1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 小坂誠

    小坂誠から見た2005年の日本シリーズ

    1月1日に入籍。4月22日、通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日、通算250盗塁を達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)で活躍し、打率.283、出塁率.353、自己最高となる4本塁打を記録。チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献した。通算4度目となるゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た眼鏡

    は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た月間MVP (日本プロ野球)

    (1年目)の開幕から遊撃手のレギュラーを獲得。3.4月の月間MVPを獲得し、シーズン全試合出場を果たすなど活躍を見せて新人王に選ばれる。盗塁王のタイトルは松井稼頭央が獲得したが、この年に記録した56盗塁はそれまでの新人最多記録である佐藤孝夫の45盗塁を大きく上回る記録であり、現在も破られていない。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た野球の背番号

    ヤクルトスワローズのスカウトを務めていた佐藤孝夫(白石市出身で仙台鉄道管理局から国鉄スワローズに入団)がその才能を見出して獲得するよう推薦したが、低身長を理由に却下された。小坂をあきらめきれない佐藤は千葉ロッテマリーンズのGM広岡達朗(元ヤクルト監督)に「ヤクルトは取らないけれど、背は低いが守備範囲の広い選手なんだ」と推薦し、実際に小坂を調査した広岡は即座に獲得を決意。11996年度のドラフト会議で5位指名された。背番号は00。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たWin Shares

    守備Win Sharesではロッテの遊撃手としては歴代No.1の数値を記録(2010年終了時点)。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示