746件中 121 - 130件表示
  • 流通

    流通から見た小売小売

    小売:商品の最終消費者への販売である。流通 フレッシュアイペディアより)

  • 猫肉屋

    猫肉屋から見た小売小売

    猫肉屋(ねこにくや、英:cat's-meat man)は、家庭でペットとして飼われている猫や犬の餌(ペットフード)として屑肉を巡回販売する小売業。「猫を殺してその肉を売る職業」ではない。18世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパや北アメリカの都市部に見られた。猫肉屋 フレッシュアイペディアより)

  • スタイリクス

    スタイリクスから見た小売小売

    限られた展示品を販売するという伝統的な家具小売りから、入手可能なアイテムを限りなく広げて、コーディネーターと一緒にカタログから選定するという新しいスタイルの販売形態を確立。その結果、国内外の家具・カーテン・照明・ラグなど70,000点以上を揃え、インテリアショップとしては国内最多級の品揃えを実現している。スタイリクス フレッシュアイペディアより)

  • カペーロス

    カペーロスから見た小売小売

    カペーロス(, ラテン文字表記:kapelos)は、古代ギリシア領域に存在した小売人。現在の小売商に近い。共同体内の市場であるアゴラで主に食物を扱った。紀元前6世紀の中頃まで、ハリカルナッソスでは、カペーロスは女性の職業だった。カペーロスと異なり共同体の外で交易を行なう人々は、エンポロスと呼ばれた。カペーロス フレッシュアイペディアより)

  • 渦原実男

    渦原実男から見た小売小売

    渦原 実男(うずはら じつお、1951年 - )は、日本の経営学者。専攻は流通論。二浪の末、横浜国立大学経済学部に入学、その後も苦学を重ねて旧神戸商科大学(現兵庫県立大学)大学院修士課程を修了、経営学修士。遙か僻遠の北海道にて旭川大学経済学部講師などを経たのち、現在は本州を飛び越え西南学院大学商学部にて教授を務めている。2010年、佐賀大学大学院工学系研究科より「博士(学術)」(課程博士)を授与される。学位請求論文名は「総合小売業の業態展開とイノベーション」、審査員(主査)は岩永忠康・佐賀大学経済学部教授。所属する学会は、日本流通学会、日本消費経済学会、日本商業学会、日本消費者教育学会。主な社会活動としては、特定非営利活動法人コンシューマー福岡の理事。渦原実男 フレッシュアイペディアより)

  • 井上書房 (徳島県)

    井上書房 (徳島県)から見た小売小売

    有限会社井上書房(いのうえしょぼう)は徳島県板野郡板野町に本社・グループ本部を置く小売業者(書店・アニメグッズ専門店FC・同人グッズ専門店)。井上書房 (徳島県) フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス・シュプリンガー

    ユリウス・シュプリンガーから見た小売小売

    ユリウスは書店での年季奉公で出版のノウハウを学び、1842年、の(Breite Straße)20番街(現: 11番街)に自分の名を付けた小売書店を立ち上げた。これがのちに世界有数の学術出版社となるシュプリンガー・フェアラーク(Springer-Verlag)の始まりである。当時は自由主義を標榜する政治的パンフレット(ポリティカル・パンフレット(Pamphlet))や政治小説(Political fiction)を主に出版していた。ユリウス・シュプリンガー フレッシュアイペディアより)

  • ディスカウントスーパーヒーロー

    ディスカウントスーパーヒーローから見た小売小売

    ディスカウントスーパーヒーローは、小売業者「株式会社ヒーロー(英称: HERO Co., Ltd.)」が運営するディスカウントストアチェーンである。ディスカウントスーパーヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • ニチエー (小売業)

    ニチエー (小売業)から見た小売小売

    株式会社ニチエーは、広島県福山市に本社を置く日本の小売業者。ニチリウグループの一員である。ニチエー (小売業) フレッシュアイペディアより)

  • ハイテク建築

    ハイテク建築から見た小売小売

    この本が出版され、人気を博するにつれ、その装飾様式は「ハイテク」として知られるようになり、その言葉の意味するところは未だ曖昧なまま、日常言語に加速度的に流入することになった。1979年、ハイテクという言葉は雑誌「ザ・ニューヨーカー」の風刺漫画に初めて登場する。「high-tech」には程遠い夫に対して、妻がガミガミと、「ほんとにあなたって、middle-techよね。」というものだ。雑誌「エスクァイア」が6回の連載で取り上げると、メイシーズニューヨーク店をはじめ、全米の主だった小売店が、窓枠や家具売り場の装飾に、ハイテクを用い始めたのである。しかし、最大の功績は、ニューヨーク市レキシントン通り64番街に1977年オープンし、どこよりも早くこれらの品々を売り出した家庭用品店、アドホックハウスウェアのものであろう。この本は、イギリス、フランス、そして日本でも出版されたが、それらはアメリカ版と同様に、その国、その土地に合わせた品物・情報が加えられている。ハイテク建築 フレッシュアイペディアより)

746件中 121 - 130件表示

「小売業」のニューストピックワード