900件中 31 - 40件表示
  • 日向大介

    日向大介から見た小室哲哉小室哲哉

    その後は、小室哲哉を始めとするアーティストたちのプロデュースを手掛け、1990年にロサンゼルスに居を移す。1996年に自身のユニット「CAGNET」で作曲とプロデュースを担当したテレビドラマ「ロングバケーション」のサウンドトラックは80万枚のセールスを記録し、シリーズ累計でサントラ史上最高の150万枚という大ヒットとなる。日向大介 フレッシュアイペディアより)

  • Get Wild

    Get Wildから見た小室哲哉小室哲哉

    後に、小室哲哉は、雑誌『サウンド&レコーディング・マガジン』のインタビューで、「このオリジナルバージョンのドラムは打ち込みでは出せないタイム感を出すために、ドラムトリガーを使って山木秀夫が叩いた」と語った。1987年当時日本では未定着であったユーロビートサウンドを見据えて、バスドラムの四つ打ちを強調する(踊れる意識をリスナーに持たせるという意味合い)ため、スネアドラムは一切使われていない。Get Wild フレッシュアイペディアより)

  • サイボーグ009 (アニメ)

    サイボーグ009 (アニメ)から見た小室哲哉小室哲哉

    アニメーション制作はジャパンヴィステック。キャラクターデザインは、『人造人間キカイダー THE ANIMATION』で石森キャラクターをものにした紺野直幸が担当。シリーズ構成には大西信介、監督に川越淳という布陣で、原作漫画に忠実という方針で制作に臨んだ。ただし、008=ピュンマのキャラクターデザインは、原作ではなく『超銀河伝説』のデザインを踏襲したものとなっている。avexが出資者となり、音楽を小室哲哉が担当、主題歌はglobe(後期EDはFayray)が歌ったことも話題を呼んだ。サイボーグ009 (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ウッド

    ニック・ウッドから見た小室哲哉小室哲哉

    歌手の楽曲にも作曲・編曲等で参加している。2004年から2005年まで、音楽ユニットZweiのプロデュースを行った(日本人ミュージシャンのプロデュースは、これが初であった)。また、これまでにドクター・ジョン、ロバート・パーマー、ジュリアン・レノン、スティーヴィー・サラス、ヴァン・ダイク・パークス、小室哲哉等といったミュージシャンと共作・共演を行っている。ニック・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • 恋しさと せつなさと 心強さと

    恋しさと せつなさと 心強さとから見た小室哲哉小室哲哉

    「恋しさと せつなさと 心強さと」(いとしさと せつなさと こころづよさと)は、1994年7月21日に発売された篠原涼子の4枚目のシングル。小室哲哉のプロデュースにより、本作と5作目の「もっと もっと…」は「篠原涼子 with t.komuro」の名義で発表されている。(小室プロデュースは6作目の「Lady Generation」まで)恋しさと せつなさと 心強さと フレッシュアイペディアより)

  • 山羊智詞

    山羊智詞から見た小室哲哉小室哲哉

    1993年 水江慎一郎、横内健亨、朝井泰生、今川勉らとダイナマイトマシーンを結成する。今川勉がデビューライブ後、体調不良を訴えツアー途中で離脱。後任に太田明(ex-筋肉少女帯)がサポート参加するも、デビューアルバムレコーディング中に解散。一時期、小室哲哉もメンバーになったが、各メンバーの所属するレコード会社と事務所がバラバラだったため、政治的圧力がかかり解散した説が有力。EPIC・ソニー(現エピックレコードジャパン)から発売予定だった1stシングル「No! Mercy Boy!」は、小室哲哉の作曲作品(山羊智詞 作詞)で、東京パフォーマンスドールの「キスは少年を浪費する」と同曲であった。山羊智詞 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮隆

    宇都宮隆から見た小室哲哉小室哲哉

    中学生の時、アコースティックギターを買って弾き語りをするようになり、高校時代、卒業後も地元でバンド活動に明け暮れ、別のバンドに所属していたが、引き抜かれてSPEEDWAYに加入し、1979年、東芝EMIよりシングル『夢まで翔んで』でデビュー。1982年にSPEEDWAY解散後、木根尚登が小室哲哉とボーカリストを交えたユニット結成を模索していたところ、木根に誘われ、1983年にTM NETWORKを結成。最近は、TM NETWORKとしての活動と同時にソロでも活動している。宇都宮隆 フレッシュアイペディアより)

  • TRF

    TRFから見た小室哲哉小室哲哉

    1993年、小室哲哉のプロデュースによりtrfとしてシングル「GOING 2 DANCE/OPEN YOUR MIND」、アルバム『trf 〜THIS IS THE TRUTH〜』でデビュー。当初はメンバーが流動的で、小室が主宰するイベントとしての「TK Rave Factory」に複数のヴォーカリスト(北村夕起=YU-KI、スージー・キム=SUZI KIM)、DJ(高瀬浩一=DJ KOO、松本博之=Hiro Matsumoto)、ダンサー(MEGA-MIX、サンチェ)が参加しているという色彩が強く、匿名性の強いユニットだった。CDデビューにあたっては、ほぼ11人組となったが、1993年夏のavex rave '93を最後にYU-KI、DJ KOO、SAM、ETSU、CHIHARUの5人にメンバーが絞り込まれた。後の小室ブームのきっかけともなり、現在のavexの礎を築いた。TRF フレッシュアイペディアより)

  • I'm proud

    I'm proudから見た小室哲哉小室哲哉

    I'm proud(アイム・プラウド)は、日本の女性歌手、華原朋美の3作目のシングル。小室哲哉プロデュースによる楽曲である。I'm proud フレッシュアイペディアより)

  • Kimeru

    Kimeruから見た小室哲哉小室哲哉

    2007年5月16日、小室哲哉プロデュースによるシングル「with you」をリリースKimeru フレッシュアイペディアより)

900件中 31 - 40件表示

「小室哲哉」のニューストピックワード