85件中 51 - 60件表示
  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た厚生省

    2011年9月、野田内閣で第14代厚生労働大臣に就任。厚生労働省発足後、初の女性厚生労働大臣である(旧厚生省時代には、中山マサが厚相を務めている)。また、民主党政権の国務大臣では、初の女性衆議院議員である。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年8月、第45回衆議院議員総選挙で、民主党公認・国民新党・NTT労働組合(アピール21)の推薦を受け、小選挙区で越智に雪辱、4回目の当選を果たす。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た禁煙

    嫌煙家として有名であり禁煙行政に力を注いでいる。超党派による禁煙推進議員連盟の事務局長を務めた。たばこ増税について、2010年9月のインタビューで「なるべく早く先進国並みの1箱600円まで値上げ」「1箱1000円くらいまでは値上げしてもいい」と語り、そのメリットとして健康促進、受動喫煙減少、医療費削減、未成年者の喫煙防止、寝たばこ火災抑制の5つを挙げている。税収の増加分に関しては「健康や福祉に還元していきたい」としている。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た在日本大韓民国民団

    在日外国人への参政権付与の推進者であり、大韓民国民団中央本部アンケートによると、日本で外国人参政権が実現しない理由については「日本人は日本国の国民とは日本人のことという意識が強いため」と主張している。2008年1月には、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟に参加した。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た2011年民主党代表選挙

    前原グループの幹部だが、前原誠司の2011年民主党代表選挙への出馬には慎重論を唱えた。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た日本国

    在日外国人への参政権付与の推進者であり、大韓民国民団中央本部アンケートによると、日本で外国人参政権が実現しない理由については「日本人は日本国の国民とは日本人のことという意識が強いため」と主張している。2008年1月には、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟に参加した。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た特命担当大臣

    2012年4月、野田内閣 (第1次改造)で特命担当大臣(少子化対策担当)を兼務。12月の第46回衆議院議員総選挙では、小選挙区で自民党の越智隆雄と四度目の対決となるが敗北、比例でも復活できず議席を失った。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た青少年問題に関する特別委員会

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では、自民党新人の越智隆雄に小選挙区で敗れたが、比例復活当選を果たした(比例東京ブロック)。その後、衆議院青少年特別委員会委員長、党東京都総支部連合会副会長・会長代行(政策担当)を務めた。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見たZAKZAK

    ZAKZAKによると、「プリペイドカードを買うと10円引き」という広告が出ていた議員会館内のコーヒー店でコーヒーを買った際にカードなしで10円引きにならないかと店員に求め、断られると「そうなの。ひどいのね。あなたにそんな権限はないのでしょうけど」と言ったという。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山洋子

    小宮山洋子から見た2003年日本の補欠選挙

    2003年4月、参議院議員を辞職し、石井紘基死去に伴う衆議院補欠選挙に「石井の遺志を受け継ぐ」と述べ、東京6区から立候補し当選。同年11月の第43回衆議院議員総選挙でも小選挙区勝利で再選。直後の菅直人民主党代表を首班のネクストキャビネット法務大臣、2004年5月代表や首班が岡田克也となっても留任。小宮山洋子 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「小宮山洋子」のニューストピックワード