61件中 31 - 40件表示
  • タイガーマスク運動

    タイガーマスク運動から見た小宮山洋子小宮山洋子

    超党派の国会議員で作る「チャイルドライン支援議員連盟」は1月20日、会合を開き、各地で相次ぐタイガーマスク運動を踏まえ、児童養護施設への支援強化に取り組む方針を決めた。児童養護施設の定数増や里親制度の広報強化を求める意見が出たほか、高校や大学への進学も支援すべきだという指摘もあった。メンバーの一人で、当時の厚生労働副大臣、小宮山洋子は要望を前向きに検討する考えを表明。プロレスラー出身の馳浩は「タイガーマスク現象を一過性のものにしてはいけない」と訴えた。タイガーマスク運動 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能人生活保護不正受給問題

    芸能人生活保護不正受給問題から見た小宮山洋子小宮山洋子

    6月12日の衆議院予算委員会で、自民党の馳浩衆議院議員が本件に関する質疑を行う。馳は、梶原の実兄が国家公務員(航空自衛官)という立場で安定収入がありながら母親の扶養を怠っていることや、母親の居住するマンション隣の棟に居住し、意図的に別居をすることで“別世帯”を装い、母親の生活保護受給を黙認しているのでは、とする疑義をぶつけた。答弁に立った小宮山洋子厚生労働大臣(当時)は、「個別の事案については把握をしていない」とした上で、「生活保護は利用出来る資産や能力、その他を活用することが前提。例えば、保護費の受給を目的として意図的に資産・収入を減少させた上で支給を受けるのは認められない」「マンションの写真などを見れば、国民もこれはおかしいんじゃないか、と感じると思う」との見解を述べた。芸能人生活保護不正受給問題 フレッシュアイペディアより)

  • 石井紘基

    石井紘基から見た小宮山洋子小宮山洋子

    2002年10月25日に、世田谷区の自宅駐車場で右翼の男に刺殺された。石井の死に伴う補欠選挙で、選挙区の地盤は同党の小宮山洋子に引き継がれた。石井紘基 フレッシュアイペディアより)

  • 越智隆雄

    越智隆雄から見た小宮山洋子小宮山洋子

    父の引退を受けて、2003年11月9日の第43回衆議院議員総選挙で東京6区に自民党公認で出馬するが、民主党前職の小宮山洋子に大差で敗れ、落選。越智隆雄 フレッシュアイペディアより)

  • 森学

    森学から見た小宮山洋子小宮山洋子

    2004年、民主党衆議院議員の手塚仁雄、小宮山洋子の事務所が共同で企画した、2005年の東京都議会議員選挙(世田谷区選挙区)候補者及び2007年の世田谷区議会議員選挙候補者の合同公募ポスターを見て、応募。2006年4月には早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程に入学し、同年8月をもって外務省を退官する。既に世田谷区議会議員選挙への出馬を表明していた手塚仁雄の元秘書・橘秀樹の出馬辞退を受け、橘の地盤である世田谷区の奥沢・九品仏地域を引き継ぎ、2007年4月の区議選に民主党公認で出馬。「外交官でいるよりも、やるべき仕事がここにある」「世田谷の情報公開男」をキャッチフレーズに選挙運動を行い、7,554票を獲得しトップ当選を果たした。森学 フレッシュアイペディアより)

  • 五人組 (自由民主党 2000年)

    五人組 (自由民主党 2000年)から見た小宮山洋子小宮山洋子

    この件については後に次のような事実も指摘している。森が首相在任中に月刊文藝春秋の取材に応じた際「自民党内部から批判されたら受けて立ってもいいと思うんですね。しかし、野党から言われる筋ではない。」と述べ、同時期の民主党代表選挙(民進党代表選挙)で小宮山洋子と河村たかしが党内の空気から出馬を諦めた件や、日本共産党の人事がオープンではない旨を挙げている。これらの対談ではインタビュアーの高村正彦が竹下政権発足時の中曽根裁定などとの類似性に水を向けているが、森は「ああした裁定からすれば(自分が選ばれた経緯の方が)もっと明るい」「私は、べつに(総理の座を)口を開けて待っていたわけではない」「そんなに簡単に総裁を変えていいのかなという思いもある」「連立の問題もある。まだ自由党と袂を分かっていないときですから(中略)せっかく連立の話を進めてきた公明党、自由党の人たちの気持ちと違う人を総理に切り換えていいのか、決していいわけがない――そういう気持ちだったんです」といった理由も列挙した。その当時の裁定と比較してマスコミの批判が極端である旨も述べている。五人組 (自由民主党 2000年) フレッシュアイペディアより)

  • 9月17日

    9月17日から見た小宮山洋子小宮山洋子

    1948年 - 小宮山洋子、政治家、元NHKアナウンサー9月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井充

    桜井充から見た小宮山洋子小宮山洋子

    2012年(平成24年)4月4日の参議院予算委員会で当時の厚生労働省大臣小宮山洋子?に「身体障害者のことについて、これも医療の進歩によって、本当にこの方々が身体障害者の一級でいいんだろうかと。例えば、例を申し上げれば、ペースメーカーを植えてしまえばもう心臓止まりませんから、もうゴルフも平気でやられているわけですね。そうすると、本当に一級でいいんだろうかと」と発言した。これに対し厚生労働省大臣小宮山洋子は「見直しを進めたい?」と応じた。その後、平成26年4月1日に身体障害者手帳の障害認定基準の見直しされ、今まで一律に1級とされてきたペースメーカー装着者は1級、3級、4級になり、4級と5級であった人工関節置換は股関節・膝関節が4級、5級、7級、足関節は5級、6級、7級、非該当となった。桜井充 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た小宮山洋子小宮山洋子

    松浦大悟や枝野幸男、中村哲治、本多平直、山花郁夫、谷岡郁子や宮崎岳志など、表現規制に反対・慎重な態度をとる議員は存在する一方で、日本ユニセフ協会が単純所持禁止を訴える「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンの記者会見において出席した神本美恵子が「同党内でも議論するべき」と発言したり、他にも小宮山洋子や泉健太、アダルトゲーム等の規制に関する請願を提出した円より子や下田敦子など規制を積極的に推進する議員も存在する。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「小宮山洋子」のニューストピックワード