62件中 31 - 40件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たショートプログラム

    全日本ノービス選手権Bクラス2連覇(1998-1999、1999-2000)、同Aクラス2連覇(2000-2001、2001-2002)。1999-2000には全日本ジュニア選手権に初出場し、9位に入っている。ジュニア3年目の2004-2005シーズン、全日本選手権のショートプログラム (SP) で本田武史らを抑えて1位に立ち、注目を浴びる。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た満州

    祖父の小塚光彦(1916年 - 2011年)は旧満州のフィギュアスケートチャンピオン。帰国後は愛知県スケート連盟、オリオンFSCを創設し、山田満知子や門奈裕子らを育てた。父の小塚嗣彦は1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。母の小塚幸子(旧姓・坂野)、叔母の坂野浩子もフィギュアスケート選手だった。そのため、『日本フィギュア界のサラブレッド』とも呼ばれる。現在、愛知県には光彦の名を冠した「小塚杯」が開催されている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2011年スケートアメリカ

    2011-2012シーズン、グランプリシリーズはスケートアメリカで3位、NHK杯2位となるも、3度目のGPファイナル進出はならなかった。連覇のかかった全日本選手権では、SPで回避した4回転トウループをフリーでクリーンに決めたが、後半の3回転アクセルの転倒がひびき、3.63点差で逆転優勝ならず2位に留まったが、5回目の世界選手権への出場を決めた。しかし期待された世界選手権は、SP・フリー共に4回転トウループの着氷に失敗、他のジャンプにもミスが目立ち総合11位に敗れ2大会連続のメダル獲得はならなかった。世界国別対抗戦も自身の成績は総合6位に留まったが、日本代表としては同大会初の総合優勝を果たしている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008年エリック・ボンパール杯

    2008-2009シーズン、初戦のスケートアメリカでGPシリーズ初優勝を果たし、日本人男子4人目のGPシリーズ優勝者となった。続くエリック杯で総合2位になり、初めてGPファイナルに進む。GPファイナルではSPで首位に立ったが、フリースケーティング(フリー)で2度の転倒があり、総合2位となった。四大陸選手権ではフリーの4回転トウループで転倒するも認定され、総合3位に入った。このシーズンはフリーで4回転トウループに挑み続けていたが、世界選手権では4回転抜きの確実な構成で臨み、同大会で日本男子最高の総合6位。総合7位だった織田信成との順位合計は13となり、目標に掲げていた翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」を確保した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008年世界フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、4度目の出場となった全日本選手権で2位となり、四大陸選手権と世界選手権行きの切符を手にした。四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た全日本フィギュアスケートジュニア選手権

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2006/2007 ISUグランプリシリーズ

    2006-2007シーズンからシニアに参戦し、ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)2戦目のNHK杯で総合3位となり早くも初の表彰台に上がった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た日本

    小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008年四大陸フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、4度目の出場となった全日本選手権で2位となり、四大陸選手権と世界選手権行きの切符を手にした。四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2010年中国杯

    2010-2011シーズン、グランプリシリーズは中国杯、エリック杯と連続優勝。ポイントランキング1位の成績で進出したGPファイナルでは総合3位となった。7度目の出場となった全日本選手権で初優勝。かつて全日本3連覇を果たした父に続き、男子では史上初の全日本親子制覇となった。東日本大震災の影響で1か月延期、日本・東京からロシア・モスクワに代替開催となった世界選手権では、予選をトップで通過。SPでは3回転アクセルの失敗で6位と出遅れたが、フリーでは4回転トウループを国際試合で初めてクリーンに決めるなど、他ジャンプもミス無く完璧な演技を披露。全員のジャッジが全ての演技要素に、1点以上のGOE加点を付ける高得点でフリー2位となり、総合2位に入り世界選手権で自身初の銀メダルを獲得し、日本男子選手としては史上4人目の同大会メダリストに輝いた。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード