1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
96件中 91 - 96件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2013年チャレンジカップ (フィギュアスケート)

    2012-2013シーズン、GPシリーズは初戦のスケートアメリカで自己ベスト更新のSP2位から逆転優勝、2戦目のロステレコム杯で2位。通算3度目のGPファイナルの進出を決めたが、総合5位に留まった。全日本選手権では本番前に足の怪我を抱えながら強行出場するも、総合5位に終わり6年ぶりに表彰台を逃した。大会後の検査で、右足の腱鞘炎により全治1ヶ月と診断された。怪我の影響によりエントリーしていたチャレンジカップを欠場。ガルデナスプリング杯で大会復帰し優勝をした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た第83回全日本フィギュアスケート選手権

    2014-2015シーズン、スケートカナダでは8位、ロステレコム杯は6位で2007-2008シーズン以来初めて両方の大会でメダルを獲得できなかった。全日本選手権ではSP6位だったもののFS2位と逆転し、同大会で2年連続3位の表彰台に登り、2年連続通算7回目の世界選手権代表入りを決める。しかし、世界選手権のSPでは3つのジャンプ全て失敗し19位と大きく出遅れてしまい、FSは1番滑走で順位を上げる(FSのみは9位)も、過去ワースト成績の総合12位に終わった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2016年世界フィギュアスケート選手権

    2015-2016シーズン、現役続行を決めたものの左足首腱鞘炎により中国杯を欠場。ロステレコム杯ではGPシリーズで過去最低の9位に沈む。全日本選手権でも5位に留まり、四大陸選手権及び世界選手権共に代表落ちとなった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た愛知県

    小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た埼玉トヨペット Green Brave

    2018年1月にはレーシングチームの『埼玉トヨペット Green Brave』が開催する育成プログラム入りすることが発表され、国内最大規模を誇る自動車のワンメイクレースの86/BRZレースへの参戦を目指すこととなった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た幼馴染

    2017年4月10日、同じくフィギュアスケート選手(女子シングル)でかつ名古屋市出身の幼馴染だった、浅田真央が自らの公式ブログにおいて現役引退を公表後、翌4月11日にフジテレビ系列「バイキング」に出演した小塚は、その事前にプライベートで浅田から直接引退することを打ち明けられていた、と語っている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
96件中 91 - 96件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード