58件中 41 - 50件表示
  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た秘書

    小宮山重四郎・乃理子(元宝塚歌劇団女優(宝塚歌劇団39期生)椿千代・桂典子)の長女として埼玉県川越市に生まれる。イギリス留学(高校在学中)を経て慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学商学部卒業。大学卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。NTTを退社後は父の秘書の傍ら、裏千家茶道講師となる。茶道では宗節を名乗る。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た第42回衆議院議員総選挙

    2000年(平成12年)6月、第42回衆議院議員総選挙に無所属で立候補し落選。同年自民党を離党。同年11月、自由党に入党する。2001年(平成13年)7月、参議院議員通常選挙に自由党公認で埼玉選挙区から立候補し落選。東北比例選出の衆議院議員石原健太郎の公設第一秘書を経て、2003年(平成15年)9月の民主党と自由党の合併に伴い、民主党埼玉県第7総支部総支部長に就任する。同年11月、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で埼玉7区から立候補し当選。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た三鷹市

    2011年4月に行われた第17回統一地方選挙三鷹市議選に、よど号ハイジャック事件を起こしたよど号グループの元リーダー田宮高麿と、石岡亨・松木薫を欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配を受けている森順子容疑者の長男森大志が立候補したが、この森が所属する政治団体『市民の党』と、市民の党から派生した政治団体『政権交代をめざす市民の会』に、『小宮山泰子東京応援団』から献金が行われていたことが、政治資金収支報告書から明らかになった。市民の党に400万円と、市民の党から派生した政治団体である政権交代をめざす市民の会に560万円が献金されており、加えて、2011年8月8日 衆議院予算委員会における自民党・古屋圭司議員の質疑では、2005年に市民の党系地方議員16名から小宮山の関係団体へ献金された2700万円のうち2500万円が市民の党関連の団体へ献金され、小宮山の団体から市民の党関連の団体へ献金された総額は3450万円にのぼると解説されている。また、小宮山泰子東京応援団と市民の党は所在地が同じ東京都千代田区平河町の龍伸ビルにあり、小宮山泰子東京応援団代表を市民の党の山本敦が務め、会計責任者を市民の党の事務担当者である天野外支子が務めていた。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た議事進行係

    2010年(平成22年)9月、衆議院外務委員長だった鈴木宗男の失職に伴い、筆頭理事から委員長代行に就任。2010年10月、衆議院議事進行係に就任。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙に立候補し当選(三期目)。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た商学部

    小宮山重四郎・乃理子(元宝塚歌劇団女優(宝塚歌劇団39期生)椿千代・桂典子)の長女として埼玉県川越市に生まれる。イギリス留学(高校在学中)を経て慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学商学部卒業。大学卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。NTTを退社後は父の秘書の傍ら、裏千家茶道講師となる。茶道では宗節を名乗る。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た日本

    小宮山 泰子 (こみやま やすこ、1965年4月25日 - )は、日本の政治家。生活の党所属の衆議院議員(4期)。元埼玉県議会議員。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た慶應義塾女子高等学校

    小宮山重四郎・乃理子(元宝塚歌劇団女優(宝塚歌劇団39期生)椿千代・桂典子)の長女として埼玉県川越市に生まれる。イギリス留学(高校在学中)を経て慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学商学部卒業。大学卒業後、日本電信電話(NTT)に入社。NTTを退社後は父の秘書の傍ら、裏千家茶道講師となる。茶道では宗節を名乗る。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た障がい者政策推進議員連盟

    民主党障がい者政策推進議員連盟 事務局長小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山泰子

    小宮山泰子から見た埼玉県第7区

    2000年(平成12年)6月、第42回衆議院議員総選挙に無所属で立候補し落選。同年自民党を離党。同年11月、自由党に入党する。2001年(平成13年)7月、参議院議員通常選挙に自由党公認で埼玉選挙区から立候補し落選。東北比例選出の衆議院議員石原健太郎の公設第一秘書を経て、2003年(平成15年)9月の民主党と自由党の合併に伴い、民主党埼玉県第7総支部総支部長に就任する。同年11月、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で埼玉7区から立候補し当選。小宮山泰子 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示