900件中 71 - 80件表示
  • プラトニック・セックス

    プラトニック・セックスから見た小室哲哉小室哲哉

    音楽:小室哲哉、松本慎プラトニック・セックス フレッシュアイペディアより)

  • My Revolution

    My Revolutionから見た小室哲哉小室哲哉

    作曲は小室哲哉である。TM NETWORKとして既にデビューしていたとはいえ、当時はまだ無名に近かった小室は、この曲で作曲者として(大衆に)認められたいという強い信念があり、曲が完成すると渡辺の待つスタジオに自ら足を運んで、ピアノ演奏でメロディーを伝えたという。同曲の特徴ともいえる転調は、曲の途中で三度も上がるという、それまでの邦楽には珍しいもので、洋楽、特にモータウン系のコード進行に近いといわれる。そのメロディーを聴いた渡辺は鳥肌が立ったといい、レコーディングエンジニアの伊東俊郎も思わず「この曲いいね!」とトークバックしたという逸話が残っている。My Revolution フレッシュアイペディアより)

  • We are all BLOOMIN'

    We are all BLOOMIN'から見た小室哲哉小室哲哉

    小室哲哉がsong+ nation収録の「one nation」以来久々に楽曲提供している。シングルとしては1996年の「LEGEND OF WIND」以来となった。We are all BLOOMIN' フレッシュアイペディアより)

  • RESISTANCE (TM NETWORKの曲)

    RESISTANCE (TM NETWORKの曲)から見た小室哲哉小室哲哉

    もともとアルバム『Self Control』用にバラードとして作られた曲のアウトテイクであり、プロデューサーの小坂洋二、そしてメンバーの宇都宮・木根のアイデアでアップナンバーに作り替えられたという経緯がある。そのためか、アルバム『DRESS』のバージョンでは本シングル盤とは異なる荘厳なアレンジとなっており、また、1992年の小室哲哉のセルフカバーアルバム『Hit Factory』では歌詞を書き直した上で、本来小室が構想していたバラードとして収録されている。RESISTANCE (TM NETWORKの曲) フレッシュアイペディアより)

  • COME ON EVERYBODY

    COME ON EVERYBODYから見た小室哲哉小室哲哉

    1988年に『紅白歌合戦』に初出場した際には「'88 FINAL MEGA MIX」というサブタイトルを冠して、小室哲哉のサンプリングプレイを最大限にフィーチャーしたバージョンで演奏。演奏時間は6分弱で、紅白としては演奏時間がかなり長く取られている。また、演奏中、宇都宮隆が歌詞を間違えている。ギターは当時ツアーのサポートメンバーであったB'zの松本孝弘が演奏し、ドラムは阿部薫が演奏している。COME ON EVERYBODY フレッシュアイペディアより)

  • Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)

    Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)から見た小室哲哉小室哲哉

    この曲のイントロは、リリースの前年となる1985年、小室哲哉の実家で曲の打ち合わせをしていたところ、久保こーじが2階から階段をドタドタドタと駆け下りてきた音がヒントとなり、作られた。Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX) フレッシュアイペディアより)

  • 一途な恋

    一途な恋から見た小室哲哉小室哲哉

    サウンド的には、シンセサイザー以外は葛城哲哉によるギターしか入っておらず、木根尚登はコーラスのみの参加である。これをリードシングルにし、オリジナルアルバムを発売する予定があると1993年当時、小室哲哉はインタビューに答えていたが、発売はされなかった。一途な恋 フレッシュアイペディアより)

  • GET WILD DECADE RUN

    GET WILD DECADE RUNから見た小室哲哉小室哲哉

    アレンジが大幅に変更され、Aメロのキーが1オクターブ低くなり、歌詞が追加・変更(この部分は小室哲哉による)され、原曲とは雰囲気が大幅に変更されている。「DECADE RUN」だけでも何種類か別バージョンがある。「DECADE RUN」を更にリミックスした「112 CLUB MIX」が作られ、PV用にサビ以外はインストゥルメンタルにされたミックスも用意され、アルバム「キヲクトキロク」にはラフミックスの「'99 Version」が収録されている。GET WILD DECADE RUN フレッシュアイペディアより)

  • CASTLE IN THE CLOUDS

    CASTLE IN THE CLOUDSから見た小室哲哉小室哲哉

    小室哲哉の吉本興業所属により、吉本のレコード会社R&C JAPANに移籍。再びメジャーレーベルにてリリース。オリコンチャートにてベストテン内にランクインし、TM NETWORKの健在ぶりをアピールした。CASTLE IN THE CLOUDS フレッシュアイペディアより)

  • How to be a Girl

    How to be a Girlから見た小室哲哉小室哲哉

    How to be a Girl(ハウ・トゥー・ビー・ア・ガール)は、日本の女性歌手、安室奈美恵の単独名義では10枚目のシングル。小室哲哉プロデュースによる楽曲である。How to be a Girl フレッシュアイペディアより)

900件中 71 - 80件表示

「小室哲哉」のニューストピックワード