38件中 11 - 20件表示
  • アレクセイ・ミーシン

    アレクセイ・ミーシンから見た小塚崇彦小塚崇彦

    近年では、上述した本質的スケート技術を新たな領域へと進歩させ、さらに四回転ジャンプまで跳べるパトリック・チャンや小塚崇彦を非常に高く評価しているが、チャンのGOEと演技構成点は実際に彼が実行した内容とそぐわず、また現在の状況はフィギュアスケートの前進ではないとも指摘している。アレクセイ・ミーシン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤信夫

    佐藤信夫から見た小塚崇彦小塚崇彦

    初めて世界の表彰台に立った教え子は、都築章一郎とともに指導した佐野稔。以来、佐藤有香、荒川静香、安藤美姫、村主章枝、中野友加里らを指導してきた。現在は浅田真央、小塚崇彦らのコーチを務めている。2010年に世界フィギュアスケート殿堂入り。佐藤信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤久美子

    佐藤久美子から見た小塚崇彦小塚崇彦

    1969年に同じ関西大学出身でフィギュアスケート選手の佐藤信夫と結婚する。1990年代に活躍したフィギュアスケート選手佐藤有香は娘である。2006年のトリノオリンピックフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香のコーチをニコライ・モロゾフと共同で務めた。現在は夫の信夫をサポートする格好で小塚崇彦らの指導、振付なども行っている。佐藤久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤有香

    佐藤有香から見た小塚崇彦小塚崇彦

    コーチ兼振付師としても活動をはじめ、1998年頃からは日本人選手の指導も行うようになり、1998-1999年シーズンは荒川静香の振付も担当。現在はデトロイトスケートクラブを拠点にし、アリッサ・シズニーやジェレミー・アボットの指導、小塚崇彦の振付を行っている。佐藤有香 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回全日本フィギュアスケート選手権

    第80回全日本フィギュアスケート選手権から見た小塚崇彦小塚崇彦

    男子シングルは、膝の怪我のため織田信成が欠場し、前回王者の小塚崇彦、4度の優勝経験を持つ?橋大輔、グランプリシリーズで躍進した羽生結弦による三つ巴の争いとなった。その中で、ショートプログラムで2位の小塚に10点以上差をつけた?橋が、フリースケーティングで逃げきる形で2年振り5度目の優勝を果たした。第80回全日本フィギュアスケート選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た小塚崇彦小塚崇彦

    2月27日 - 小塚崇彦(愛知県、フィギュアスケート)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • フレンズ・オン・アイス

    フレンズ・オン・アイスから見た小塚崇彦小塚崇彦

    2008年7月5日、6日に開催。荒川静香、田村岳斗、恩田美栄、本田武史、中野友加里、?橋大輔、佐藤有香、エヴァン・ライサチェク、井上怜奈&ジョン・ボルドウィン組、龐清&佟健組、シェイリーン・ボーン、中庭健介、タニス・ベルビン&ベンジャミン・アゴスト組、小塚崇彦、宮本賢二が参加し、未来を担う子供たち代表として男女計9名も参加した。フレンズ・オン・アイス フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤翔

    伊藤翔から見た小塚崇彦小塚崇彦

    サッカーにおいては、15歳から各世代の代表に選出され、FC.FERVOR愛知から中京大学附属中京高等学校に進学。3年生になるとキャプテンマークを引き継ぐ。なお、高校時代のクラスの同窓にはフィギュアスケート選手の小塚崇彦がいた。伊藤翔 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年世界フィギュアスケート選手権

    2012年世界フィギュアスケート選手権から見た小塚崇彦小塚崇彦

    今大会は日本選手の活躍が目立った。派遣選手はグランプリシリーズやグランプリファイナル、全日本選手権等の成績から選考が行われ、男子シングルに?橋大輔、小塚崇彦、羽生結弦、女子シングルに浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、ペアに高橋成美/マーヴィン・トラン組、アイスダンスにキャシー・リード/クリス・リード組が選出。?橋が2位になった他、羽生、鈴木、高橋/トラン組が初の銅メダルを獲得した。男子シングルで日本選手が複数名表彰台に上がったのは初めてのことであり、またペアでのメダル獲得も初の快挙であった。2012年世界フィギュアスケート選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権は、SPでフェンスに激突し、フリーでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計は13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠は辛うじて最大の「3」を確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード