46件中 31 - 40件表示
  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、グランプリシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権では、SPでフェンスに激突し、FSでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トゥループ-3回転トゥループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計が13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」を辛うじて確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団

    2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団から見た小塚崇彦小塚崇彦

    小塚崇彦(トヨタ自動車)8位(SP:79.59+FS:151.60=231.19)2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡クラシックホテル

    蒲郡クラシックホテルから見た小塚崇彦小塚崇彦

    つつじの名所としても知られ、ゴールデンウィークには「つつじまつり」が開かれる。かつてフィギュアスケート選手小塚崇彦の父である小塚嗣彦が支配人を務めていた。蒲郡クラシックホテル フレッシュアイペディアより)

  • 2011年四大陸フィギュアスケート選手権

    2011年四大陸フィギュアスケート選手権から見た小塚崇彦小塚崇彦

    男子シングルは?橋大輔が圧倒し3年振り2度目の優勝。羽生結弦がジェレミー・アボットを抑え熾烈な2位争いを制す。小塚崇彦はSP6位からFS2位で追い上げるも惜しくもメダルに届かなかった。2011年四大陸フィギュアスケート選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た小塚崇彦小塚崇彦

    松岡修造率いるフィギュアスケート日本代表チーム(浅田真央、安藤美姫、小塚崇彦、織田信成、高橋大輔)と対戦。初戦のダブルス、2戦目の巨大卓球台を使用した2人vs6人の変則マッチ共にとんねるずが勝利し、コーナー開始以来とんねるずが6戦目にして初勝利を飾った。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た小塚崇彦小塚崇彦

    【フィギュアスケート】 日本スケート連盟は、2010年バンクーバー五輪代表で2011年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦が3月一杯で現役を引退すると発表。今後は現所属先であるトヨタ自動車の社員として活動する。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 村上大介

    村上大介から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2006年の全米選手権ではジュニアクラスで4位となり、世界ジュニア選手権代表に選出、世界ジュニア選手権では11位となる。なおこのときには、日本代表で大会に優勝した小塚崇彦のインタビューで通訳をかって出ている。村上大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大島由香里

    大島由香里から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2015年7月、フィギュアスケートの小塚崇彦との婚約を発表。2016年2月20日に結婚した。同年11月19日、第1子妊娠を公表。大島由香里 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大輔 (フィギュアスケート選手)

    高橋大輔 (フィギュアスケート選手)から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2010-2011シーズン、GPシリーズ初戦NHK杯ではFSで3シーズンぶりに4回転トウループを成功させ優勝。続くスケートアメリカでも優勝、日本人男子として最多となるGPシリーズ6勝目を挙げた。GPファイナルでは練習中に小塚崇彦と衝突して首がむち打ちのような状態になり、本番では4位に終わった。首の状態がさらに悪化した状態で臨んだ全日本選手権では3位に入った。四大陸選手権では3年ぶり2度目の優勝を達成。当初東京で開催予定ながら東日本大震災の影響で1か月延期、モスクワで代替開催の世界選手権では、FS冒頭の4回転トウループが1回転に抜ける着氷失敗時、スケート靴のビスが外れるアクシデントに見舞われる。ビスを留める為約2分中断後に演技を再開したが、3回転サルコウの転倒などが響き総合5位に終わった。高橋大輔 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た小塚崇彦小塚崇彦

    2009-2010シーズン、初戦のJGP トルン杯でJGP初優勝。続くクロアチア杯でも優勝し、JGPファイナルでは史上最年少(14歳)で総合優勝を果たした。全日本ジュニア選手権では2連覇を達成し、全日本選手権ではショートプログラム13位から、フリースケーティングの演技後半に3回転アクセル-3回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを決めるなどして追い上げ、総合6位となった。世界ジュニア選手権ではフリースケーティングで大幅にパーソナルベストを更新して優勝。日本人男子としては初の中学生で、高橋大輔(2002年)、織田信成(2005年)、小塚崇彦(2006年)に続く、4人目の世界ジュニアチャンピオンになった。2010年4月、東北高校に進学。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード