25件中 11 - 20件表示
  • 平和相互銀行

    平和相互銀行から見た小宮山泰子小宮山泰子

    戦前は東北林業という商号の殖産会社であったが、終戦直後の屑鉄売買で財を成した小宮山英蔵(以下英蔵と記す)がこれを買収した。小宮山英蔵は小宮山常吉参議院議員の長男で、弟に小宮山重四郎郵政大臣、姪に小宮山泰子衆議院議員、孫にミュージシャンの小宮山雄飛がいる。平和相互銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木克昌

    鈴木克昌から見た小宮山泰子小宮山泰子

    2014年11月、小宮山泰子と共に生活の党を離党し、民主党に復党した上で同年12月の第47回衆議院議員総選挙では民主党公認で出馬することを表明した。選挙結果は、小選挙区では敗れたが比例で当選し、5期目を果たした。生活の党を離党した後も小沢との関係は続き、2015年1月1日に小沢の私邸で開催された新年会にも出席している。鈴木克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 中野清 (政治家)

    中野清 (政治家)から見た小宮山泰子小宮山泰子

    2003年の総選挙では、小宮山泰子(民主党)に惜敗するも比例北関東ブロックで復活当選した。中野清 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の政治

    2014年の政治から見た小宮山泰子小宮山泰子

    21日 - 生活の党・前衆院議員の、鈴木克昌幹事長・小宮山泰子国対委員長が、衆議院選挙出馬に合わせ離党届を提出。ともに民主党に入党。2014年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山重四郎

    小宮山重四郎から見た小宮山泰子小宮山泰子

    泰子 長女。1995年4月、自民党から埼玉県議会議員に初当選。1999年4月再選。2000年6月、県議を2期目途中で辞職し第42回衆議院議員総選挙に埼玉県第7区から無所属で立候補し落選。同年自民党を離党し、自由党に入党。2001年7月、第19回参議院議員通常選挙に埼玉県選挙区から自由党公認で立候補するも落選。2003年第43回衆議院議員総選挙に埼玉県第7区から民主党公認で立候補し初当選。兄・徹に代わって父の後継者となった。小宮山重四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西松建設事件

    西松建設事件から見た小宮山泰子小宮山泰子

    小沢は事件について自ら説明をおこなったが、この中で小沢が捜査について「不公正な国家権力、検察権力の行使」と述べていることについては民主党の内外から批判の声が出ている。(ただ、自民党の麻生内閣が官房副長官に漆間巌を起用した理由は漆間巌が警察OBであることから現役警官から情報が得られ、小沢一郎民主党代表の持病である狭心症の状態や、民主党大物議員のマルチ商法スキャンダルを調査させるという目的であることも取りざたされていた)また報道機関による世論調査では、国民が小沢の説明に納得していないとの結果が得られたとしている。3月27日にも民主党の参院議員総会と代議士会で説明しているが、代議士会において小宮山洋子議員からは「法廷闘争と選挙戦略は全く別だ。地元では『新しい体制を作ってほしい』という声が多い」 と小沢の代表続投に異議を唱えられ、近藤洋介議員からは「世論調査では説明に納得していない国民が8割いる。なぜ数千万円の献金をもらい続けたのか」と説明を求められ、一方小沢鋭仁、小宮山泰子両議員には代表の続投を支持され、全体として代表続投が決まった。西松建設事件 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣

    第3次安倍内閣から見た小宮山泰子小宮山泰子

    2015年9月16日夜に予定されていた総括質疑において、社民党参院議員の福島瑞穂や民主党衆院議員の辻元清美、小宮山泰子らが「怒れる女性議員の会」と書かれたピンクのはちまきを頭に締め、近寄ろうとした自民党の男性議員に「触るな!セクハラだ!」と叫び、「また野党の支持率落ちる」「女を利用してるんはどっちや」と批判の声があがった。また、17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、大沼保昭の娘として知られる自民党参院議員の大沼瑞穂に対して民主党参院議員の津田弥太郎が羽交い絞めを仕掛け、大沼は「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。」と語った。第3次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 災害対策特別委員会

    災害対策特別委員会から見た小宮山泰子小宮山泰子

    青山大人、浅野哲、岡本充功、小宮山泰子(希望の党・無所属クラブ)災害対策特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • MPD・平和と民主運動

    MPD・平和と民主運動から見た小宮山泰子小宮山泰子

    政権交代をめざす市民の会に対し、菅直人、鳩山由紀夫、小宮山泰子、鷲尾英一郎の関連団体から計8140万円の金と、民主党東京都総支部連合会から600万円の金が献金されており、市民の党には、小宮山泰子、池田元久、黒岩宇洋、大久保潔重、松崎哲久、鷲尾英一郎の関連団体や、城島光力個人などから計1793万円が政治献金されていた。MPD・平和と民主運動 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た小宮山泰子小宮山泰子

    4回 - 川内博史、五島正規、赤嶺政賢、阿部俊子、近藤洋介、吉田泉、松原仁、牧原秀樹、山本朋広、小宮山泰子、今井雅人★、岡本充功、小川淳也重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示