前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
746件中 1 - 10件表示
  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た小売小売

    なお、以下の文章において、「都市圏」は都市雇用圏、「経済圏」は買回品や専門品を中心とした小売商圏、「圏」は絶対的中心商業地を持たない地域圏、「地方」は地政学的な地域を示す。また、「拠点」とは、ヒト・モノ・カネ・情報が集まる所を示す。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 電子マネー

    電子マネーから見た小売小売

    電子マネーは、貨幣経済が実質的に貨幣という物品によってやり取りされていた所を、電子的なデータ(および通信→データ通信)によって決済する手法である。その意味では電子的な電信で実質市場経済が動いている状態も一種の貨幣の電子マネー化といえるが、一般に電子マネーという場合は、この決済手段を末端の小売レベルにまで推し進めた状態を指す。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • 企業間取引

    企業間取引から見た小売小売

    企業間取引(きぎょうかんとりひき、)とは、製造業者(メーカー)と卸売間、または卸売と小売間など、企業の間での商取引のこと。対照的な用語は、企業対消費者間取引(Business-to-consumer, B2C, BtoC)、(Business-to-government, B2G, BtoG)である。企業間取引 フレッシュアイペディアより)

  • 石丸電気

    石丸電気から見た小売小売

    石丸電気が卸売から小売に転換するまでの店名は「日の丸電気第1売場」だった。石丸電気 フレッシュアイペディアより)

  • 福島市

    福島市から見た小売小売

    2004年商業統計確定値では、小売の年間販売額は3331億円である。福島市 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た小売小売

    2000年前後から始まった東北地方の陸上交通の再編の動きの中、仙台が小売の中心地として東北地方各地から買い物客を引き付けるように変化した。仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 土居君雄

    土居君雄から見た小売小売

    1943年、関西甲種商業学校(現関西大学第一高校)卒業。戦後大阪で伯父の写真材料会社に勤務。左前となったため1956年、妻の郷里・福岡県福岡市で土居商店として独立した。当初は問屋から製品を仕入れ小売店に納入する二次卸だった。メーカー直結の問屋が流通経路を牛耳る時代、新参者が食い込む隙はなく苦戦。悩んだ末、末端の写真館やDPE店、土産物屋へのダイレクトメールを思いつく。これも当時は簡単に資料が集められず、市町村役場の商工係にアンケート用紙を送り顧客名簿を作成した。九州一円や中国地方にカメラやフィルムが当たるくじを付けると回収率が8割にも達した。この名簿を元に安売りチラシを無差別に配ると商売が大当たりした。土居君雄 フレッシュアイペディアより)

  • 一物多価

    一物多価から見た小売小売

    ミルは、「自由競争」と「経済的利己心」のふたつを条件として市場価格決定の法則なるものを説いたものの、小売(リテール)市場ではそれらの条件は限定的にしか適用できないとして、小売価格については一物一価なる原理は完全には行われないという事実を認めていた。一物多価 フレッシュアイペディアより)

  • バギール

    バギールから見た小売小売

    自社工場を持つブランドのため生地や裏地、芯地まで研究・開発が可能。小売業ではなく、ものづくりやコンセプト・デザインの提案、素材開発などを行う『グローバル・イノベーション・テーラリング』と自社を位置づける。バギール フレッシュアイペディアより)

  • オープン価格

    オープン価格から見た小売小売

    オープン価格(オープンかかく)・オープンプライス(open price)とは、販売する商品に対してメーカー側が希望小売価格を具体的に定めていないものである。家電製品、カメラなどの耐久消費財に多く導入されており、小売店の店頭では、実際販売価格(売価)だけが表示され、「ズバリ○円」という形で表示されていることが多い。オープン価格 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
746件中 1 - 10件表示

「小売業」のニューストピックワード