1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 小宮山雄飛

    小宮山雄飛から見た小宮山泰子小宮山泰子

    松濤幼稚園、港区立青南小学校、成城学園中学校高等学校、成城大学卒業。実父は総武都市開発社長の小宮山義孝。祖父は旧平和相互銀行創業者の小宮山英蔵。曾祖父は参議院議員の小宮山常吉。祖父の弟・小宮山重四郎元郵政大臣の子に、衆議院議員の小宮山泰子がいる。元平和相互銀行副社長・太平洋クラブ社長の池田勉や、流鉄社長の小宮山英一はおじ。高校時代の友人に☆Taku Takahashi(m-flo)がいる。小宮山雄飛 フレッシュアイペディアより)

  • 議事進行係

    議事進行係から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小宮山泰子(2010年10月1日?)議事進行係 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小沢一郎、山岡賢次、東祥三、牧義夫、小宮山泰子、樋高剛、鈴木克昌、横山北斗、太田和美、松崎哲久、岡島一正、青木愛、古賀敬章、畑浩治、京野公子、石原洋三郎、黒田雄、木村剛司、岡本英子、萩原仁、村上史好、大谷啓、福嶋健一郎、玉城デニー、瑞慶覧長敏、中野渡詔子、高松和夫、菊池長右エ門、三宅雪子、石井章、金子健一、相原史乃、川島智太郎、笠原多見子、大山昌宏、熊谷貞俊、菅川洋、加藤学、中津川博郷(2012年):消費税増税関連法案に反対。瑞慶覧、中津川を除き国民の生活が第一を結成し小沢が代表に就任(瑞慶覧は無所属のまま、院内会派に所属)、その後日本未来の党へ合流。中津川は改革無所属の会を経て、日本維新の会へ移籍。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 石原健太郎

    石原健太郎から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小宮山泰子?元公設第一秘書。石原健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢チルドレン

    小沢チルドレンから見た小宮山泰子小宮山泰子

    2003年に自由党が民主党と合流した後の第43回衆議院議員総選挙や第44回衆議院議員選挙、衆議院補欠選挙や第21回参議院議員選挙では、小沢一郎政治塾出身者^ や小沢が発掘して擁立した新人候補に自らの秘書を派遣して辻立ちなど具体的な選挙戦術を指導し、多くの新人議員を当選させた。橋本清仁、室井邦彦、小宮山泰子、青木愛、菊田真紀子、松木謙公、石関貴史、横山北斗、石川知裕、太田和美、谷岡郁子、平山幸司、藤原良信、横粂勝仁などである。2004年には当選1?2回の議員で作る一新会が結成され、また小沢を個別に支持する議員に加えて従来の自由党グループも含め、小沢グループと呼ばれるようになった。小沢チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 島田智哉子

    島田智哉子から見た小宮山泰子小宮山泰子

    2003年(平成15年)11月9日執行の第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認で埼玉県第7区からの立候補が決まっていた。しかし同年9月26日に行われた民主党と自由党の合併により候補者調整が行われた結果、埼玉県第7区は自由党出身の小宮山泰子が立候補することとなり、島田は民主党埼玉県参議院選挙区第3総支部長に就任した。島田智哉子 フレッシュアイペディアより)

  • 新珠三千代

    新珠三千代から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小宮山泰子(民主党衆議院議員・姪)新珠三千代 フレッシュアイペディアより)

  • 川越市

    川越市から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小宮山泰子(政治家、衆議院議員)川越市 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山重四郎

    小宮山重四郎から見た小宮山泰子小宮山泰子

    妻の乃理子(椿千代・桂典子)は元宝塚歌劇団女優(宝塚歌劇団39期生)で、女優・新珠三千代の実妹。重四郎の他界後、小宮山後援会は次男の徹を後継者とした。徹は1996年の第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬したが落選。代わって長女の小宮山泰子が自民党埼玉県議会議員を2期目途中で辞職して立候補し、自由党を経て2003年の第41回衆議院議員総選挙に民主党から立候補し初当選。父の後継者となった。小宮山重四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西松建設事件

    西松建設事件から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小沢は事件について自ら説明をおこなったが、この中で小沢が捜査について「不公正な国家権力、検察権力の行使」と述べていることについては民主党の内外から批判の声が出ている。(ただ、自民党の麻生内閣が官房副長官に漆間巌を起用した理由は漆間巌が警察OBであることから現役警官から情報が得られ、小沢一郎民主党代表の持病である狭心症の状態や、民主党大物議員のマルチ商法スキャンダルを調査させるという目的であることも取りざたされていた)また報道機関による世論調査では、国民が納得していないとの結果が得られたとしている。3月27日にも民主党の参院議員総会と代議士会で説明しているが、代議士会において小宮山洋子議員からは「法廷闘争と選挙戦略は全く別だ。地元では『新しい体制を作ってほしい』という声が多い」 と小沢の代表続投に異議を唱えられ、近藤洋介議員からは「世論調査では説明に納得していない国民が8割いる。なぜ数千万円の献金をもらい続けたのか」と説明を求められ、一方小沢鋭仁、小宮山泰子両議員には代表の続投を支持され、全体として代表続投が決まった。西松建設事件 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示