74件中 41 - 50件表示
  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た小坂誠小坂誠

    の開幕戦は「9番・遊撃手」で出場。6月5日の東京ヤクルトスワローズ戦で6回裏に、二塁手の小坂誠が遊撃の守備に就き、遊撃手の渡辺は初めて二塁の守備に就いた。翌6日には二塁手として先発出場した。1番の他に2番での先発出場も多くなり、3年連続でチームトップとなる26盗塁を記録した。このシーズンは守備が安定し、6失策と初めて失策が一桁に止まり、守備率.988でリーグトップを記録した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た小坂誠小坂誠

    6月14日の対横浜戦で松家卓弘から本塁打を放ち、史上5人目となる両リーグ150号本塁打を達成。7月8日の対ロッテ戦では史上102人目の通算1500安打を達成したものの、チャンスで打てないことが多かった。しかし、オールスター明けからは大事な場面で打つことが増え、特に8月16日の対ロッテ戦で8回までチームは0得点、6点ビハインドの状況で唐川侑己から史上23人目の通算350号3ラン本塁打を放つと、9回裏二死の2点ビハインドの場面ではブライアン・シコースキーから同点2ラン本塁打を放った。この試合は結局、延長12回裏に小坂誠がサヨナラ打を放ったことで6点差をひっくり返した劇的な勝利を収め、この試合以降、チームは29勝16敗という飛躍的な成績を挙げた。最終的に打率は.246と低かったものの、39本塁打、107打点と両部門リーグ2位という成績で打線を牽引し、チーム史上初の2位とクライマックスシリーズ出場に貢献した。40代での本塁打30本到達は王、門田、ローズに次いで4人目。打点は前述の王、衣笠の記録を更新する実働21年目での100打点到達となった。また、41歳を迎える年での100打点到達は門田、ローズ、金本知憲の40歳を超える史上初の記録。また、本塁打は楽天移籍後の150本塁打到達となり、中日時代に記録した本塁打と合わせて史上7人目となる2球団での150本塁打も記録。クライマックスシリーズでは40代以上では初となるポストシーズン2本の本塁打、7打点を挙げたが、チームは第2ステージで日本ハムに敗れた。同年、ベストナインの指名打者部門に2年振りに選ばれた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 渡真利克則

    渡真利克則から見た小坂誠小坂誠

    2006年4月21日の巨人対阪神戦で、阪神先発の井川慶が巨人小坂誠に5球目を投げようとしたとき、捕手の矢野輝弘に向かって覆いかぶさるように倒れ途中交代した。試合は、控え審判員の有隅昭二が3塁へ、3塁塁審の井野修が球審にそれぞれ廻り、続行された。渡真利は担架で運ばれ退場し、そのまま入院したが翌日に退院した。渡真利克則 フレッシュアイペディアより)

  • 長池徳士

    長池徳士から見た小坂誠小坂誠

    コーチとしての手腕は高く、秋山幸二・金森栄治(西武)、佐々木誠(南海)、鈴木尚典・石井琢朗・波留敏夫(横浜)、小坂誠・福浦和也(ロッテ)を育てた。長池徳士 フレッシュアイペディアより)

  • バット (野球)

    バット (野球)から見た小坂誠小坂誠

    短打を確実に狙う選手が、グリップエンドの部分を極端に大きくしたバットを使用することがある。かつてメジャーでタイ・カッブ(タイ・カップ)が使用したことからタイカップ式バットとして短距離打者を中心に愛用者が多い。その他、非常に重いことからツチノコバット、グリップエンドが“タイカップ式”以上に大きなバットはこけしバットなどと呼ばれる。日本での先駆者は藤原満であり、その後若松勉、福本豊、大石大二郎、山崎賢一、土橋勝征、小坂誠、森谷昭仁などに広まっている。バット (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た小坂誠小坂誠

    かなりの長身。二軍で伸び悩んでいた野手だったが、1995年に里中専属の捕手に転向してからは目まぐるしい活躍を見せる。『プロ野球編』では里中のスカイフォーク開発に協力し、試合でもスカイフォークを巧みに捕球する。打撃もフォーク打ちが得意。作中で里中と山田がさん付けで瓢箪を呼んでいるシーンが存在するため山田世代よりも年上であり、小坂誠を呼び捨て、小坂と同年代の武藤孝司を「こいつ」と呼んでいるシーンが存在するが、この二人よりも年下の松井稼頭央をさん付けで呼んでいるシーンも存在するため、生まれ年がうやむやになっている。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見た小坂誠小坂誠

    1997年からはロッテの指揮を執る。当時のロッテは前年の低迷に加え、小宮山悟に並ぶエース格であった伊良部秀輝とエリック・ヒルマンが退団しており、戦力的にはかなり厳しい状態であったが、その中で小坂誠、福浦和也といった新戦力が近藤に見出されて台頭した。しかし、1年目はチームの防御率3点台に対して打線が振るわず最下位、2年目も現在でも日本プロ野球記録である一軍公式戦18連敗を記録し、横浜監督時代に続き再び「チーム総得点が総失点を上回ったにも関わらず最下位」を経験する。これにより契約期間を1年残しての引責辞任となったが、その辞任会見の席で「もっと強いチームで監督をやりたかった」という発言をし、ロッテファンの批判を浴びた。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲史

    黒田哲史から見た小坂誠小坂誠

    、原辰徳が監督に復帰すると、チームは千葉ロッテマリーンズから小坂誠と、北海道日本ハムファイターズから古城茂幸、またシーズン中には広島東洋カープから木村拓也をそれぞれトレードで獲得して、内野守備の充実を図り、また正遊撃手の二岡智宏がフル出場を果たした他、ルーキーの脇谷亮太の台頭などに押し出される形で活躍の機会を失い、夏場以降は一軍での出場はなかった。シーズンオフに戦力外通告を受け、同年10月19日に無償トレードにより古巣・西武への移籍が決定。背番号は55。黒田哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 恋はみずいろ

    恋はみずいろから見た小坂誠小坂誠

    日本プロ野球 千葉ロッテマリーンズに所属する早坂圭介、千葉ロッテマリーンズに所属していた頃の山中潔、小坂誠の元応援歌恋はみずいろ フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺翔大

    伊志嶺翔大から見た小坂誠小坂誠

    ''、開幕一軍入りし、4月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて初出場。8回には初打席に立ち、プロ初安打となる三塁打を放つ鮮烈なデビューを果たす。5月頃には左翼手または右翼手としてスタメンに定着するようになり、6月・7月には月間打率が3割を超えるなど好調な打撃を披露した。8月半ばに扁桃炎によって一時離脱して以降調子を落としたが、最終的にはその年の新人としては唯一、規定打席に到達した。また、新人としてはの赤星憲広(阪神タイガース)以来10年ぶり、パ・リーグおよび球団の新人としてはの小坂誠以来14年ぶりとなる30盗塁も達成した。伊志嶺翔大 フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示