85件中 51 - 60件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    千葉ロッテマリーンズに入団して以来、ロッテの1軍では2004年に一度だけ三塁手を守った(攻撃中にベンチ裏で味方選手の素振りしていたバットが、三塁を守っていた今江敏晃の頭部に当たるというアクシデントがあったため)以外は9年間遊撃手のレギュラーを守り続けた。2軍やオールスターでは二塁手なども経験しているが、移籍時に一部スポーツ紙で「2005年に二塁を守った」という記事が掲載されたのは誤りである。巨人に移籍後は、二塁・三塁守備を習得して「内野守備・走塁のスペシャリスト」(2006年前半は仁志の打撃不振から事実上の正二塁手として起用された)として期待され、3ポジションで持ち前の守備力を発揮したが、打撃不振や故障により実力を十分に発揮することができなかった。楽天では本職である遊撃手(主に相手の先発投手が右投げであった場合)の他にも、細かい怪我の多い高須洋介の守備負担を減らすために二塁手を務めることもあった。また、守備コーチとしての役割も期待されている。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た宮城球場

    1月1日に入籍。4月22日、通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日、通算250盗塁を達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)で活躍し、打率.283、出塁率.353、自己最高となる4本塁打を記録。チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献した。通算4度目となるゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た横浜DeNAベイスターズ

    の巨人は遊撃二岡智宏、二塁仁志敏久がいたが、小坂は開幕二塁手のスタメンを勝ち取り、この年はほとんど二塁で起用された。同年4月15日の対横浜ベイスターズ5回戦(横浜)で、通算1000本安打達成したものの、打率1割台と極度の不振となり、シーズン終了後には大幅減俸を受け入れ、10月には若手と共にフェニックスリーグに参加した。10月27日 シーズン中に取得したFA権を行使せずに巨人に残留することを表明。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三塁打

    には通算50三塁打を達成し、2年ぶりに100安打以上をマークした。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た三塁手

    はそれまで一度しか守ったことがなかった三塁を守ることあったが、出場試合数はさらに減少し、シーズン終了後金銭トレードでの東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍となった。背番号は32。巨人からは二軍コーチへの就任を打診されていたが、現役にこだわりたいとの思いから自分で移籍を願い出たという。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た宮城県

    小坂 誠(こさか まこと、1973年7月2日 - )は、宮城県亘理郡出身の元プロ野球選手(内野手)、コーチ。現役時代はゴールデングラブ賞を4度受賞した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た大阪ドーム

    初盗塁:1997年4月8日、対近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、3回表に二盗(投手:高村祐、捕手:的山哲也)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たJR東日本東北硬式野球部

    少年野球時代はチームの後輩に小野淳一。山元町立山下中学校卒業。宮城県柴田高等学校では甲子園出場はなく、高校卒業後は社会人野球のJR東日本東北硬式野球部に在籍。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た犠打

    から背番号を6に変更。3月30日、セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。出場機会は減少し、1シーズンを通した安打数はわずか3本となった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た補殺

    シーズン補殺:パ・リーグ遊撃手記録:492(2001年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示