106件中 11 - 20件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見たボビー・バレンタイン

    2003年には通算50三塁打を達成する。2004年は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た石橋貴明

    芸人に守備のうまさをネタにされることが多い。上田晋也がリチャードホールのコントで、「なんであんたそんな拾いづらいとこ拾うんだよ!ロッテの小坂か!?」や、石橋貴明のとんねるずのみなさんのおかげでした食わず嫌い王での、「ロッテ(巨人)の小坂並に守備範囲広いですね?」などがある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た元木大介元木 大介

    2005年1月1日に入籍。4月22日 通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日 通算250盗塁達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)活躍し、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。ゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。ロッテで付けていた背番号1が巨人では永久欠番になっていたこともあり、同年に引退した元木大介の2を引き継ぐことになった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た高須洋介

    千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た安藤優也

    250盗塁:2005年6月3日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、1回表に二盗(投手:安藤優也、捕手:矢野輝弘) ※史上36人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た原辰徳

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た木塚敦志

    1000本安打:2006年4月15日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、9回表に仁志敏久の代打で出場、木塚敦志から左中間二塁打 ※史上239人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た中込伸

    2000年のナゴヤドームで行われた「オールスター大運動会」で俊足の小坂に対し、恰幅良く鈍足と思われる阪神の中込伸と2人で100m徒競走を行うという企画が行われた。中込には半分の50m地点から同時に走るというアドバンテージがつけられ、差は縮まったものの、大方の予想に反し中込の圧勝だった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た矢野燿大

    250盗塁:2005年6月3日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、1回表に二盗(投手:安藤優也、捕手:矢野輝弘) ※史上36人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た坂本勇人

    2008年は2007年まで一度しか守ったことがなかった三塁を守ることも多くなった。故障の後遺症もなく、その三塁でも堅実な守備を見せた。若いが荒削りな坂本勇人が遊撃手として台頭し、二岡の本格三塁コンバートが決定。ひきつづき守備と走塁のスペシャリストとしての役割が期待されていたが、若手と中堅選手の台頭や、打撃不振もあり出場試合数は自己最少。プロ入り後初めて一軍で無安打に終わった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示