前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た高須洋介

    、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節が入るなど地元ファンからの期待は大きかったが、シーズン当初は巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだった。5月に内野のレギュラーであった渡辺直人・高須洋介が相次いで故障すると、次第にスタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦では、8回一死二・三塁の場面で三塁走者・草野大輔の代走として出場すると、中村紀洋の二塁ゴロの間に内野の前進守備をかいくぐる好走塁で決勝点のホームを踏み、初となる地元でのお立ち台に登った。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦では、延長12回一死満塁の場面で荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりとなるサヨナラ安打を打った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た仁志敏久

    の巨人は遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久がいたが、小坂は開幕二塁手のスタメンを勝ち取り、この年はほとんど二塁で起用された。同年4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成したものの、打率1割台と極度の不振となり、シーズン終了後には大幅減俸を受け入れ、10月には若手と共にフェニックスリーグに参加した。10月27日 シーズン中に取得したFA権を行使せずに巨人に残留することを表明。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た中村紀洋

    、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節が入るなど地元ファンからの期待は大きかったが、シーズン当初は巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだった。5月に内野のレギュラーであった渡辺直人・高須洋介が相次いで故障すると、次第にスタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦では、8回一死二・三塁の場面で三塁走者・草野大輔の代走として出場すると、中村紀洋の二塁ゴロの間に内野の前進守備をかいくぐる好走塁で決勝点のホームを踏み、初となる地元でのお立ち台に登った。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦では、延長12回一死満塁の場面で荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりとなるサヨナラ安打を打った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た今江敏晃

    千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三浦大輔

    250犠打:2007年3月30日、対横浜ベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、4回表に三浦大輔から投手前犠打 ※史上10人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た城島健司

    その超人的な守備力から「平成の牛若丸」、「小坂ゾーン」などと称された。当時小坂と同一リーグに所属していた城島健司は「小坂さんがいると、毎試合ヒットを1本損する」と語っている。ゴールデングラブ賞は遊撃手として4度受賞している。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た日高剛

    200盗塁:2002年7月22日、対オリックス・ブルーウェーブ15回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏に二盗(投手:本柳和也、捕手:日高剛) ※史上63人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た金田政彦

    200犠打:2003年7月12日、対オリックス・ブルーウェーブ18回戦(Yahoo! BBスタジアム)、3回表に金田政彦から投手前犠打 ※史上25人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た松井稼頭央

    (1年目)の開幕から遊撃手のレギュラーを獲得。3.4月の月間MVPを獲得し、シーズン全試合出場を果たすなど活躍を見せて新人王に選ばれる。盗塁王のタイトルは松井稼頭央が獲得したが、この年に記録した56盗塁はそれまでの新人最多記録である佐藤孝夫の45盗塁を大きく上回る記録であり、現在も破られていない。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たボビー・バレンタイン

    は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示