106件中 31 - 40件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た北海道日本ハムファイターズ

    2007年から背番号を6に変更(北海道日本ハムファイターズからFA権を行使して移籍してきた小笠原道大が日本ハム時代と同じ背番号2をもらったため)。3月30日、セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。セ・リーグに合わせて打球を上げる打撃スタイルなどを修正し、シーズン当初は開幕スタメンショートで押し出し四球を記録するなど活躍したが、チームの貧打により二岡が1軍昇格するとスタメンは二岡で固定され、仁志が移籍したセカンドも木村拓也や脇谷亮太が起用されることが多かった。出場機会は二岡と交代での守備固め、もしくは代走に限られ、1シーズンを通したヒット数はわずか3安打となった。下半身に不安を抱える二岡のバックアップ要員としてチーム優勝に貢献したものの、肩を痛めて8月3日の出場を最後に1軍登録を抹消された。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た横浜スタジアム

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た堀内恒夫

    2005年、巨人に金銭トレードで移籍した経緯として、報道によると、契約更改交渉予定だったが予定時間が二転三転し、交渉は行われたものの、その場で金銭トレード(推定1億円)での巨人移籍が通告され、その数時間後に巨人で入団会見をするという急な移籍となった。ファンの感情的な憶測とは裏腹に『「バレンタイン流マネジメント」の逆襲(高橋徹・著、講談社・刊)』によれば、金銭トレードはボビー自身が主導したもので巨人1球団に対してというものでもなかったようである。不要な選手を放出して資金を捻出しただけとバレンタイン監督自身はMLB出身の監督らしく極めて冷静に振り返っている(小坂の守備力を高く評価していた一方、打撃力の低さを短所とみており、2005年に残したような成績を来季以降も残せると判断していなかったようである)。一方、巨人清武代表は入団会見で小坂に関し「1年前から狙っていた選手のひとり」と相反するコメントを残している(伏線になる事実としては、2004年オフ、正二塁手仁志敏久がFA権行使しメジャーリーグ移籍を試みており、当時の巨人堀内恒夫監督もクラシカルな守りの野球を掲げ仁志流出を危惧していた。仁志の代替選手をリストアップしており、小坂がその数名のリストのなかに入っていたのではないかと思われる)。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た初芝清

    ロッテのアイスモナカ「モナ王」のコマーシャルに、初芝清、篠原ともえと共に出演した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た岡本晃

    初本塁打:1997年8月22日、対近鉄バファローズ20回戦(大阪ドーム)、1回表に岡本晃からソロ小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た西岡剛 (内野手)

    2005年1月1日に入籍。4月22日 通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日 通算250盗塁達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)活躍し、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。ゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。ロッテで付けていた背番号1が巨人では永久欠番になっていたこともあり、同年に引退した元木大介の2を引き継ぐことになった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た木村拓也

    2007年から背番号を6に変更(北海道日本ハムファイターズからFA権を行使して移籍してきた小笠原道大が日本ハム時代と同じ背番号2をもらったため)。3月30日、セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。セ・リーグに合わせて打球を上げる打撃スタイルなどを修正し、シーズン当初は開幕スタメンショートで押し出し四球を記録するなど活躍したが、チームの貧打により二岡が1軍昇格するとスタメンは二岡で固定され、仁志が移籍したセカンドも木村拓也や脇谷亮太が起用されることが多かった。出場機会は二岡と交代での守備固め、もしくは代走に限られ、1シーズンを通したヒット数はわずか3安打となった。下半身に不安を抱える二岡のバックアップ要員としてチーム優勝に貢献したものの、肩を痛めて8月3日の出場を最後に1軍登録を抹消された。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た高村祐

    初盗塁:1997年4月8日、対近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、3回表に二盗(投手:高村祐、捕手:的山哲也)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たTAK MATSUMOTO

    『FIGHTING BULL』TAK MATSUMOTO(2010年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た吉田填一郎

    2000年、2001年とオールスターに出場した際、日本テレビアナウンサーの吉田填一郎が誤って小坂を「ロッテオリオンズの小坂」と紹介。その他の選手は「ロッテマリーンズの○○」と呼ばれていた中、1人だけオリオンズとされていた。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示