前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た本田武史

    全日本ノービス選手権Bクラス2連覇(1998-1999、1999-2000)、同Aクラス2連覇(2000-2001、2001-2002)。1999-2000には全日本ジュニア選手権に初出場し、9位に入っている。ジュニア3年目の2004-2005シーズン、全日本選手権のショートプログラム (SP) で本田武史らを抑えて1位に立ち、注目を浴びる。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た入江陵介

    競泳の入江陵介選手とは中京大学近くのゴルフ場で知り合い、親しくしている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た織田信成 (フィギュアスケート選手)

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た佐藤信夫

    5歳の時、佐藤有香の世界選手権優勝の演技を現地で観戦し、そのスケーティングに魅了されたことがきっかけで本格的にスケートを習い始める。当初、両親の指導のもとで研鑽を重ねてきたが、小学生の頃から佐藤信夫・久美子夫妻の指導を受けている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た高橋大輔 (フィギュアスケート選手)

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たトヨタ自動車

    愛知県名古屋市出身。中京大学附属中京高等学校卒業。2007年4月よりトヨタ自動車に所属しながら中京大学体育学部に社会人学生として進学。2011年4月より中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程に進学した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た学研ホールディングス

    小塚崇彦写真集 『TAKAHIKO』 緒方秀美・撮影(学研・2011年12月13日)小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たバンクーバーオリンピック

    2008-2009シーズン、初戦のスケートアメリカでGPシリーズ初優勝を果たし、日本人男子4人目のGPシリーズ優勝者となった。続くエリック杯で総合2位になり、初めてGPファイナルに進む。GPファイナルではSPで首位に立ったが、フリースケーティング(フリー)で2度の転倒があり、総合2位となった。四大陸選手権ではフリーの4回転トウループで転倒するも認定され、総合3位に入った。このシーズンはフリーで4回転トウループに挑み続けていたが、世界選手権では4回転抜きの確実な構成で臨み、同大会で日本男子最高の総合6位。総合7位だった織田信成との順位合計は13となり、目標に掲げていた翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」を確保した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た緒方秀美

    小塚崇彦写真集 『TAKAHIKO』 緒方秀美・撮影(学研・2011年12月13日)小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た小塚嗣彦

    祖父の小塚光彦(1916年 - 2011年)は旧満州のフィギュアスケートチャンピオン。帰国後は愛知県スケート連盟、オリオンFSCを創設し、山田満知子や門奈裕子らを育てた。父の小塚嗣彦は1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。母の小塚幸子(旧姓・坂野)、叔母の坂野浩子もフィギュアスケート選手だった。そのため、『日本フィギュア界のサラブレッド』とも呼ばれる。現在、愛知県には光彦の名を冠した「小塚杯」が開催されている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード