85件中 31 - 40件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見たTAK MATSUMOTO

    『FIGHTING BULL』TAK MATSUMOTO(2010年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た西崎幸広

    初打席・初安打:同上、1回表に西崎幸広から中前安打小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た本柳和也

    200盗塁:2002年7月22日、対オリックス・ブルーウェーブ15回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏に二盗(投手:本柳和也、捕手:日高剛) ※史上63人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た種田仁

    、楽天育成コーチ(野手担当)に就任。2011年5月15日、二軍内野守備走塁コーチへと異動。は育成コーチ(野手担当)に復帰予定だったが、後任の種田仁が1月に退団したため、引き続き二軍内野守備走塁コーチを務める。2013年11月5日、辞任を申し入れ退団。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たトム・マストニー

    、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節が入るなど地元ファンからの期待は大きかったが、シーズン当初は巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだった。5月に内野のレギュラーであった渡辺直人・高須洋介が相次いで故障すると、次第にスタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦では、8回一死二・三塁の場面で三塁走者・草野大輔の代走として出場すると、中村紀洋の二塁ゴロの間に内野の前進守備をかいくぐる好走塁で決勝点のホームを踏み、初となる地元でのお立ち台に登った。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦では、延長12回一死満塁の場面で荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりとなるサヨナラ安打を打った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た二岡智宏

    の巨人は遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久がいたが、小坂は開幕二塁手のスタメンを勝ち取り、この年はほとんど二塁で起用された。同年4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成したものの、打率1割台と極度の不振となり、シーズン終了後には大幅減俸を受け入れ、10月には若手と共にフェニックスリーグに参加した。10月27日 シーズン中に取得したFA権を行使せずに巨人に残留することを表明。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た堀幸一

    1月1日に入籍。4月22日、通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日、通算250盗塁を達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)で活躍し、打率.283、出塁率.353、自己最高となる4本塁打を記録。チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献した。通算4度目となるゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たプロ野球コーチ

    小坂 誠(こさか まこと、1973年7月2日 - )は、宮城県亘理郡出身の元プロ野球選手(内野手)、コーチ。現役時代はゴールデングラブ賞を4度受賞した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たインナー・サークル (バンド)

    『オブラディオブラダ(レゲエバージョン)』インナー・サークル(2009年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た広岡達朗

    ヤクルトスワローズのスカウトを務めていた佐藤孝夫(白石市出身で仙台鉄道管理局から国鉄スワローズに入団)がその才能を見出して獲得するよう推薦したが、低身長を理由に却下された。小坂をあきらめきれない佐藤は千葉ロッテマリーンズのGM広岡達朗(元ヤクルト監督)に「ヤクルトは取らないけれど、背は低いが守備範囲の広い選手なんだ」と推薦し、実際に小坂を調査した広岡は即座に獲得を決意。11996年度のドラフト会議で5位指名された。背番号は00。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示