前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
578件中 1 - 10件表示
  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た小売小売

    なお、以下の文章において、「都市圏」は都市雇用圏、「経済圏」は買回品や専門品を中心とした小売商圏、「圏」は絶対的中心商業地を持たない地域圏、「地方」は地政学的な地域を示す。また、「拠点」とは、ヒト・モノ・カネ・情報が集まる所を示す。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 電子マネー

    電子マネーから見た小売小売

    電子マネーは、貨幣経済が実質的に貨幣という物品によってやり取りされていた所を、電子的なデータ(および通信→データ通信)によって決済する手法である。その意味では電子的な電信で実質市場経済が動いている状態も一種の貨幣の電子マネー化といえるが、一般に電子マネーという場合は、この決済手段を末端の小売レベルにまで推し進めた状態を指す。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た小売小売

    2000年前後から始まった東北地方の陸上交通の再編の動きの中、仙台が小売の中心地として東北地方各地から買い物客を引き付けるように変化した。そのような中、隣接する山形県村山地方や福島県北部などと一体となり、仙台経済圏が拡大していった。仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 企業間取引

    企業間取引から見た小売小売

    企業間取引()とは、製造業者(メーカー)と卸売間、または卸売と小売間など、企業の間での商取引のこと。対照的な用語は、企業対消費者間取引(Business-to-consumer, B2C, BtoC)、(Business-to-government, B2G, BtoG)である。企業間取引 フレッシュアイペディアより)

  • 福島市

    福島市から見た小売小売

    都市人口は、いわき市(約34.3万人)、郡山市(約33.8万人)に次いで県内3位である。全国で人口が県内3位の県庁所在地は福島市のみである(平成の大合併以前は三重県津市や山口県山口市など県内3位以下だった県庁所在地も存在した)。福島市を中心市とする福島都市圏の人口は約41万人で、郡山都市圏に次いで県内2位(東北地方内6位)。2004年商業統計確定値では、小売の年間販売額は3,331億円で、郡山市4,211億円、いわき市3,695億円に次いで第3位。特に2002年からの2年で122億円も減少している。福島市 フレッシュアイペディアより)

  • 惣菜

    惣菜から見た小売小売

    ことが主であった惣菜は、晩婚化にともなう単身者の増大、核家族化や専業主婦の減少、またバブル景気時からのグルメブームなど社会的な変化にともなって小売店が提供する商品としての需要が拡大し、種類も増えて品質も向上してきた。惣菜 フレッシュアイペディアより)

  • イシカワ

    イシカワから見た小売小売

    株式会社イシカワは、山形県新庄市に本社を置く、工業薬品、衛生材料、介護用品の小売、農薬の小売を中心とする企業。イシカワ フレッシュアイペディアより)

  • 中町 (境港市)

    中町 (境港市)から見た小売小売

    ジーンズショップさかい(営業内容・ジーンズ小売中町 (境港市) フレッシュアイペディアより)

  • 土居君雄

    土居君雄から見た小売小売

    1943年、関西甲種商業学校(現関西大学第一高校)卒業。戦後大阪で伯父の写真材料会社に勤務。左前となったため1956年、妻の郷里・福岡県福岡市で土居商店として独立した。当初は問屋から製品を仕入れ小売店に納入する二次卸だった。メーカー直結の問屋が流通経路を牛耳る時代、新参者が食い込む隙はなく苦戦。悩んだ末、末端の写真館やDPE店、土産物屋へのダイレクトメールを思いつく。これも当時は簡単に資料が集められず、市町村役場の商工係にアンケート用紙を送り顧客名簿を作成した。九州一円や中国地方にカメラやフィルムが当たるくじを付けると回収率が8割にも達した。この名簿を元に安売りチラシを無差別に配ると商売が大当たりした。土居君雄 フレッシュアイペディアより)

  • 駄菓子屋

    駄菓子屋から見た小売小売

    駄菓子屋(だがしや)は、主に小学生・中学生ないしそれ以下の年齢層の児童を対象とした駄菓子・玩具の小売販売店の形態である。地域により一文菓子屋とも呼ぶ。駄菓子屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
578件中 1 - 10件表示

「小売業」のニューストピックワード