51件中 41 - 50件表示
  • 山田太郎 (ドカベン)

    山田太郎 (ドカベン)から見た小坂誠小坂誠

    1998年のシーズン前に肩を痛めるものの、徳川監督(が変装した仙人)のアドバイスによって送球をスリークォーターにすることによって克服。それによって捕ってから投げるまでのタイムも早くなった(里中曰く村松さんや小坂さんも完全にアウト)。山田太郎 (ドカベン) フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た小坂誠小坂誠

    江尻が監督を務めた翌は5位に終わった。また、同年のドラフト会議で当時無名だった小坂誠の指名を主導するなどしたが、伊良部秀輝・小宮山悟・エリック・ヒルマンら主力選手とも確執を起こし、広岡は2年足らずでGMを解任された。GM時代の広岡の評価は色々である。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た小坂誠小坂誠

    小坂誠と李承燁が巨人へ金銭トレードされ、セラフィニがオリックスへ移籍。交流戦は2年連続となる優勝となったが、夏場以降は急失速し、最終的にシーズンを4位で終えている。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 恋はみずいろ

    恋はみずいろから見た小坂誠小坂誠

    日本プロ野球 千葉ロッテマリーンズに所属する早坂圭介、千葉ロッテマリーンズに所属していた頃の山中潔、小坂誠の元応援歌恋はみずいろ フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本東北硬式野球部

    JR東日本東北硬式野球部から見た小坂誠小坂誠

     小坂誠内野手(1996年千葉ロッテドラフト5位→巨人→楽天)JR東日本東北硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た小坂誠小坂誠

    は6月14日の横浜戦(Kスタ宮城)で松家卓弘から本塁打を放ち、史上5人目となるセ・パ両リーグ150号本塁打を達成。7月8日のロッテ戦(Kスタ宮城)では史上102人目の通算1500安打を達成したものの、前半戦はチャンスで打てない事が多かった。しかしオールスター明けからは大事な場面で打つ事が増え、特に8月16日のロッテ戦(Kスタ宮城)で8回までチームは無得点、6点ビハインドの状況で唐川侑己から史上23人目の通算350号3ラン本塁打を放つと、9回裏二死の2点ビハインドの場面ではブライアン・シコースキーから同点2ラン本塁打を放った。この試合は結局延長12回裏に小坂誠がサヨナラヒットを放った事で6点差をひっくり返した劇的な勝利を収め、この試合以降チームは29勝16敗という飛躍的な成績を挙げた。最終的に打率は.246と低かったものの39本塁打107打点と両部門パ2位という成績で打線を牽引し、チーム史上初の2位とCS出場に貢献した。40代での本塁打30本到達は王貞治、門田博光、タフィ・ローズに次いで4人目。打点は前述の王貞治、衣笠祥雄の記録を更新する実動21年目での100打点到達となった。また41歳を迎えるシーズンでの100打点到達は門田博光、タフィ・ローズ、金本知憲の40歳を超える史上初の記録。更に本塁打は楽天移籍後の150本塁打到達となり、中日時代に記録した本塁打と合わせて史上7人目となる2球団での150本塁打も記録。CSでは40代以上では初となるポストシーズン2本の本塁打、7打点を挙げたがチームは第2ステージで日本ハムに敗れた。同年、指名打者部門のベストナインに2年ぶりに選出された。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見た小坂誠小坂誠

    1イニング4奪三振:2003年4月14日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、8回裏に小坂誠(振り逃げ)・渡辺正人・垣内哲也・福浦和也から ※史上8人目(9度目)杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見た小坂誠小坂誠

    脇谷亮太・小坂誠とともに二塁手のレギュラーを争い、二岡智宏の故障による小坂の遊撃手復帰、脇谷も三塁手へ移動したため、レギュラーは確定的と見られていた。ゴンザレスも期待通りにオープン戦で好調を維持し続けたため、3月30日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)に出場すると、三浦大輔から左中間へ決勝本塁打を放った。しかし、次の打席で手首に受けた死球によって患部に水が溜まり、4月6日に降格した。5月に再昇格したものの、古傷の手首痛が発症して降格するなど、一軍と二軍を行ったり来たりの日々が続く。9月12日に再昇格すると、9月19日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でライアン・ボーグルソンから先制満塁本塁打を放ち、勝利に貢献した。この年は打率.247・3本塁打の成績に終わったが、得点圏打率.375と勝負強さを発揮し、堅実な守備でも貢献。優勝が決定していた10月2日には追撃の特大本塁打を放つなど、優勝にも大きく貢献した。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 前川勝彦

    前川勝彦から見た小坂誠小坂誠

    初奪三振:同上、9回表に小坂誠から前川勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た小坂誠小坂誠

    シーズン終了後、3年契約が切れることになっていた野村の監督に於ける契約延長が決定。翌年も引き続き楽天を指揮することになった。また、オフには巨人から小坂誠を金銭トレード、中日からは中村紀洋をFAで獲得。小坂は球団初の宮城県出身選手、中村は球団初のFA加入選手となった。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示