96件中 41 - 50件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008年世界フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、4度目の出場となった全日本選手権で2位となり、四大陸選手権と世界選手権行きの切符を手にした。四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た全日本フィギュアスケートジュニア選手権

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2014年ロステレコム杯

    2014-2015シーズン、スケートカナダでは8位、ロステレコム杯は6位で2007-2008シーズン以来初めて両方の大会でメダルを獲得できなかった。全日本選手権ではSP6位だったもののFS2位と逆転し、同大会で2年連続3位の表彰台に登り、2年連続通算7回目の世界選手権代表入りを決める。しかし、世界選手権のSPでは3つのジャンプ全て失敗し19位と大きく出遅れてしまい、FSは1番滑走で順位を上げる(FSのみは9位)も、過去ワースト成績の総合12位に終わった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2009年四大陸フィギュアスケート選手権

    2008-2009シーズン、初戦のスケートアメリカでGPシリーズ初優勝を果たし、日本人男子4人目のGPシリーズ優勝者となった。続くエリック杯で総合2位になり、初めてGPファイナルに進む。GPファイナルではSPで首位に立ったが、FSで2度の転倒があり、総合2位となった。四大陸選手権ではフリーの4回転トウループで転倒するも認定され、総合3位に入り銅メダルを獲得。このシーズンはFSで4回転トウループに挑み続けていたが、世界選手権では4回転抜きの確実な構成で臨み、同大会で日本男子最高の総合6位。総合7位だった織田信成との順位合計は「13」となり、目標に掲げていた翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」をギリギリで確保した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2013/2014 ISUグランプリファイナル

    2013-2014シーズン、スケートアメリカで6位と不調、中国杯では3位に留まりGPファイナル進出を逃す。全日本選手権では3位となるも、グランプリシリーズの成績不振が響いて、ソチオリンピックの代表には惜しくも選出されなかった。四大陸選手権では、優勝した無良崇人に次ぐ総合2位で銀メダルを獲得。世界選手権代表は当初補欠選出だったものの高橋(ソチ五輪6位)がケガによる出場辞退で、小塚が急遽繰り上がり同大会2年ぶりに出場。準備期間が僅か3週間の調整ながらもSP・FS共に6位の総合6位に入った。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2006/2007 ISUグランプリシリーズ

    2006-2007シーズンからシニアに参戦し、ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)2戦目のNHK杯で総合3位となり早くも初の表彰台に上がった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た日本

    小塚 崇彦(こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2005/2006 ISUジュニアグランプリ

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2008年四大陸フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、4度目の出場となった全日本選手権で2位となり、四大陸選手権と世界選手権行きの切符を手にした。四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2013年スケートアメリカ

    2013-2014シーズン、スケートアメリカで6位と不調、中国杯では3位に留まりGPファイナル進出を逃す。全日本選手権では3位となるも、グランプリシリーズの成績不振が響いて、ソチオリンピックの代表には惜しくも選出されなかった。四大陸選手権では、優勝した無良崇人に次ぐ総合2位で銀メダルを獲得。世界選手権代表は当初補欠選出だったものの高橋(ソチ五輪6位)がケガによる出場辞退で、小塚が急遽繰り上がり同大会2年ぶりに出場。準備期間が僅か3週間の調整ながらもSP・FS共に6位の総合6位に入った。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード