106件中 51 - 60件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見たコンタクトレンズ

    2003年には通算50三塁打を達成する。2004年は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た福岡ソフトバンクホークス

    2002年と2003年には千葉マリンスタジアムで、「小坂スチール弁当」が販売された。2002年にはホークスとの開幕カード3試合目で併殺を阻止しようとしたランナー・バークハートのタックルにより右足を骨折した。これは弁当の呪いの一例として数えられている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た阪神甲子園球場

    250盗塁:2005年6月3日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、1回表に二盗(投手:安藤優也、捕手:矢野輝弘) ※史上36人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た2009年

    2009年、楽天初の地元(宮城県)出身選手として楽天入り。新たに作られた応援歌には「宮城の星」という節を含む。巨人時代と同じく代走や守備固めで起用されることがほとんどだったが、5月にレギュラーの2人が相次いで故障し、スタメンでも起用されるようになる。5月3日の対オリックス戦で代走として出場し、2塁ゴロでホームインし、決勝点となる。5月25日の対横浜戦でトム・マストニーから4年ぶりの本塁打を打つ。また、8月16日の対ロッテ戦の12回に、荻野忠寛からルーキーイヤー以来12年ぶりのサヨナラ安打を打つ。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たナゴヤドーム

    2000年のナゴヤドームで行われた「オールスター大運動会」で俊足の小坂に対し、恰幅良く鈍足と思われる阪神の中込伸と2人で100m徒競走を行うという企画が行われた。中込には半分の50m地点から同時に走るというアドバンテージがつけられ、差は縮まったものの、大方の予想に反し中込の圧勝だった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た大阪近鉄バファローズ

    初盗塁:1997年4月8日、対近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、3回表に二盗(投手:高村祐、捕手:的山哲也)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た川崎球場

    通算本塁打数は19本と少ないが、2000年3月26日オープン戦の対横浜戦で1イニング2本塁打を記録している。この試合はロッテのかつての本拠地で、狭いことで有名だった川崎球場の取り壊し記念の最終戦で、両軍合わせて10本塁打が飛び出し、スコアも22-6(ロッテ勝利)という乱打戦だった。小柄な体格ゆえにパワーが無いと思われがちだが、広い福岡ドームで本塁打を放ったこともある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た遊撃手

    プロ1年目の1997年、ルーキーながらショートのレギュラーを獲得。3.4月の月間MVPを獲得し、シーズン全試合出場を果たすなど活躍を見せて新人王に選ばれる。この年に記録した56盗塁はそれまでの新人最多記録である佐藤孝夫の45盗塁を遥かに凌ぐ記録であり、現在も破られていない。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三塁打

    2003年には通算50三塁打を達成する。2004年は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三塁手

    2006年 監督に復帰した原辰徳の構想では三塁小久保裕紀、遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久と内野のレギュラーが確定していたため、「新生原巨人」でのキャンプでは「内野守備・走塁のスペシャリスト」としてセカンド・サードの守備にとりくんでいたが、正二塁手仁志の極度の打撃不振もあり開幕2番セカンドのスタメンを勝ち取り、この年は二塁での起用が殆どとなった(二岡の守備固めでない、ショートでの先発は二岡欠場時の2試合のみとなった)。4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成。5月24日 巨人に移籍後、初めてお立ち台に立った。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示