578件中 81 - 90件表示
  • 景気ウォッチャー調査

    景気ウォッチャー調査から見た小売小売

    北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11地域が対象に百貨店・スーパーマーケット・コンビニエンスストアなどの小売店や、タクシー運転手、レジャー業界など景気に敏感な職種の人々にインタビューをし、調査結果を集計・分析した上、景気動向の指標として発表している。景気ウォッチャー調査 フレッシュアイペディアより)

  • スキミング

    スキミングから見た小売小売

    またATMやキャッシュディスペンサー等の、直接的に金銭を扱う装置では、カメラなどの撮影装置を組み込みで設置し、機器利用者の写真や映像を常に撮影し続ける事で、カード窃盗やスキミングによる被害が報告された際には、問題のカード利用者の容姿を警察側に証拠提出できるようになっている。これは銀行外に設置されたこれら機器でも同様である。その一方で、キャッシュカードをデビットカードとして用いる小売店においては、POSレジスタにスキマーを仕掛けられる不安があり、また、監視カメラ等の保安設備が整って居らず、ここで不正使用された場合には容疑者の特定が困難になる。スキミング フレッシュアイペディアより)

  • 出版取次

    出版取次から見た小売小売

    取次と書店との関係は卸売問屋と小売店の関係に当たるが、委託販売制度により、出版取次 フレッシュアイペディアより)

  • 極東ファディ

    極東ファディから見た小売小売

    極東ファディ(きょくとうふぁでぃ)は、福岡県北九州市小倉北区に本社を置く、コーヒーおよび業務用食品の卸売ならびに小売を行なっている企業である。極東ファディ フレッシュアイペディアより)

  • 支店経済都市

    支店経済都市から見た小売小売

    第二次産業がはっきりと日本を支えていた高度経済成長期には、内需の商品全国販売拠点都市が「支店経済都市」と呼ばれ、外需(加工貿易)における販売拠点は「海外拠点」と呼ばれた。都市化が進み、第三次産業が労働者人口の半数を越えるようになった1970年代になると、各地に卸売企業が育ち、小売・サービスにおける地元企業・商店も活性化した。そのため、中小企業の小資本経済を無視し、大企業の大資本経済において、第二次産業と第三次産業のどちらの比率が大きいかで「支店経済都市」が定義されるようになり、現代まで続く「支店経済都市」の用法として定着した。支店経済都市 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た小売小売

    ソニーは、輸入雑貨販売のソニープラザ、フランス料理のマキシム・ド・パリ、通信販売のソニー・ファミリークラブ、化粧品のB&Cラボラトリーズの小売業系子会社4社を分離独立させる方針を発表。本業のエレクトロニクス事業再建への資本集中が目的。2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • オートバイ用品

    オートバイ用品から見た小売小売

    バイク用品店と呼ばれる形態の小売店では、これら商品を総合的、あるいはパーツ専門店やライディングギア専門店など専門化した分野で扱う業態である。しばしばバイク用品店はオートバイ本体を販売する商店の付属として営まれている場合もあるが、車体は扱わず用品のみに特化した専門店も見られ、またカスタムパーツを扱うところでは、車体の改造(もちろん法令を無視した改造車は扱わないが)を請け負うところも見られる。オートバイ用品 フレッシュアイペディアより)

  • 繊維ニュース

    繊維ニュースから見た小売小売

    繊維ニュース(せんいニュース)は、1950年(昭和25年)創刊の日刊繊維・ファッション専門紙。紡績や合成繊維メーカーなどの素材メーカー、総合・専門商社、繊維産地からアパレル、小売業まで繊維産業全体の情報を扱う。発行元は、ダイセン株式会社(2005年10月、大阪繊維研究社より社名変更)。繊維ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 商店街振興組合法

    商店街振興組合法から見た小売小売

    商店街振興組合法(しょうてんがいしんこうくみあいほう)は、商店街が形成されている地域において小売業又はサービス業に属する事業その他の事業を営む者等が協同して経済事業を行うとともに当該地域の環境の整備改善を図るための事業を行うのに必要な組織等について定めることにより、これらの事業者の事業の健全な発展に寄与し、あわせて公共の福祉の増進に資することを目的として制定された法律である。商店街振興組合法 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマノホールディングス

    ヤマノホールディングスから見た小売小売

    和装品や宝飾品などの卸売および小売を行う子会社を傘下にもつ持株会社で1987年(昭和62年)かねもり株式会社として設立。1990年(平成2年)にかねもり株式会社(実質上の存続会社)は、日本エスピーエス株式会社(形式上の存続会社)に吸収合併され同時に商号をかねもり株式会社に変更。2001年(平成13年)10月1日には持株会社制に移行し、商号を株式会社ヤマノホールディングスコーポレーションとし会社分割によりかねもり株式会社(のちの株式会社ヤマノリテーリングス)を設立、2006年(平成14年)に現在の商号へ変更している。ヤマノホールディングス フレッシュアイペディアより)

578件中 81 - 90件表示

「小売業」のニューストピックワード