106件中 41 - 50件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た西崎幸広

    初打席・初安打:同上、1回表に西崎幸広から中前安打小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た本柳和也

    200盗塁:2002年7月22日、対オリックス・ブルーウェーブ15回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏に二盗(投手:本柳和也、捕手:日高剛) ※史上63人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た種田仁

    2011年、楽天育成コーチ(野手担当)に就任。2011年5月15日、二軍内野守備走塁コーチへと異動。2012年は育成コーチ(野手担当)に復帰予定だったが、後任の種田仁が1月に退団したため、引き続き二軍内野守備走塁コーチを務める。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たトム・マストニー

    2009年、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節を含む。巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだったが、5月にレギュラーの2人が相次いで故障し、スタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦で代走として出場し、2塁ゴロでホームインし、決勝点となる。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦の12回に、荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりのサヨナラ安打を打つ。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た佐藤孝夫

    プロ1年目の1997年、ルーキーながらショートのレギュラーを獲得。3.4月の月間MVPを獲得し、シーズン全試合出場を果たすなど活躍を見せて新人王に選ばれる。この年に記録した56盗塁はそれまでの新人最多記録である佐藤孝夫の45盗塁を遥かに凌ぐ記録であり、現在も破られていない。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た二岡智宏

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た関根裕之

    初犠打:同上、7回表に関根裕之から投手前犠打小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たモーガン・バークハート

    2002年と2003年には千葉マリンスタジアムで、「小坂スチール弁当」が販売された。2002年にはホークスとの開幕カード3試合目で併殺を阻止しようとしたランナー・バークハートのタックルにより右足を骨折した。これは弁当の呪いの一例として数えられている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た堀幸一

    2005年1月1日に入籍。4月22日 通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日 通算250盗塁達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)活躍し、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。ゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。ロッテで付けていた背番号1が巨人では永久欠番になっていたこともあり、同年に引退した元木大介の2を引き継ぐことになった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たオリックス・バファローズ

    200盗塁:2002年7月22日、対オリックス・ブルーウェーブ15回戦(千葉マリンスタジアム)、6回裏に二盗(投手:本柳和也、捕手:日高剛) ※史上63人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示