106件中 71 - 80件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た犠打

    2007年から背番号を6に変更(北海道日本ハムファイターズからFA権を行使して移籍してきた小笠原道大が日本ハム時代と同じ背番号2をもらったため)。3月30日、セ・リーグ開幕戦の対横浜戦(横浜)で史上10人目の通算250犠打を達成。翌年初頭に、越年で契約更改。肩の故障の経過を見たうえでの契約となった。セ・リーグに合わせて打球を上げる打撃スタイルなどを修正し、シーズン当初は開幕スタメンショートで押し出し四球を記録するなど活躍したが、チームの貧打により二岡が1軍昇格するとスタメンは二岡で固定され、仁志が移籍したセカンドも木村拓也や脇谷亮太が起用されることが多かった。出場機会は二岡と交代での守備固め、もしくは代走に限られ、1シーズンを通したヒット数はわずか3安打となった。下半身に不安を抱える二岡のバックアップ要員としてチーム優勝に貢献したものの、肩を痛めて8月3日の出場を最後に1軍登録を抹消された。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たリチャードホール

    芸人に守備のうまさをネタにされることが多い。上田晋也がリチャードホールのコントで、「なんであんたそんな拾いづらいとこ拾うんだよ!ロッテの小坂か!?」や、石橋貴明のとんねるずのみなさんのおかげでした食わず嫌い王での、「ロッテ(巨人)の小坂並に守備範囲広いですね?」などがある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た補殺

    シーズン補殺:パ・リーグ遊撃手記録:492(2001年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た福岡ドーム

    通算本塁打数は19本と少ないが、2000年3月26日オープン戦の対横浜戦で1イニング2本塁打を記録している。この試合はロッテのかつての本拠地で、狭いことで有名だった川崎球場の取り壊し記念の最終戦で、両軍合わせて10本塁打が飛び出し、スコアも22-6(ロッテ勝利)という乱打戦だった。小柄な体格ゆえにパワーが無いと思われがちだが、広い福岡ドームで本塁打を放ったこともある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    その後、1996年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズからドラフト5位指名を受けて入団。背番号は00。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た宮城球場

    1000試合出場:2005年4月22日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(フルキャストスタジアム宮城)、1番・遊撃手として先発出場 ※史上401人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たとんねるずのみなさんのおかげでした

    芸人に守備のうまさをネタにされることが多い。上田晋也がリチャードホールのコントで、「なんであんたそんな拾いづらいとこ拾うんだよ!ロッテの小坂か!?」や、石橋貴明のとんねるずのみなさんのおかげでした食わず嫌い王での、「ロッテ(巨人)の小坂並に守備範囲広いですね?」などがある。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た横浜DeNAベイスターズ

    1000本安打:2006年4月15日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、9回表に仁志敏久の代打で出場、木塚敦志から左中間二塁打 ※史上239人目小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (好捕賞:2001年6月)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た盗塁

    盗塁王:2回 (1998年、2000年)小坂誠 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示