85件中 41 - 50件表示
  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た野田内閣

    衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(第14代)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、厚生労働副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党財務委員長、参議院議員(1期)を務めた。元東京大学総長の加藤一郎は実父。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た国会中継

    1972年、成城大学文芸学部国文科を卒業後、NHKにアナウンサーとして入局(同期に橋本大二郎)。主としてニュース、報道番組の司会などを担当し、NHKニュースワイドの初のメインキャスターを担当した。また、国会中継、国会討論会・政治座談会などの番組制作に携わる。1990年6月から1998年3月まで解説委員を務めた。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た東京都第6区

    2003年4月、参議院議員を辞職し、石井紘基死去に伴う衆議院補欠選挙に「石井の遺志を受け継ぐ」と述べ、東京6区から立候補し当選。同年11月の第43回衆議院議員総選挙でも小選挙区勝利で再選。直後の菅直人民主党代表を首班のネクストキャビネット法務大臣、2004年5月代表や首班が岡田克也となっても留任。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た衆議院

    2011年9月、野田内閣で第14代厚生労働大臣に就任。厚生労働省発足後、初の女性厚生労働大臣である(旧厚生省時代には、中山マサが厚相を務めている)。また、民主党政権の国務大臣では、初の女性衆議院議員である。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た成城大学

    1972年、成城大学文芸学部国文科を卒業後、NHKにアナウンサーとして入局(同期に橋本大二郎)。主としてニュース、報道番組の司会などを担当し、NHKニュースワイドの初のメインキャスターを担当した。また、国会中継、国会討論会・政治座談会などの番組制作に携わる。1990年6月から1998年3月まで解説委員を務めた。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た次の内閣

    民主党が政権交代以前に策定していた「次の内閣」では、党代表の遷移毎に「ネクスト文部科学大臣」や「ネクスト子ども・男女共同参画・人権・消費者担当大臣」、「ネクスト法務大臣」、「ネクスト環境大臣」のポストに名前が挙げられていたが、政権交代後の実際の鳩山由紀夫内閣では小宮山の入閣は実現しなかった。小宮山は組閣が確定した2009年9月16日の「小宮山洋子の日誌」の記事にて、「各グループに配慮したと言われていて、わりと年輩の議員が並び、女性が社民の福島さんと民主の千葉さんと2人の参議院議員だけで、ちょっと寂しい感じです」と述べた。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た衆議院議員

    衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(第14代)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、厚生労働副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党財務委員長、参議院議員(1期)を務めた。元東京大学総長の加藤一郎は実父。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た財務大臣

    と記者に対して答弁した。たばこ税の所管官庁は財務省であり、同じNHK出身の安住淳財務大臣は、小宮山の発言に不快感を示した。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見たネクストキャビネット

    2003年4月、参議院議員を辞職し、石井紘基死去に伴う衆議院補欠選挙に「石井の遺志を受け継ぐ」と述べ、東京6区から立候補し当選。同年11月の第43回衆議院議員総選挙でも小選挙区勝利で再選。直後の菅直人民主党代表を首班のネクストキャビネット法務大臣、2004年5月代表や首班が岡田克也となっても留任。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た第18回参議院議員通常選挙

    1998年3月にNHKを退職し、同年7月の第18回参議院議員通常選挙に民主党の比例代表候補として立候補し当選。1期務め、参議院環境委員長等を歴任した。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「小宮山洋子」のニューストピックワード