746件中 41 - 50件表示
  • 宇都宮駅

    宇都宮駅から見た小売小売

    構内には駅ビルパセオやとちぎグランマルシェをはじめ、駅舎2階を中心にカフェBECK'S COFFEE SHOP(改札外および新幹線改札内)やコンビニエンスストアNewDays(在来線改札内および新幹線改札内)、駅売店KIOSK(駅舎1階西口交番脇、在来線改札内および新幹線改札内)、喜多そば(改札外および新幹線改札内)などの商業施設各種小売店が入居している。宇都宮駅 フレッシュアイペディアより)

  • D-0

    D-0から見た小売小売

    D-xという呼称は、元々は、食品に製造年月日が記載されていた時代に、製造年月日からの販売日、あるいは販売期限を指す、小売業での業界用語である。D-0 フレッシュアイペディアより)

  • 小売り

    小売りから見た小売小売

    小売り フレッシュアイペディアより)

  • 酒屋役

    酒屋役から見た小売小売

    これに対して造酒正も延暦寺なども激しく抵抗したが、足利義満のもとで強力な軍事力を保っていた幕府の圧力に屈し、明徳4年(1393年)には「洛中辺土散在土倉并酒屋役条々」という5ヶ条からなる法令を出した。これによって延暦寺などの有力権門の権益は否定され、造酒正による課税も最低限に制限された。その代わりに酒屋と土倉が年間6,000貫を幕府に納める代わりに原則的にはその他の課税を免除した。酒壷10壷以上の酒屋が対象になったと考えられ、諸記録から酒壷毎に100文が課されたと推定されている。この他に大きな行事や造営の際には臨時の課税が存在した。当初は幕府が直接徴収していたものの、後には有力酒屋を納銭方に任じて数十軒単位ごとに酒屋役を徴収させた。また、室町時代後期以後に「請酒」と呼ばれる小売専門の酒屋や地方からの名酒の流入もあったが、幕府はこれらに対しても課税を行った。応仁の乱後、収入は低迷したものの室町幕府末期まで継続され、変遷を経つつも同様の税制が織田政権以後も継続された。酒屋役 フレッシュアイペディアより)

  • 工場・在庫拠点選定

    工場・在庫拠点選定から見た小売小売

    工場・在庫拠点選定(こうじょう・ざいこきょてんせんてい)は、サプライヤーと小売店を結ぶ倉庫・流通センターといった物流拠点の最適な配置の意思決定である。工場・在庫拠点選定 フレッシュアイペディアより)

  • 客注

    客注から見た小売小売

    客注 フレッシュアイペディアより)

  • コンビネーションストア

    コンビネーションストアから見た小売小売

    コンビネーションストアとは、生鮮食料品・医薬品・日用品をセルフサービスの同じ会計で短時間に購入できるようにした、スーパーマーケットとドラッグストアとを組み合わせた小売業態である。コンビネーションストア フレッシュアイペディアより)

  • マヤ薬局

    マヤ薬局から見た小売小売

    株式会社マヤ薬局(マヤやっきょく)は、医薬品・一般用医薬品の卸売・小売を中心とする日本の企業。現在は東邦ホールディングスの傘下「セイエル」である。地盤は岡山県津山市周辺。マヤ薬局 フレッシュアイペディアより)

  • 新生堂薬店 (広島県)

    新生堂薬店 (広島県)から見た小売小売

    有限会社新生堂薬店(しんせいどうやくてん)は、医薬品の卸売・小売を中心とする日本の企業であった。現在は小売専門である。新生堂薬店 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 井手薬品

    井手薬品から見た小売小売

    井手薬品株式会社 (いでやくひん)は、医薬品・化粧品の卸売・小売を中心とする日本の企業。現在はスズケングループの一社「翔薬」である。井手薬品 フレッシュアイペディアより)

746件中 41 - 50件表示

「小売業」のニューストピックワード