目のは一軍登板は無かった。にスリークォーター気味のサイドスローに変更し制球が安定。気迫あふれるストレートと変化球の揺さぶりを生かして先発投手として活躍し、規定投球回に到達。防御率はリーグ2位の2.82、10勝6敗の好成績を残して新人王候補に挙がる活躍をする(新人王はルーキー史上最多盗塁を記録した小坂誠を選出)。岡本晃 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤孝司

    武藤孝司から見た小坂誠小坂誠

    1998年は初の開幕1軍・スタメンとなった(千葉ロッテマリーンズ戦)延長でサヨナラ安打を放ち、チームの3年連続開幕戦勝利に貢献、同時に自身初のお立ち台にもあがった。前半戦は1・2・9番を大村・水口・武藤で、7月ごろからは大村と共に俊足左打者の1・2番コンビを形成、共にオールスターゲームに出場するも、7月以降は打撃不振に陥る。特に8月の月間打率は.189、9・10月は.184といずれも2割を切る状態で、結局.250でシーズンを終える。また守備でも小坂誠の16に次ぐ15失策を記録しており、後半以降ベテランの吉田剛にショートのスタメンを譲る結果となった。武藤孝司 フレッシュアイペディアより)

  • ゴリラーマン

    ゴリラーマンから見た小坂誠小坂誠

    谷沢の友人のプロ野球のスカウト。ロッテオリオンズ所属。矢沢の進言で不破を調査しに来るが、ゴリラーマンの野球センスに驚き、なんとか二人とも入団させようと色々画策するが上手くいかず、その後ゴリラーマンの過去も調査する様になる。ストッパー毒島で不破がロッテマリーンズの投手として活躍してることから、不破獲得は上手くいったものと思われる。「ロッテ」「小坂」ということで小坂誠を連想しそうになるが、この時点でまだ小坂誠はロッテに入団していない。近鉄やヤクルトで活躍した小坂勝仁と当時広島のスターであった高橋慶彦。ゴリラーマン フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示