96件中 61 - 70件表示
  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た第76回全日本フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、4度目の出場となった全日本選手権で2位となり、四大陸選手権と世界選手権行きの切符を手にした。四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たISUジュニアグランプリファイナル

    2005-2006シーズン、ISUジュニアグランプリ (JGP) 初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。JGPファイナルでは日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。全日本ジュニア選手権も制し、世界ジュニア選手権では日本人男子として高橋大輔、織田信成以来3人目の優勝を果たした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2010年エリック・ボンパール杯

    2010-2011シーズン、GPシリーズは中国杯、エリック杯と連続優勝。ポイントランキング1位の成績で進出したGPファイナルでは総合3位となった。7度目の出場となった全日本選手権で初優勝。かつて全日本3連覇を果たした父に続き、男子では史上初の全日本親子制覇となった。東日本大震災の影響で1か月延期、日本・東京からロシア・モスクワに代替開催となった世界選手権では、予選をトップで通過。SPでは3回転アクセルの失敗で6位と出遅れたが、FSでは4回転トウループを国際試合で初めてクリーンに決めるなど、他ジャンプもミス無く完璧な演技を披露。全員のジャッジが全ての演技要素に、1点以上のGOE加点を付ける高得点でFS2位となり、総合2位に入り世界選手権で自身初の銀メダルを獲得し、日本男子選手としては史上4人目の同大会メダリストに輝いた。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た第73回全日本フィギュアスケート選手権

    全日本ノービス選手権Bクラス2連覇(1998-1999、1999-2000)、同Aクラス2連覇(2000-2001、2001-2002)。1999-2000には全日本ジュニア選手権に初出場し、9位に入っている。ジュニア3年目の2004-2005シーズン、全日本選手権のショートプログラム (SP) で本田武史らを抑えて1位に立ち、注目を浴びる。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たワンメイクレース

    2018年1月にはレーシングチームの『埼玉トヨペット Green Brave』が開催する育成プログラム入りすることが発表され、国内最大規模を誇る自動車のワンメイクレースの86/BRZレースへの参戦を目指すこととなった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た第80回全日本フィギュアスケート選手権

    2011-2012シーズン、GPシリーズはスケートアメリカで3位、NHK杯2位となるも、GPファイナル進出はならなかった。連覇のかかった全日本選手権では、SPで回避した4回転トウループをFSでクリーンに決めたが、後半の3回転アクセルの転倒がひびき、3.63点差で逆転優勝ならず2位に留まったが、5回目の世界選手権への出場を決めた。しかし期待された世界選手権ではSP・FS共に4回転トウループの着氷に失敗し、他のジャンプにもミスが目立ち総合11位に敗れ2大会連続のメダル獲得はならなかった。世界国別対抗戦も自身の成績は総合6位に留まったが、日本代表としては同大会初の総合優勝を果たしている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た2012年スケートアメリカ

    2012-2013シーズン、GPシリーズは初戦のスケートアメリカで自己ベスト更新のSP2位から逆転優勝、2戦目のロステレコム杯で2位。通算3度目のGPファイナルの進出を決めたが、総合5位に留まった。全日本選手権では本番前に足の怪我を抱えながら強行出場するも、総合5位に終わり6年ぶりに表彰台を逃した。大会後の検査で、右足の腱鞘炎により全治1ヶ月と診断された。怪我の影響によりエントリーしていたチャレンジカップを欠場。ガルデナスプリング杯で大会復帰し優勝をした。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たサブメンバー

    2013-2014シーズン、スケートアメリカで6位と不調、中国杯では3位に留まりGPファイナル進出を逃す。全日本選手権では3位となるも、グランプリシリーズの成績不振が響いて、ソチオリンピックの代表には惜しくも選出されなかった。四大陸選手権では、優勝した無良崇人に次ぐ総合2位で銀メダルを獲得。世界選手権代表は当初補欠選出だったものの高橋(ソチ五輪6位)がケガによる出場辞退で、小塚が急遽繰り上がり同大会2年ぶりに出場。準備期間が僅か3週間の調整ながらもSP・FS共に6位の総合6位に入った。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見たサラブレッド

    祖父の小塚光彦(1916年 - 2011年)は旧満州のフィギュアスケートチャンピオン。帰国後は愛知県スケート連盟、オリオンFSCを創設し、山田満知子や門奈裕子らを育てた。父の小塚嗣彦は1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。母の小塚幸子(旧姓・坂野)、叔母の坂野浩子もフィギュアスケート選手だった。そのため、『日本フィギュア界のサラブレッド』とも呼ばれる。現在、愛知県には光彦の名を冠した「小塚杯」が開催されている。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦から見た86/BRZレース

    2018年1月にはレーシングチームの『埼玉トヨペット Green Brave』が開催する育成プログラム入りすることが発表され、国内最大規模を誇る自動車のワンメイクレースの86/BRZレースへの参戦を目指すこととなった。小塚崇彦 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「小塚崇彦」のニューストピックワード