96件中 21 - 30件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た中京大学

    中京大学附属中京高等学校卒業。2007年4月よりトヨタ自動車に所属しながら中京大学体育学部に社会人学生として進学。2011年4月より中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程に進学、2016年3月に修了した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た東日本大震災

    2010-2011シーズン、GPシリーズは中国杯、エリック杯と連続優勝。ポイントランキング1位の成績で進出したGPファイナルでは総合3位となった。7度目の出場となった全日本選手権で初優勝。かつて全日本3連覇を果たした父に続き、男子では史上初の全日本親子制覇となった。東日本大震災の影響で1か月延期、日本・東京からロシア・モスクワに代替開催となった世界選手権では、予選をトップで通過。SPでは3回転アクセルの失敗で6位と出遅れたが、FSでは4回転トウループを国際試合で初めてクリーンに決めるなど、他ジャンプもミス無く完璧な演技を披露。全員のジャッジが全ての演技要素に、1点以上のGOE加点を付ける高得点でFS2位となり、総合2位に入り世界選手権で自身初の銀メダルを獲得し、日本男子選手としては史上4人目の同大会メダリストに輝いた。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た中京大学附属中京高等学校

    中京大学附属中京高等学校卒業。2007年4月よりトヨタ自動車に所属しながら中京大学体育学部に社会人学生として進学。2011年4月より中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程に進学、2016年3月に修了した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た文部科学省

    文部科学省・国際競技大会優秀者表彰小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た名古屋市

    小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2011年世界フィギュアスケート選手権

    主な実績に、2010年バンクーバーオリンピック8位、2011年世界選手権2位、2008年GPファイナル2位、2010年全日本選手権優勝、2006年世界ジュニア選手権優勝など。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た第79回全日本フィギュアスケート選手権

    主な実績に、2010年バンクーバーオリンピック8位、2011年世界選手権2位、2008年GPファイナル2位、2010年全日本選手権優勝、2006年世界ジュニア選手権優勝など。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008/2009 ISUグランプリファイナル

    主な実績に、2010年バンクーバーオリンピック8位、2011年世界選手権2位、2008年GPファイナル2位、2010年全日本選手権優勝、2006年世界ジュニア選手権優勝など。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たフリースケーティング

    2008-2009シーズン、初戦のスケートアメリカでGPシリーズ初優勝を果たし、日本人男子4人目のGPシリーズ優勝者となった。続くエリック杯で総合2位になり、初めてGPファイナルに進む。GPファイナルではSPで首位に立ったが、FSで2度の転倒があり、総合2位となった。四大陸選手権ではフリーの4回転トウループで転倒するも認定され、総合3位に入り銅メダルを獲得。このシーズンはFSで4回転トウループに挑み続けていたが、世界選手権では4回転抜きの確実な構成で臨み、同大会で日本男子最高の総合6位。総合7位だった織田信成との順位合計は「13」となり、目標に掲げていた翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」をギリギリで確保した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たシングルスケーティング

    小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード