前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た仁志敏久

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た伊藤かずえ伊藤 かずえ

    好きな女優は伊藤かずえ。夫人は伊藤とはタイプが違う小柄な一般人女性である。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た篠原ともえ篠原 ともえ

    ロッテのアイスモナカ「モナ王」のコマーシャルに、初芝清、篠原ともえと共に出演した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た今江敏晃

    千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三浦大輔三浦 大輔

    250犠打:2007年3月30日、対横浜ベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、4回表に三浦大輔から投手前犠打 ※史上10人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た小笠原道大

    2007年から背番号を6に変更(北海道日本ハムファイターズからFA権を行使して移籍してきた小笠原道大が日本ハム時代と同じ背番号2をもらったため)。3月30日、セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。セ・リーグに合わせて打球を上げる打撃スタイルなどを修正し、シーズン当初は開幕スタメンショートで押し出し四球を記録するなど活躍したが、チームの貧打により二岡が1軍昇格するとスタメンは二岡で固定され、仁志が移籍したセカンドも木村拓也や脇谷亮太が起用されることが多かった。出場機会は二岡と交代での守備固め、もしくは代走に限られ、1シーズンを通したヒット数はわずか3安打となった。下半身に不安を抱える二岡のバックアップ要員としてチーム優勝に貢献したものの、肩を痛めて8月3日の出場を最後に1軍登録を抹消された。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た城島健司

    俊足とポジショニング、打球反応の速さ、打球勘などからくる広い守備範囲、教科書通りと形容される捕球と一体化した安定した送球、柔らかなグラブ捌きや併殺の処理、その全てがプロの最高水準であった。その驚異的な守備範囲の広さは「小坂ゾーン」とまで形容された。普通なら安打になる鋭い当たりや長打性の難しい打球をさも当たり前のように捌いてしまうため、派手さは無いが非常に堅実で、普通の野手とは違った意味で魅せるプレーが多かった。守備範囲の広さは数字にも現れており、アウト寄与率は遊撃手として入団以来2003年まで両リーグ1位を記録しており、うち1998年から2003年までの6年間はレンジファクターが5を超えている。城島健司は「小坂さんがいると、毎試合ヒットを1本損する」と語っている。ゴールデングラブ賞は4度受賞した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た日高剛

    200盗塁:2002年7月22日、対オリックス・ブルーウェーブ15回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏に二盗(投手:本柳和也、捕手:日高剛) ※史上63人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た金田政彦

    200犠打:2003年7月12日、対オリックス・ブルーウェーブ18回戦(Yahoo! BBスタジアム)、3回表に金田政彦から投手前犠打 ※史上25人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た上田晋也上田 晋也

    芸人に守備のうまさをネタにされることが多い。上田晋也がリチャードホールのコントで、「なんであんたそんな拾いづらいとこ拾うんだよ!ロッテの小坂か!?」や、石橋貴明のとんねるずのみなさんのおかげでした食わず嫌い王での、「ロッテ(巨人)の小坂並に守備範囲広いですね?」などがある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示