前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見た外国語教育外国語教育

    日本では、大石 (1990) と津田 (1990) が「英語帝国主義論」の口火を切ったが、その前提として、Lummis (1975)、平泉・渡部 (1975)、金井 (1978)、中村 (1980, 1989, 1990)、富岡 (1981)、Tsuda (1986) らがその底流を作っていたと津田 (1998: 27-8) は述べている。また、その後の系譜は、中島 (1990)、津田 (1993, 1996)、中村 (1993, 1994, 1997)、中村敬 vs 筑紫哲也の誌上論争、森住 (1994)、大石 (1994)、「英語帝国主義を考える」、「特集:日本の外国語教育は現状のままでよいのか」、松本道弘 vs 中村敬の誌上論争だと紹介した上で、当初は英語教育の部外者からの批判から始まったが、次第に英語教育の関係者からも批判が出てくるようになったと評している(津田 1998: 28-30)。また、津田 (2005: 173) は、徐々に英語支配に対する問題意識が認知されるようになっているのは間違いないと述べている。英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 語学教育研究所

    語学教育研究所から見た外国語教育外国語教育

    財団法人語学教育研究所(ごがくきょういくけんきゅうじょ、The Institute for Research in Language Teaching) はもともと文部省内に英語教授研究所 (The Institute for Research in English Teaching)という名称で設立された、日本の財団法人である。日本における外国語教育改善のために、オーラル・イントロダクションなど音声を中心とした指導法の開発など、多くの研究や実践を積み重ねてきた。英語を英語で教えるダイレクトメソッドの実践には定評がある。日本でもっとも古く、時代をリードする外国語教育研究団体である。1946年4月19日に財団法人として認可された。略称を語研(英名の略称はIRLT)という。語学教育研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 英語教育

    英語教育から見た外国語教育外国語教育

    CLTは、日本語ではそのままコミュニカティブ・ランゲージ・ティーチングと言われることが多く、「コミュニケーションのための言語教育」という意味を含んでいる。言語を手段として用いた相互作用、言語を学ぶための相互作用、そのどちらにも力点を置く第二言語や外国語教育のための手法。「外国語教育のためのコミュニカティブ・アプローチ」、または単に「コミュニカティブ・アプローチ」と言われることもある。英語教育 フレッシュアイペディアより)

  • 石塚美佳

    石塚美佳から見た外国語教育外国語教育

    専門分野は、第二言語習得、外国語教育石塚美佳 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル国の教育

    モンゴル国の教育から見た外国語教育外国語教育

    ロシア語学習は、1999年まで必修であったが、同年選択に格下げされ、英語が必修教科となった。貧困から脱出するには、外国語の知識が不可欠との意識が強く、日本語や朝鮮語を教える学校も多い。外国語教育を看板にする私立10年制学校も多い。モンゴル国の教育 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル国における教授法

    モンゴル国における教授法から見た外国語教育外国語教育

    その弊害は外国語教育に顕著に現れている。コミュニケーションの手段としてではなく、知識として外国語を覚えるため、読み書きはできても、会話ができない場合が多い。モンゴル国における教授法 フレッシュアイペディアより)

  • 上墅私立高級中学

    上墅私立高級中学から見た外国語教育外国語教育

    上墅私立高級中学は中華人民共和国浙江省湖州市安吉県にある教育機関である。日本の高等学校に相当し、普通科と職業高校部がある。職業高校部では主に外国語教育(日本語、英語、ハングル、ドイツ語)が行われており、それぞれの外国語専門コースに分かれている。上墅私立高級中学 フレッシュアイペディアより)

  • リーダー

    リーダーから見た外国語教育外国語教育

    外国語教育などの教材。読本(とくほん)を参照。リーダー フレッシュアイペディアより)

  • 読本

    読本から見た外国語教育外国語教育

    読本(とくほん)は、語学の教科書や一般向けの入門書。外国語教育において、文法、会話などと並ぶ、文章を読解することおよびそのための能力を育成することを目的とした課程およびそのための教科書などの名称。読本 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た外国語教育外国語教育

    外国語教育で最も一般的なのは英語で、約407,700人が学んでいる(2008年-09年)。次いでロシア語(約186,500人)、ドイツ語(約59,900人)、フランス語(約12,800人)と続く。リトアニア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「英語教育」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画